スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熟女たちの秘密のパーティー(3)


 妙子は会場の女性たちに声を掛けた。
「では、そろそろ始めましょう。皆さん準備をお願いします」
 その声を聞くと、参加者たちは一斉に移動し始めた。
 戸惑うみどりに、和美が声を掛ける。
「あそこにクローゼットがあるのよ。バッグや上着はそこに入れておきましょう。それとスマホも禁止だからね」
 全員の準備が終わったのを見届けると、さっきまで受付をしていた女性が小部屋のドアを閉めた。

「ねえ和美。あのカーテンの向こうには何があるの?」
 みどりが指差したのはクローゼットとは反対側の、部屋の一番奥に掛けられた分厚いカーテンだった。 
「あれね・・・もうすぐわかるわ。楽しみにしててね」
 和美は思わせぶりに微笑んだ。

 受付の女性は、その後、窓のカーテンを完全に閉め切り、最後に入り口のドアを閉めるとカチャリと鍵をかけ、そっと手を上げて妙子に合図をした。

 妙子は、満足そうに微笑んだ。
「改めまして、皆さんパーティーへようこそ。では、パーティー始める前に約束事の確認をさせていただきます」
 参加者たちを見渡しながら、妙子はゆっくりと言った。
「これからこのパーティーで起こることはもちろん、パーティー存在自体を決して人に漏らしてはいけません。皆さん、地位も名誉もある方々ばかりですから、その理由はお分かりですね。」
 会場の女性たちは肯いた。

「では、さっそく始めましょう。みなさん、十分に楽しんでください!」
 妙子のあいさつが終わると同時に拍手が起こった。
 と同時に、ウィーンという音を立ててカーテンが開き始めた。なんとカーテンの向こうには、もうひとつ部屋があった。つまり部屋をふたつに間仕切っていたのだ。
 その部屋には、カウンターがあり、サンドイットやフルーツそして飲み物が準備されていた。
「いつものように、ご自由に食べてください。」
 妙子が言ったが、カウンターに集まる女性はまばらだった。

「ねえ、和美。何か取ってこようか?」みどりが尋ねると、それを和美が制した。
「みどり待って。これからがいいところなのよ」
「どういうこと?」
 みどりの疑問に答えるように、妙子の声が響いた。
「では、ウェイターの方々に登場してもらいます。何なりとお申し付けください」
 会場から一斉に拍手が起こった。

 すると、カウンターの奥からウェイターが登場すると、会場の拍手がさらに大きくなった。
 ウェイターと言っても、黒い制服を着ているわけでもお盆をもっているわけではなかった。なんと全員が全裸だった。

 みどりは唖然とし、和美の顔を見た。和美は嬉しそうにみどりに目配せをしながら、拍手をしている。

 登場したウェイターは全部で10人。年齢は20代から30代。鍛え上げられたマッチョもいれば、やせた者もいる。またぽっちゃりした者もいる。
 女性たちの多くは、恥ずかしそうにしながらも、しっかりと全裸の若者たちに熱い視線を送っていた。

「今日は特別にウェイトレスにも来てもらっています」
 妙子の声に続けて2人のウェイトレスがステージに登場した。
 もちろん彼女たちも全裸だった。
 ひとりは大きなおっぱいと大きなお尻をした女の子。もうひとりは小振りのおっぱいをした華奢な女の子だった。


第1話から読む
アダルトブログランキングへ



関連記事

コメント

非公開コメント

はじめに

本ブログには性的な描写が含まれています。

おすすめ1st

カテゴリ

おすすめ2nd

おすすめ3rd

プロフィール

NOVMN

Author:NOVMN
FC2ブログへようこそ!

当サイトへのリンクについて

当サイト「空想の泉」はリンクフリーです。 リンクURLはこのサイトのトップページ https://novmn.blog.fc2.com/ でお願いいたします。 メールフォームでご連絡いただければ、原則、相互リンクの設定をいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

関連キーワード

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。