スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隣の奥さんと汗まみれSEX(10)

「あん!・・・入ってる・・・太一くんのおちんちんが入ってるわ!」
早紀のオマンコの中にペニスがずっぽりと入っている様子が、太一からもよく見えた。
「あぁぁぁ・・・いいわ!」
頬を紅潮させた早紀は額から流れる汗を拭いながら、太一の顔を見るとうれしそうに微笑んだ。そして、ゆっくりと身体を上下に動かし始めた。
自分の身体の上にしゃがみ込んでいる熟女に笑顔を返しながら、太一は改めて肉感あふれる様子を眺める。
紅潮した汗まみれの童顔。そしてその童顔からは想像できないような豊満なおっぱいが、タプンタプンと揺れている。さらに、太いウェストに大きなヒップ。そして太もも。
太一は、揺れ動くその愛しき肉体の眺めを満喫していた。

「あぁぁ、気持ちいい・・・でも、疲れるわ」
早紀はしゃがみ込んでいた姿勢から、膝をつくと、太一の上に覆いかぶさってきた。
そして、ディープキスを求めてきた。ねっとりと互いの舌が絡み合う。
「んんんん・・・」
クチュ、チュウ・・・チュルル
「舌を出して・・・」
早紀に言われるまま、太一が舌を出すと、早紀も舌を尖らせた。
そして二人は見つめ合いながら、舌を近づけると、絡めた。

「うーん・・・」「ふふふ・・・」
舌を出した姿に、互いに笑いながらも、早紀は溢れる唾液を舌に辿らせ、太一の口の中に流し込んでいく。
彼女の甘い唾液が口の中に溢れていき、太一はごくりと飲んだ。
それをきっかけに、早紀は太一の口の中に舌をニュルリと入れた。そして口中を激しく愛撫する。
「んんんん・・・・」
声にならない声を上げながら、彼女の腰が再び動き出した。
挿入したまま互いの股間を密着させ。グリグリと擦り付けるようにする。
「んんん・・・はぁん・・・うーん・・・・あぁぁぁぁぁ・・・」

早紀は股間の快楽に集中するかのように目を閉じて、グリグリ、クネクネと腰を動かしていく。
「あぁぁん!・・・いい!・・・あぁぁぁん!・・・いくっ!!」
早紀は再び絶頂を迎えた。

第1話から読む

人気ブログランキングへ


関連記事

コメント

非公開コメント

はじめに

本ブログには性的な描写が含まれています。

おすすめ1st

カテゴリ

おすすめ2nd

おすすめ3rd

プロフィール

NOVMN

Author:NOVMN
FC2ブログへようこそ!

当サイトへのリンクについて

当サイト「空想の泉」はリンクフリーです。 リンクURLはこのサイトのトップページ https://novmn.blog.fc2.com/ でお願いいたします。 メールフォームでご連絡いただければ、原則、相互リンクの設定をいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

関連キーワード

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。