スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隣の奥さんと汗まみれSEX(9)

「はぁぁん!・・・あんっ!・・・そこ!・・・うぅぅん!」
早紀の喘ぎ声を聞きながら、太一はピンク色の柔襞を何度も舐め上げた。
「あぁぁぁ・・・気持ちいいわ!」
襞から溢れ出る愛液に太一の唾液が混じりテカテカに輝く襞を左右に大きく広げると、クリトリスが姿を現した。包皮からピンクの真珠が少し顔を出している。
丁寧に包皮を剥くと、太一は舌先でクルクルと刺激する。
「あっ!あっ!あっ!・・・」
可愛い声が、小さく断続的に発せられた。
さらに、舌先を細かく震わせながら、クリトリスを愛撫する。
「あっ!あっ!・・・いい!いい!・・・」
割れ目からは、再び愛液があふれてくる。
「あっ!・・・ダメ!ダメ!・・・イッちゃう!イッちゃう!・・・ダメェェェ!」
股間に顔を突っ込んだ太一の顔を、早紀の太腿がギュウッと挟むが、太一は愛撫をやめない。
「太一くんダメ!・・・イッちゃう!・・・はぁぁぁん!・・・イクッ!イクッ!イクーーー!!」
早紀は太腿をきつく締めたまま、腰をガクガクと震わせながら絶頂を迎えた。
太一は、汗と愛液にまみれた股間に顔を埋めたまま、早紀の太ももが開くのをじっと待っていた。

「気持ちよかったわ」
けだるい早紀の声が聞こえ、太腿がゆっくりと開いた。
太一は、早紀の股間から顔を外すと、彼女の横に添い寝をした。
「まあ!・・・太一くん、すっごい汗」
早紀は、太一の頬を流れる汗を優しく拭った。
「この汗って・・・半分は早紀さんの太ももの汗だよ・・・ほら」
「ふふふ・・・そうよね・・・」
「それに・・・汗以外にもいっぱい出てたよ・・・いやらしいお汁が」
「もう・・・恥ずかしいわ」
照れくさそうにそう言うと、早紀は太一の唇を求めた。
チュ、チュル・・・チュチュル

早紀は太一と舌を絡めながら、太一の身体をまさぐった。
背中、わき腹、腰、そして勃起しているペニスに到達すると、逆手で握ってゆっくりと愛撫をする。
「硬くなってるね」
早紀は、ペニスを扱きながら身体を起こし、仰向けになった太一をねっとりと眺める。
「太一くん・・・いいでしょ?・・・ガマンできないの」」
早紀は屹立したペニスの上にまたがり、自分の膣の位置を確認すると、一気に腰を下ろした。
「はぁぁぁぁん!!」
熟女の大きな喘ぎ声が響いた。

第1話から読む

FC2 Blog Ranking



関連記事

コメント

非公開コメント

はじめに

本ブログには性的な描写が含まれています。

おすすめ1st

カテゴリ

おすすめ2nd

おすすめ3rd

プロフィール

NOVMN

Author:NOVMN
FC2ブログへようこそ!

当サイトへのリンクについて

当サイト「空想の泉」はリンクフリーです。 リンクURLはこのサイトのトップページ https://novmn.blog.fc2.com/ でお願いいたします。 メールフォームでご連絡いただければ、原則、相互リンクの設定をいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

関連キーワード

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。