スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サキュバスの仕業 ~階段~(1)

なぜか僕は階段の踊り場に立っていた。

薄汚れた白い壁。装飾性の全くない手すり。
どこかのオフィスビルのようだ。

白いブラウスにグレーのスカートを身に着けた一人の女性がゆっくりと階段を上ってきて、僕の前で立ち止まった。
そして、優しく微笑むと、履いているグレーのスカートを裾からまくり上げた。
むっちりとした太ももが露わになり、次いで黒々とした陰毛が見えた。

彼女はパンティーを履いていなかった。

彼女がねっとりとした視線を送ってくる。
(触ってみて・・・)

命ぜられるまま、陰毛が茂る股間に手を伸ばすと、脚を少し開いて僕の手を招き入れてくれた。
彼女の割れ目に手を当てがい、襞の間に指を這わす。
秘部は、すでにねっとりと濡れていた。

(お願い、いじって・・・)
彼女の視線が訴える。

割れ目にあふれている愛液を指にまぶしながら、クリトリスをいじる。
(はぁん!・・・)

彼女の手が僕の股間を弄る。
(これが欲しいの・・・あなたもしたいでしょ?)

彼女はスルスルと服を脱いだ。
パンティもブラジャーも着けていないので、あっという間に全裸になった。
僕の視線は、大きなおっぱいにくぎ付けになった。

(さあ、あなたも脱いで・・・)
僕も全裸になる。
彼女の視線は、硬く勃起したペニスに注がれた。

第1話から読む

人気ブログランキングへ



関連記事

コメント

非公開コメント

はじめに

本ブログには性的な描写が含まれています。

おすすめ1st

カテゴリ

おすすめ2nd

おすすめ3rd

プロフィール

NOVMN

Author:NOVMN
FC2ブログへようこそ!

当サイトへのリンクについて

当サイト「空想の泉」はリンクフリーです。 リンクURLはこのサイトのトップページ https://novmn.blog.fc2.com/ でお願いいたします。 メールフォームでご連絡いただければ、原則、相互リンクの設定をいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

関連キーワード

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。