スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美咲先生のオナニー鑑賞(3)

「真治くんがシコシコするところ、先生には見せてくれたよね。・・・もう一回見せてくれるかな」
桃花が真治に優しく話しかけた。
「・・・えぇ・・・いや・・・」
なおも恥ずかしがる真治の耳元で美咲が囁いた。
「ほら。真治君のおちんちんビンビンになってるよ。・・・いつもどんな風にオナニーしてるか、先生にも見せてちょうだい」

「まずはおちんちんを握るのよね・・・右手?それとも左手?」
「・・・えぇっと・・・右手です。」
美咲は真治の右手を取ると、ペニスを握らせた。そして手を重ねながら、ゆっくりと上下に動かした。
「ほら、こうやってシコシコするのね」
みるみるうちに、ペニスは大きく反り返る。

「気持ちよくなってきた?・・・先生が見てるから、いつものようにオナニーしてね」
美咲はそっと手を離した。
そして、全裸でベッドに横たわる真治の姿を改めて見た。
女教師二人に見つめられながらオナニーをする高校生。
紅潮した白い頬。
薄い胸板、平らなお腹。小さく窪んだおへそ。
その10数センチ下から、薄いながらモシャモシャと陰毛が生えている。
そして、陰毛の中から小ぶりながらギンギンに勃起した包茎ペニスが屹立している。
真治は、皮に包まれた亀頭に親指、人差指、中指の3本を添えて、慣れた手つきで上下にしごいている。
(やっぱり亀頭が気持ちいいのね・・・)

包皮が引き下げられると、亀頭が少しだけ顔をのぞかせる。
(まだまだ子供のおちんちんね。可愛いチンポ・・・)
しかし包皮を根元まで引き下ろすと真っ赤な亀頭がズル剥けになる。
(まあ、きれいな亀頭!・・・あぁぁ・・・舐めちゃいたい!)

顔を上げ、改めて真治の顔を見ると、真治の視線は桃花の顔を捉えている。
(普段はいやらしい動画をみてるのよね・・・でも今日は桃花を見ながらオナニーか・・・)
そう思いながら桃花を見ると、屹立するペニスを見つめながら舌なめずりをしていた。
(加藤先生ったら・・・いやらしい!)

「加藤先生・・・ずいぶん熱心にご覧になってるんですね」
桃花はハッとして顔を上げた。
「え、えぇ・・・うちの生徒の悩みですからね。熱心になるのは当然です」
慌てながらも、どうにか教師としての体面を保つ回答を返してきた。
「そうよね。・・・でもそんなに間近で見つめなくても・・・ほら、おちんちんの先から、透明なカウパ氏腺液がたっぷりと出てきましたよ・・・加藤先生に見つめられて、興奮したんじゃない?ねえ、真治くん」
「うん・・・ちょっと、恥ずかしいけど・・・透明な液はいつもいっぱい出るんだ」
尿道口から溢れる液体を、指先で亀頭に塗り付けながら言った。
「じゃあ、加藤先生にいっぱい見てもらうと、もっと出るかもね」
「そうなの?・・・真治君のためなら、いいわよ・・・先生がいっぱい見てあげる」
桃花は吐息がかかるほどペニスに顔を近づけた。
「高島先生も、もっと近くでみてもらっていいかしら・・・うちの生徒のためにお願いします。」
「いいわよ。生徒のためだもんね」
二人の女教師は妖しく微笑みながら、生徒のペニスを食い入るように見つめていた。

第1話から読む

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


関連記事

コメント

非公開コメント

はじめに

本ブログには性的な描写が含まれています。

おすすめ1st

カテゴリ

おすすめ2nd

おすすめ3rd

プロフィール

NOVMN

Author:NOVMN
FC2ブログへようこそ!

当サイトへのリンクについて

当サイト「空想の泉」はリンクフリーです。 リンクURLはこのサイトのトップページ https://novmn.blog.fc2.com/ でお願いいたします。 メールフォームでご連絡いただければ、原則、相互リンクの設定をいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

関連キーワード

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。