スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田舎暮らし ~おっぱい見放題~

定年を迎え、以前から憧れだった田舎暮らしを始め、2か月が経った。
都会で生まれ育った私にとって、大自然に囲まれた生活はとても素晴らしいものだ。
最初は反対していた妻も、今では私以上に田舎暮らしに溶け込んでいるように思える。
しかし、田舎独特の習慣や暮らしぶりには、驚かされることも多い。

私がここに引っ越してきた初日のこと。
都会から引っ越してくることは珍しいようで、家財道具を積んだ私たちのトラックが到着すると、大勢の村人が手伝いに来てくれた。ちなみに村人といっても、老人ばかりではない。ここは農業、特に果樹園栽培が盛んなので、結婚してこの土地に残って農業を続ける若者も多い。
そのため子供から老人まで勢ぞろいで、我が家の引っ越しを手伝ってくれた。

夕方になり荷物の片付けもほぼ終わった頃、リーダ格の男性が声を掛けてくれた。
「だいたい片付きましたし、今日はこれくらいにしませんか」
「そうですね」
「じゃあ、一息つきましょう」
庭を見ると、女性の人たちがお茶やジュース、お菓子を用意してくれていた。
「さあ、どうぞ。疲れたでしょう」
「私たちが準備しなくちゃいけないのに・・・本当にすみません」
「いやあ、いいんですよ・・・村に引っ越しがあるときは、手伝うのが当たりまえですから。さあ、どうぞ」
「本当にありがとうございます」
「さあ、みなさんもどうぞ」
一階の窓を開け放ち、縁側や庭にめいめいに座り、冷たいジュースでのどを潤した。私たち夫婦は自己紹介をし、そして田舎暮らしを始めるきっかけなんかを話した。
村の人たちも、いろいろと今後の生活について教えてくださった。

そんな時のこと。
若い母親が抱いていた赤ちゃんが大声で泣きだした。
「そろそろ、おなかがすいたかな?」
母親はそう言いながら着ていたキャミソールをたくし上げた。

(おぅ!)私は心の中で歓声を上げた。
キャミソールの下から、大きなおっぱいが現れた。
タプンとした乳房。
大きめの乳輪。
尖った乳首。
久しぶりの若い女性のおっぱいに、私の視線はくぎ付けとなった。

「はい、おっぱいですよ」
赤ちゃんはすぐさま乳首に吸い付き、チュウチュウとおっぱいを飲み始めた。

思えば私が子供のころは、母親がおっぱいをだして授乳する姿は、よく見かけたものだが、最近は全く見かけない。
しかしこの村ではそんな習慣がまだ残っているのだ。
(素晴らしい!)
私は、この村に引っ越してきたことを喜んだ。

トントン。
誰かが私の膝を叩いた。
見ると妻だった。
「あまりジロジロ見ないの」
小声で私に忠告してきた。

あたりを見ると、誰も授乳姿を気にしている様子はない。
その母親自身も、おっぱいを晒したまま、隣のおじさんと話をしている。
「この子ったら、びっくりするぐらいおっぱい飲むんですよ」
「そりゃ、いい事だ。いっぱいおっぱい飲んで大きくなれよ」
おじさんは赤ちゃんのほっぺたを指で突いた。
「まあ、可愛い!」「ハハハハ・・・」
母親が身体をゆすって笑った。
それにつれ、柔らかいおっぱいも左右に揺れた。

(うらやましい!)
私は、思った。
そのおじさんは、至近距離で若い女性の乳房を堂々と見ている。
タプタプと揺れる乳房を。

私は、股間に力が漲ってくるのを感じた。
ペニスに血液が流れ込み、すこしずつ大きくなっていく。
ああ、この村に引っ越してきて、本当によかった。

人気ブログランキングへ


関連記事

コメント

非公開コメント

はじめに

本ブログには性的な描写が含まれています。

おすすめ1st

カテゴリ

おすすめ2nd

おすすめ3rd

プロフィール

NOVMN

Author:NOVMN
FC2ブログへようこそ!

当サイトへのリンクについて

当サイト「空想の泉」はリンクフリーです。 リンクURLはこのサイトのトップページ https://novmn.blog.fc2.com/ でお願いいたします。 メールフォームでご連絡いただければ、原則、相互リンクの設定をいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

関連キーワード

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。