スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葵と亜香音(3)

「葵のおっぱいって大きいね」亜香音は葵に話しかける。
「そう?」照れくさそうに葵が答える。
亜香音の手は、ソファに横たわる葵の胸を服の上からまさぐった。
「ふぅぅぅん」葵が吐息を漏らす。
「大きなおっぱい、私に見せてね」
葵のブラウスのボタンをはずし、ブラジャーを露わにすると、カップから溢れそうになる大きな乳房をひとしきり揉んだ後、ブラを外した。
「ほーら、こんなに大きいわ」
大きく膨らんだ乳房を、ゆっくりと揉みしだいた。
「んんんん・・・・」
葵が小さくうめく。
「気持ちいいの?」
亜香音の問いに、葵は小さく肯きながら、乳房への愛撫に身を委ねる。

そのいやらしい手は、葵の乳房の上でゆっくりと這い回る。
「ピンク色のきれいな乳首・・・きれいだわ」
そう言うと、亜香音は舌を出して、葵の顔を見た。
「舐めて欲しい?」
「は、はい・・・」
亜香音の舌が、硬くなったピンク色の乳首を弾くように舐めた。
「はぁぁん!」葵は思わず声を上げる。
亜香音の舌は、チロチロと細かく動きながら、乳首を舐める。
そしてチューと吸い付いた。
「あぁぁぁ・・・」
再び葵が大きな声を上げる。

舌、指先、手のひらを使ってのおっぱいへの愛撫に、葵は酔いしれていた。
葵が身もだえる様子を見て、亜香音は嬉しそうに乳房への愛撫を続ける。
「あぁぁ!・・・いい!・・・気持ちいい!」
乳房への執拗な愛撫により、葵は軽いエクスタシーを迎えた。

「ねえ、私もお願い・・・」
放心状態の葵の横で、亜香音は自ら服を脱いだ。
葵ほど大きくはないが、亜香音も美乳の持ち主であった。

亜香音は乳房を、葵の口に持ってゆく。
「舐めて・・・」
亜香音のあずき色の乳首はすでに硬く尖っている。
葵にとっては、初めての女性への愛撫である。
葵は、乳首を口に含むと、自分がされたように舌先でチロチロと舐めた。
「気持ちいいわ・・・」
亜香音が甘い声を上げる。
乳首から乳輪へと舌を移動させながら、もう一方の手で乳房を揉みしだく。
「うーん・・・いい!・・・」
葵は一生懸命、亜香音の乳房を舐めまわした。

「葵、上手よ・・・すごく気持ちいい」
亜香音は、葵を抱きしめた。
そして再び二人は唇を重ね、舌を絡ませる。
「ふぅぅん」

そして、亜香音の舌が葵の唇からニュルッと侵入する。
クチュ。チュ、チュ。
今度は、葵の舌が亜香音の口中を這い回る。
「はぁぁぁ・・・」
舌を尖らせ、互いの唾液を交換する。

第1話から読む
FC2 Blog Ranking


関連記事

コメント

非公開コメント

はじめに

本ブログには性的な描写が含まれています。

おすすめ1st

カテゴリ

おすすめ2nd

おすすめ3rd

プロフィール

NOVMN

Author:NOVMN
FC2ブログへようこそ!

当サイトへのリンクについて

当サイト「空想の泉」はリンクフリーです。 リンクURLはこのサイトのトップページ https://novmn.blog.fc2.com/ でお願いいたします。 メールフォームでご連絡いただければ、原則、相互リンクの設定をいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

関連キーワード

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。