スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

罰ゲーム(8)

陽子、加奈、悦子の3人が見守る中、明美は健太のペニスを扱き続ける。
「すごい!おちんちんビンビンだよ!」
「明美、上手だね」
「キンタマも触ってあげたら?」

明美はペニスを扱くのをやめ、その手で金玉を包み込むようにした。
「どう?金玉の感触は?」
「うーん・・・」
「優しく触ってごらん・・・強く握ると痛いらしいからね」

袋の中の玉を、優しく揉みほぐすように指を動かすと、睾丸がゴロゴロと動くのがわかった。
明美は健太の顔を見上げた。
「健太・・・痛くない?」
「う、うん・・・気持ちいいよ」健太は明美を見ろして言った。
「確かに、この中にタマが二つあるよ」
「そこで精子が作られるんだよね・・・いっぱい溜まってそう」悦子が嬉しそうに言った。

「じゃあ、またシコシコして、もっと気持ちしてあげよう」陽子が言った。
「うん」明美は再びペニスを握ると、リズミカルに扱き始めた。
「ふぅぅぅ・・・」健太が吐息を漏らす。
「気持ちいいのね・・・」明美は嬉しそうに呟いた。
健太は目を閉じ、明美の愛撫に酔いしれているようだ。
明美はもう一方の手を使って、金玉を揉みほぐし始めた。
「両方だと、もっと気持ちいいかな」
「んんんんんん・・・」
「ここが、小さくなってきたよ」金玉袋が収縮してきたのを、明美が伝えた。

「それは、もうすぐ射精する合図だよ」陽子が教えた。
「えっ!・・・ヤダ!・・・どうしよう?」明美は少し狼狽した。
「大丈夫。もっとシコシコしてあげて」
「健太・・・イキそうになったら、教えてね」悦子が助言した。
「うん・・・実は・・・もうイキそうだ・・・」切羽詰まった声で健太が言った。
「そうなの?・・・・いいよ・・・イッていいよ」
「明美・・・よく見ときなよ・・・おちんちんの先から精子がでるところ」
「うん、わかった・・・健太、イッて!・・・お願い!」
明美はそう言うと、扱くスピードを上げた。

第1話から読む

アダルトブログランキングへ



関連記事

コメント

非公開コメント

はじめに

本ブログには性的な描写が含まれています。

おすすめ1st

カテゴリ

おすすめ2nd

おすすめ3rd

プロフィール

NOVMN

Author:NOVMN
FC2ブログへようこそ!

当サイトへのリンクについて

当サイト「空想の泉」はリンクフリーです。 リンクURLはこのサイトのトップページ https://novmn.blog.fc2.com/ でお願いいたします。 メールフォームでご連絡いただければ、原則、相互リンクの設定をいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

関連キーワード

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。