スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10年ぶりに会った先生との体験談(2)

僕は脱衣場に行き、ずぶ濡れの服を脱いだ。そして、言われた通り洗濯籠に入れようとふと見ると、籠の中には白いブラウスが入ってた。
(先生のブラウスだ!)
さっき見えた先生のおっぱいが僕の脳裏をよぎる。
(きっとブラジャーも脱いでるはずだ・・・)
雨のせいで濡れているブラウスをそっとめくると、やはりその下にはピンクのブラジャーがあった。
(でかいな・・・何カップだろう)
先生の大きな乳房を想像させる様な、こんもりとした大きなカップ。そしてカップに綺麗ないなレース模様が施されている。
(もしかして・・・)
想像した通り、ブラジャーの下には小さく畳んだピンク色のパンティが見つかった。
(おお・・・!)
パンティをそっと取り出し広げてみる。腰の部分にはブラと同じレース模様。
(青山先生、こんなパンティつけてるんだ!)
雨のせいなのか、先生の汗なのか、少し湿っているクロッチ部分に顔を当て、大きく息を吸うと、何とも言えないいい香りで鼻腔が満たされる。
僕のペニスはすっかり勃起していた。

(そろそろシャワー浴びないと怪しまれるかも?)
僕はパンティを畳むと籠の中に戻し、その上にブラジャーとブラウスを元通りに置いた。
そして浴室に入り、シャワーを浴び始めた。
しかしさっき見た先生の下着が頭にちらつき、勃起が収まらない。僕は置いてあったボディーシャンプーを手にとり泡立てると、硬くなったペニスをしごき始めた。

10年前は、妄想の世界の中で先生のおっぱいを想像してオナニーをしていたが、今は、現実に先生のブラジャー、パンティを目にして、ペニスはカチカチに勃起していた。
さっき見えた先生に谷間を思い出し、パイズリされているところを妄想する。
(柴田君のおちんちん、おっぱいで挟んであげる)
(ああ・・・先生のおっぱい柔らかいよ・・・すっごく気持ちいい・・・)
(柴田君のおちんちん、硬くて、とっても熱い!・・・ほら、もっと気持ちよくなって!)
射精感がこみ上げてくる
(先生、もうイキそうだよ・・・ガマンできないよ・・・イクよ!・・・イクッ!)

その時、浴室のドアが突然開いた。
「ねえ、柴田くんの服だけど・・・」
先生が顔を覗かせた。

勃起したペニスを握りしごいている僕の姿を見て、先生は驚き、動作が止まった。
「あら!・・・ごめんなさい!・・・ノックしたんだけど・・・」
先生はそう言って扉を閉めようとしたが、遅かった。

ドピュー!ドピュー!
僕のペニスから大量の精子がほとばしった。

気まずい沈黙がバスルームに広がる。

「まずいところ見ちゃったね・・・」
まだ硬くなったままのペニスを先生は見つめながら言った。

僕はどうしていいのかわからなくなった。
しかし、あいかわらず勃起は収まらない。

「柴田君もすっかり大人になったのね・・・」
先生は浴室の中に入ってくると、まじまじとペニスを眺めた。
「きれいにしなくちゃね」
シャワーヘッドを手に取るとお湯を出し、泡まみれの勃起ペニスにシャワーを掛ける。
「熱くない?」
「・・・はい・・・」
僕は立ち尽くしたまま返事をした。
先生にシャワーを掛けられ、泡はすっかり流されたが、相変わらずペニスが萎むことはなかった。
「柴田君のここって・・・元気なのね」
青山先生は小さく笑いながら言った。
「だって、先生が選択籠の中に・・・」
「あら!先生の下着を見たのかしら?」
「・・・ええ・・・」
僕は口ごもった。たしかブラウスをめくらなければブラやパンティは見えなかったのだ。
「かごの中のブラウスをめくって、ブラジャーやパンティを見たのね」
「・・・う、うん・・・」
「それで、オナニーしてたの?・・・」
「・・・は、はい・・・」
「いけない子ね・・・・でも先生うれしいわ・・・もうすっかりおばさんになっちゃったから・・・」
「おばさんだなんて・・・先生はすごく魅力的です」
「まあ、うれしい・・・ところで柴田君のおちんちん、さっきから大きくなったままね・・・」
「すみません・・・でも、それは・・・」
「いいのよ。柴田君も大人になったってこと・・・さあ、こっちにいらっしゃい」
先生は僕の手を握ると、寝室へと向かった。

(第1話はこちら)


人気ブログランキングへ



関連記事

コメント

非公開コメント

はじめに

本ブログには性的な描写が含まれています。

おすすめ1st

カテゴリ

おすすめ2nd

おすすめ3rd

プロフィール

NOVMN

Author:NOVMN
FC2ブログへようこそ!

当サイトへのリンクについて

当サイト「空想の泉」はリンクフリーです。 リンクURLはこのサイトのトップページ https://novmn.blog.fc2.com/ でお願いいたします。 メールフォームでご連絡いただければ、原則、相互リンクの設定をいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

関連キーワード

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。