スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10年ぶりに会った先生との体験談(1)

会社からの帰り道での事。
急に雨が降ってきたので、駅前は大勢の人でごった返していた。

「雨が降るなんて、今朝の天気予報では言ってなかったよな」
僕は傘を持っていなかったので、だんだん強くなる雨を見て、今のうちに走って帰ることにした。
しかし雨脚が急に強くなったので、近くにあったマンションのエントランスに走り込んだ。

そんな時、僕と同じように傘を差さずに、走り込んできた女性がいた。
30代くらいだろうか。綺麗な人だ。
(どっかで見た人だな・・・)

そう思っていると、僕の顔を見て、相手も怪訝な顔を一瞬した。そして何か思いついた顔をして声を掛けてきた。
「あら、柴田くん?・・・柴田勇人くんだよね?・・・久しぶり!」
見ると、声を掛けてきたのは中学校の担任だった青山仁美先生だった。
「えっ、青山先生?・・・お久しぶりです・・・」

僕が知っている青山先生は背中まで伸びたサラサラのロングヘアがトレードマークだったが、今の髪形はショートボブだった。
「髪型、変えたんですね。全然気づきませんでした」
「そうなのよ・・・でも柴田くんは変わってないね。一目見てすぐわかったわ」
「そうですか?もう卒業してから10年も経つんですよ」
僕は少しムッとした口調で言った。
「ゴメンゴメン・・・10年も経つのよね・・・・勇人くんもすっかり大人になったわ・・・見違えちゃった・・ところで、ここで何してるの?」
「急に雨が降ってきたでしょう。傘持ってないんでちょっと雨宿りです」
「そうよね、雨が降るなんて言ってなかったもの。私も傘持ってなかったから、ずぶ濡れになっちゃった」
先生の白いブラウスが肌にくっつき、ブラジャーのレース模様がくっきりと見えた。
「もうすぐしたら止むと思うんで、僕はしばらくここで雨宿りしてます」
「実はね・・・うちの家、ここなのよ。よかったら家にいらっしゃい。傘貸してあげるわよ」
「そうですか・・・じゃあお言葉に甘えて・・・」

二人、エレベータに乗って、先生の部屋に向かう。
(青山先生って、確か結婚してたよな・・・それに、こんな近所に住んでたっけなあ)


「さあ、どうぞ」
先生は、部屋のカギを開けた。
「さあ、上がって」
「いや、ここでいいです。傘を貸していただければ・・・」
「柴田くんって、相変わらず真面目なのね・・・そんなに濡れてちゃ、風邪ひくわよ。傘は後で貸してあげるから、とりあえず上って」
青山先生に強く言われ、僕はリビングルームに上がらせてもらった。
「本当にずぶ濡れね。・・・はい、バスタオル」
「ありがとうございます・・・先生もずいぶん濡れちゃいましたね」
雨に濡れた白いブラウスが、肩から胸にかけて肌にぴったりと張り付いてる。大きく膨らんだ胸元にはピンクのブラジャーのレース模様が透けて見えている。
先生は自分の姿に気が付くと、急にそわそわし始めた。
「えーっと・・・先生も濡れちゃったから、先に着替えさせてね・・・えーっと・・・、今、私ひとり暮らしなのよ。遠慮しないでね」
そう言うと、先生はそそくさとバスルームに行った。
「はい・・・ありがとうございます」

しばらくして、着替えを終えた先生が、キャミソールと短パン姿で現れた。確か30代後半だが、肌はつやつやして若々しい。それに胸とお尻は大きく、魅力的だ。歩くたびにユラユラと揺れるおっぱいが、たまらない。

「じゃあ、柴田君も着替えたら?・・・濡れたままじゃ、風邪ひくわよ。何か着替えを用意しとくからシャワーを浴びてきて」
先生は籠の中の新しいバスタオルを取るために前かがみになった。
胸元からは、円錐状に垂れ下がったたわわな乳房が見えた。
(大きなおっぱいだ!)
僕のペニスは少し硬くなった。
「はい、バスタオル」
「う、うん・・・ありがとう」
「濡れた服は、洗濯籠の中にいれておいてね」
青山先生は、笑顔で言った。

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


関連記事

コメント

非公開コメント

はじめに

本ブログには性的な描写が含まれています。

おすすめ1st

カテゴリ

おすすめ2nd

おすすめ3rd

プロフィール

NOVMN

Author:NOVMN
FC2ブログへようこそ!

当サイトへのリンクについて

当サイト「空想の泉」はリンクフリーです。 リンクURLはこのサイトのトップページ https://novmn.blog.fc2.com/ でお願いいたします。 メールフォームでご連絡いただければ、原則、相互リンクの設定をいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

関連キーワード

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。