スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家のSEX ~クリスマスイブの夜に~(2)

(こんなにフェラチオするのは久しぶりだわ)
彼のおちんちんを咥えていると、自分の口とオマンコが一体化する気分になる。
おちんちんの先っぽに唇をあてがい、ゆっくりと口に含んでいく。
大きくなった亀頭に沿って、私の唇は押し広げられる。
(オマンコに挿入される時も、私のいやらしい襞が、こんな風におちんちんに押し広げられていくのね)
そんなことを思ってると、オマンコがジトッと湿ってくる。

次いで、亀頭が膨らんでいる形に沿って唇を滑らせ、亀頭全体を口に入れる。
そして、口中にあふれる唾液を亀頭にまぶすと、唇を細めながらカリ首のくびれ部分を刺激する。
パンパンに膨らんだ亀頭と大きく張り出したカリ首。
本当にいやらしい形をしていると私は思う。
(あぁぁ・・・このおちんちんが私のオマンコに入ったり出たり、入ったり出たり・・・)
想像しながら、おちんちんを口の中に入れたり出したり、入れたり出したりする。
私の口から唾液があふれるように、オマンコから愛液があふれてくるのがわかった。


それを察したのか、彼が身体を起こした。
「今度は僕が攻める番だよ」
私はパジャマとパンティを脱がされ、全裸になった。
そして私の割れ目に手を伸ばした彼が言った。
「麻美、もうぐしょぐしょだよ」
ベッドの上に座る私の背後から、彼は私を抱きしめ、そして私の両脚に手をかけた。
「ほら、見せてごらん」
そう言うと、ぐいっを両足を大きく開いた。
「きゃあ!やめて!」
恥ずかしさのあまり脚を閉じようとしたが、彼の指が割れ目を触るほうが早かった
「やっぱり・・・すごく濡れてるよ」
濡れた割れ目の襞の間を彼の指が弄る。
「はぁぁん・・・」
思わず声が出てしまう。
彼は、愛液をクリトリスにまぶしながら、小刻みに指を震わせる。
「あん、あん、あん・・・・」

彼は右手でオマンコを愛撫しながら、左手はおっぱいを揉み始めた。
フェラチオをしながら興奮していたので、私の乳首はすっかり硬くなっている。彼は指先で摘まんだり、弾いたりして、乳首を愛撫してくれた。とても気持ちいい。

私はだらしなく足を広げたまま、彼に身を預ける。
背後から回された彼の手が、私の乳首を摘まむたびに、電流が流れるような刺激が身体を走る。
「はぁん!・・・あんっ!・・・感じちゃう!・・・」

そしてもう一方の手は股間を弄り、クリトリスを刺激し続ける。
その刺激で、オマンコから腰にかけてムズムズとした感覚が、高まっていく。
「あぁぁん!・・・あぁぁん!・・・いい!・・・いい!・・・」
一気に絶頂の波が押し寄せてきた。
「あぁぁ!・・・イク!・・・イク!・・・イクーッ!」
私の頭は一瞬真っ白になる。
「はぁ、はぁ、はぁ・・・」

彼がぎゅっと抱きしめてくれた。
「麻美、好きだよ」
大きく開いた足を閉じながら、そっと割れ目を触ると、信じられないくらいに濡れていた。
「すごく感じちゃった・・・恥ずかしいくらい・・・」

第1話から読む
人気ブログランキングへ



関連記事

コメント

非公開コメント

はじめに

本ブログには性的な描写が含まれています。

おすすめ1st

カテゴリ

おすすめ2nd

おすすめ3rd

プロフィール

NOVMN

Author:NOVMN
FC2ブログへようこそ!

当サイトへのリンクについて

当サイト「空想の泉」はリンクフリーです。 リンクURLはこのサイトのトップページ https://novmn.blog.fc2.com/ でお願いいたします。 メールフォームでご連絡いただければ、原則、相互リンクの設定をいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

関連キーワード

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。