スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オナニー三昧 ~跨線橋の上で~(3)

その時、線路の向こう側からおばさんが階段を上ってくるのが見えた。
(ほら、おばさんが来たわよ。今度はしっかり見てもらいましょうね)
先生が言う。
(そうよ・・あなたのオナニー姿見てもらいましょう)
彼女もそう言いながら、僕のチンポを高速でしごき上げる。
(ダメ!そんなに早くしちゃ・・・イッちゃうよ!)
(いいのよ、見てもらいたいんでしょ?このカチカチのおちんちんを見てもらいたいんでしょ?)
(私にも、あなたがイクところを見せてね。ザーメンいっぱい飛ばしてね)
僕は二人に扱かれながら、完全に妄想の世界に入り込んでしまった。
(あぁぁぁ・・・気持ちいい!・・・イッちゃうよ!)
(いいのよ、イッていいのよ!)
(私にも、先生にも、そしてあのおばさんにも、あなたがイク瞬間を見せてあげましょう)

おばさんは、コツコツと足音を立てながら近づいてくる。
(ほら!おばさんが来たわよ)
(あなたのオナニー姿見られちゃうよ)
二人の嘲るような声が、僕の頭の中を駆け巡った。
(あぁぁぁ・・・もうダメ!)
(いいのよ!・・・いっぱい出して!)
(あなたのイクところ見せて!!)
彼女のシコシコと扱くスピードが最高潮に達した。

(イクっ!・・・イクッ!!!)
ドピュー!ドピュー!
1メートル程、精液がほとばしった。
(凄い!・・・もっと出して!)
彼女はチンポを扱き続け、僕はザーメンを発射し続けた。
ピュー!ピュー!
(まだ出るでしょ?)
彼女はいつまでも扱いていたが、とうとうザーメンは出なくなった。
(もう、出ないかな?)
彼女が歯磨き粉を絞り出すように、チンポの根元からゆっくりと扱き上げると、尿道口から白いザーメンが少しだけ出てきた。
(先生、これで最後みたいね)
彼女が嬉しそうに言った。
(いっぱい出たね)

僕はチンポから手を離し、我に返った。
すると、さっきのおばさんが横に立っていた。
「ずいぶん気持ち良さそうね」
「・・・」
「いつもこんなところでオナニーしてるの?」
「・・・」
「誰かに見られるのが好きなのかな?」
「・・・」
「でも、こんなところでオナニーしちゃだめよ。するなら、自分の部屋でしなさいね」

おばさんは僕を咎めることなく、横を通り過ぎ、階段を下りていった。
そして数段階段を下りたところで、振り返った。
「おばさん、毎日この時間にここを渡るの・・・だから・・・」
おばさんの目が妖しく輝いた。
「だから?」
「どうしてもしたくなったら・・・ね?」
「えっ!」
おばさんは微笑みながら言った。
「さあ、早く帰りなさい・・・そして自分の部屋でおもいっきりオナニーしなさいね」
そして、スタスタと階段を下りていった。

僕は家に帰ると、おばさんに言われた通り自分の部屋でオナニーをした。
妄想の世界の中で、おばさんと先生と女の子の3人に扱かれながら。

第1話から読む
FC2 Blog Ranking


関連記事

コメント

非公開コメント

はじめに

本ブログには性的な描写が含まれています。

おすすめ1st

カテゴリ

おすすめ2nd

おすすめ3rd

プロフィール

NOVMN

Author:NOVMN
FC2ブログへようこそ!

当サイトへのリンクについて

当サイト「空想の泉」はリンクフリーです。 リンクURLはこのサイトのトップページ https://novmn.blog.fc2.com/ でお願いいたします。 メールフォームでご連絡いただければ、原則、相互リンクの設定をいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

関連キーワード

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。