スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セクシャルサポーター ~富田亜沙美の場合~ (8)

「じゃあ、そろそろ入れてみようか」
亜沙美は純平から下りると、改めて純平をベッドの真ん中に寝かせた。
そして緊張した顔を見ながら、わざとゆっくりと言ってみる。
「純平くんのおちんちんを・・・私のオマンコの中に・・・いれてみようか」
「うん」純平がひと際大きく頷いた。

亜沙美は用意していたコンドームを取り出した。
「SEXをするときはコンドームを使うのよ。未婚のカップルにおいては避妊することはとても重要だよ。それに病気も防げるしね。・・・じゃあ、コンドームのつけるところを見ててね」
仰向けの純平の股間で大きく勃起しているペニスに、クルクルとコンドームをかぶせた。
「わかった?・・・・こんな風に、ちゃんと根元までかぶせてね」

「じゃあ・・・始めようか」
亜沙美は純平にまたがりペニスに手を添えると、ゆっくりと自ら膣に挿入した。
「・・・あん・・・入ったよ・・・」
「ふーう」純平が深い息をつく。
割れ目を押し開けながら、亀頭が挿入していく際の刺激に耐えているのだ。
手や口の刺激とは全く違う、温かく包まれる感触。
純平は生まれて初めて感じる、猛烈に気持ちのいい感触を味わいながら、一方で背筋に押し寄せてくる射精感に耐えているのだ。

亜沙美はその様子を見て、動かずにじっとしていた。
初めてのセックスなのだから、すぐに射精してはもったいない。

しばらくして純平の表情がすこし和らいできた。
「どう?・・・」
「うん・・・大丈夫」
それを聞いて、亜沙美はゆっくりと上下に動き出した。
「純平くんのおちんちんが、私のオマンコのなかに入ってるよ・・・気持ちいい?」
「うん・・・すごく気持ちいい!」
「・・・私も・・・・気持ちいい・・・あん・・・あん・・・」

亜沙美は、徐々に、スピードを上げて腰を動かした。
「あっ!・・・イキそう!・・・」純平が悲痛な声を上げた。
「いいよ・・・イッていいよ・・・イッていいよ!」
純平が腰を激しく上下させる。
「アン!・・・気持ちいい!・・・もっと突いて!・・・突いて!・・・」
「イクッ!・・・イクッ!・・・」
痙攣したように小刻みに動いていた純平の腰の動きが止まった。
「イッちゃった?」
「うん」

亜沙美は腰を上げて、オマンコからペニスを抜いた。
コンドームの中は白い精子が大量に溜まている。
亜沙美はコンドームを外し、純平に見せた。
「ほら・・・いっぱい出たね・・・気持ちよかった?・・・私もすごく気持ちよかったよ」
亜沙美はティッシュでペニスについた精液を拭き取ってやった。そしてグチュグチュに塗れている自分のオマンコもきれいに拭いた。
「さあ、きれいになったよ」

亜沙美は添い寝をして、純平の顔を見つめた。
初めてのセックスを経験した純平は少し男らしくなったような気がする。
「ふふふ・・・純平くん・・・初めてのセックスはどうだった?」
「すごくよかったです。」
「私も純平くんと一緒にセックスのお勉強ができてうれしかったよ。」

ふと見ると純平のペニスはまた、勃起していた。
「あら!純平くん・・・また元気になってるよ」
「ぼく・・・亜沙美先生と、もっとセックスの勉強がしたいです」
「そう?勉強熱心なのね・・・じゃあ、もう一回復習しようか?」
「はい!」
「じゃあ、今度は純平くんがリードしてね」
純平の童貞を無事卒業させたことに安堵しながら、亜沙美は瞳を閉じて唇を突き出した。



「セクシャルサポーター」の第1話から読む
「富田亜沙美の場合」の第1話から読む


人気ブログランキングへ



関連記事

コメント

非公開コメント

はじめに

本ブログには性的な描写が含まれています。

おすすめ1st

カテゴリ

おすすめ2nd

おすすめ3rd

プロフィール

NOVMN

Author:NOVMN
FC2ブログへようこそ!

当サイトへのリンクについて

当サイト「空想の泉」はリンクフリーです。 リンクURLはこのサイトのトップページ https://novmn.blog.fc2.com/ でお願いいたします。 メールフォームでご連絡いただければ、原則、相互リンクの設定をいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

関連キーワード

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。