スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然の雨

ある日の夕方、会社から駅に向かう途中に、急に黒い雨雲が広がったと思うと、突然雨が降り出した。それも、かなり激しい雨だ。

僕は急いでカバンの中から取り出した折り畳み傘をさしたが、周りをみると、傘を持っていない人は、みんな大雨のなか、駅の方に走っている。

その中に、近くの私立高校の生徒であろうと思われる女子高生が大勢いた。
みんな、キャッキャッと黄色い声を上げながら、スカートがまくれ上がるのも気にせず走っている。最近の学生はスカートの下はジャージをはいているので、気にならないのだろう。

大雨の中、ようやく駅に着くと、先ほどの女子高生たちがいた。
みんな髪や顔はずぶ濡れになり、そして制服の白いシャツは肌にくっつき、ブラジャーが透けていた。白、青、ピンクなど美しい色をしたブラジャーが濡れたシャツ越しに魅力的に見えた。
特に、おっぱいの大きい子はシャツがブラに張り付き、いやらしく見えた。

突然の雨よ、ありがとう。

第1話から読む

FC2 Blog Ranking



はじめに

本ブログには性的な描写が含まれています。

おすすめ1st

カテゴリ

おすすめ2nd

おすすめ3rd

プロフィール

NOVMN

Author:NOVMN
FC2ブログへようこそ!

当サイトへのリンクについて

当サイト「空想の泉」はリンクフリーです。 リンクURLはこのサイトのトップページ https://novmn.blog.fc2.com/ でお願いいたします。 メールフォームでご連絡いただければ、原則、相互リンクの設定をいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

関連キーワード

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。