スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

揺れるおっぱいと、揺れないおっぱい

毎朝の通勤で、駅に向かう途中に必ずすれ違う女性が二人いる。

ひとりは20代後半ぐらいのショートカットの女性。
いつも清楚な服装で、小柄でかわいらしい感じの女性だが、胸が目立つくらいに大きい。
丸くやわらかそうなおっぱいで、ゆさゆさと魅力的に揺れている。
本人も気にしているのか、カーディガンなどを羽織り、目立たないようにしているようだ。

もうひとりは30歳前半ぐらいの女性。
いつもスーツ姿で、きりっとしている。
この女性の胸も大きいのだが、ふたつの大きな乳房が前に張出すような感じで、
白いシャツのボタンがはじけそうになっている。
でもこのおっぱいは歩いても、ほとんど揺れない。

揺れるおっぱいと、揺れないおっぱい。
毎朝の僕の秘かな楽しみである。

第1話から読む

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


はじめに

本ブログには性的な描写が含まれています。

おすすめ1st

カテゴリ

おすすめ2nd

おすすめ3rd

プロフィール

NOVMN

Author:NOVMN
FC2ブログへようこそ!

当サイトへのリンクについて

当サイト「空想の泉」はリンクフリーです。 リンクURLはこのサイトのトップページ https://novmn.blog.fc2.com/ でお願いいたします。 メールフォームでご連絡いただければ、原則、相互リンクの設定をいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

関連キーワード

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。