FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

寮母さんとの淫らな体験談(2)


寮生活にも慣れてきた5月のある日、季節はずれの風邪をひいてしまった僕は、会社へ連絡を入れたあと部屋で寝ていました。

ウトウトとしているとドアをノックする音がして、それからガチャリとドアが開きました。
「谷村くん、おはよう。朝ごはん食べに来ないから、どうしたのかと思って……」
神田さんはそう言うと部屋に入ってきました。
僕は慌てて起き上がり、パジャマ姿のままベッドサイドに座りました。

「実は風邪をひいちゃいまして……今日は会社休みました」
「大丈夫?」
神田さんは顔を近づけてきて、ふたりのおでこがピタッとくっつきました。
ショートカットの神田さんの髪の毛からいい香りがします。
僕は恥ずかしさのあまり、頭を後ろに反らしました。

「動いたらダメよ」
優しく微笑みながら僕の両肩を掴んで、神田さんはもう一度おでこをくっつけます。
「ちょっと熱があるみたいね」
「ええ、少しだけ……でも、たいしたことはないです」
僕もおでこをくっつけたまま返事をしました。

そして、無言で至近距離で見つめ合いました。
僕は思わず目を閉じてしまいました。もしかすると無意識に唇を突き出していたかもしれません。

「プッ!」
突然、神田さんが噴き出しました。その拍子に僕の顔にしぶきが掛かりました。神田さんの唾です。
「あっ、ごめんね」
神田さんは笑いながら、僕の頬に手を当てました。細い指先が右の頬から唇へ、そして左の頬へと通り過ぎていきます。
僕はドキドキして、チンポが硬くなっていくのを感じました。

「それにしても汚い部屋ね。ちゃんと掃除してる?」
神田さんは床に散らばった雑誌を拾い上げ、片付け始めました。そしてベッドの下に隠してあるエロ本にも手を伸ばしました。
「あっ!そこは……」
僕が止める前に、神田さんはエロ本を手にしていました。
隠してあったエロ本はその当時流行っていたビニ本でした。つまり無修正です。
神田さんはパラパラとページをめくっていきます。
「ふーん。すごいね」
時折、チラチラと僕の方に視線を投げかけるので、僕の半勃ちチンポはなかなか萎みません。
最後のページまで見終わると神田さんは言いました。
「男の人は仕方ないけど……でも、お風呂場ではオナニーしないでね」

僕は驚きました。
神田さんの口からオナニーという言葉を聞くなんて。
僕のペニスは完全に勃起状態です。

神田さんはゆっくりと歩いてきて、僕の隣に座りました。
パジャマの股間は大きくテントを張っているので、勃起していることは完全にばれているでしょう。

くっきりと盛り上がった股間を、神田さんはビニ本でツンツンと叩いた後で言いました。
「風邪引いてるんだから、ほどほどにするのよ……じゃあお大事に」
優しく笑いながら神田さんは部屋を出て行きました。

僕は、すぐさま寮母さんのことを思いながらオナニーをしました。

第1話から読む
FC2 Blog Ranking


超熟性愛白書 禁断の肉欲編 性実話研究会 /出版社:マドンナ社
関連記事

寮母さんとの淫らな体験談(1)


僕が20代のころの話です。
会社の転勤で地元を離れた地方都市の支店勤務となり、会社の寮に入りました。
3階建てのアパートのような小さな寮で、2階と3階に寮生部屋が12部屋。寮生は全部で12人いましたが、20代は僕だけであとは単身赴任のおじさんばかりでした。
1階には食堂と風呂場。
そして食事や掃除の為に毎日通いで来ている二人の寮母さんの部屋がありました。
ひとりは山下さんという60歳くらいのぽっちゃりした肝っ玉母さんみたいな人です。
もうひとりは50歳くらいの神田さん。小柄で童顔で働きもののお母さんといったタイプでした。


ある金曜日の仕事帰りに、僕は会社の先輩たちと飲みに行きました。
三次会のスナックではカラオケで大いに盛り上がり、寮に帰ったのは深夜。僕は風呂にも入らず寝てしまいました。
翌日の朝起きてから、1階の風呂場にシャワーを浴びに行きました。
二日酔いで少しだるい身体をシャワーですっきりと流しながら、昨晩のスナックの女の子のことを思い出していました。丸顔が可愛くて、そして胸が大きい女の子でした。
若い僕をからかっているのでしょう。歌っている最中に何度も僕に抱きつき、その大きなおっぱいを押し当ててくるのです。
ムニュッとしたその柔らかい感触を思い出し、僕は勃起してしまいました。
そして誰もいないことをいいことに、オナニーを始めてしまったのです。

あの子のおっぱいを想像しながらシコシコと扱いてギンギンに勃起した時、ガラッと音がして風呂の扉が開きました。
「そろそろお掃除するよ」
寮母の神田さんです。
僕は、勃起したチンポを握ったまま固まってしまいました。

「もう……」
神田さんも苦笑したまま、固まってしまいました。しかし、僕の勃起チンポをしっかりと見ていました。

数秒の沈黙のあと、神田さんは笑いながら「ごめんね」と言うと、そっと扉を閉めて風呂場を出て行きました。

神田さんが風呂場を出て行く姿をすりガラス越しに眺めながら、妙に興奮している自分に気づきました。チンポは硬く勃起したままです。
おっぱいの大きな女の子は僕の頭の中から消えうせ、代わりに神田さんの姿が現れました。僕は、50代の寮母さんに見られながらオナニーしていることを想像しながらチンポを扱きました。
そして、すぐに射精してしまいました。

風呂場を出ると、廊下を掃除している神田さんに会いました。
「もう、びっくりしたわよ」
「すみません……」
「若いから仕方ないよね。ハハハ……」
神田さんはそういうと、僕のお尻をポンと叩きました。

全てはこの出来事から始まったのでした。

人気ブログランキングへ


未亡人寮母・かおり【電子書籍】[ 巽飛呂彦 ]
関連記事

熟女たちの秘密のパーティー(12)


「こんどは私が舐めてあげる」
和美は、コウジを仰向けに寝かせるとペニスにしゃぶりついた。
ジュルジュルと音を立てながら唾液たっぷりのフェラチオを繰り返すと、コウジのペニスはギンギンに勃起する。
「ねえ、入れていいでしょ?」
和美は、コウジに跨るとオマンコにペニスの先端を当てがい、ゆっくりと腰を下ろしていった。
「ンっ……はぁ……」
愛液で濡れたオマンコは、ズブズブとペニスを受け入れていった。
「あはぁぁぁぁん!」
大きく喘ぎながら、和美はクネクネト腰を動かしていく。
ペニスが出し入れされる度に、粘度の高い愛液がネチョネチョと音を立てる。
「あぁぁ……いいわ!……オマンコ気持ちいい!」
和美のタイミングに合わせてコウジも腰を突き上げる。
みどりは、背後から和美の乳房を揉みしだく。
「もうダメ……イッちゃう!……イッちゃう!……はぁん!イクッ!!!」
和美は騎乗位のまま、イッてしまった。

「ねえ、私もお願い」
みどりは仰向けになり、脚を開いた。
コウジは、みどりのオマンコにズブリとペニスを挿入した。
「あん!……太いわ!」
コウジは太いペニスをゆっくりと引き出した。
「あぁぁぁ……気持ちいい!……もっと!……もっとして!」
大きな喘ぎ声をあげるみどりのオマンコに、コウジは激しく抽挿を繰り返す。
「あん!……あん!……あん!……」

大きく揺れる乳房を揉みながらコウジが周りを見渡すと、ベッドの周囲に女性たちが集まり、二人のセックスを眺めている。
もちろん全員全裸で、M字に脚を開きオナニーをしていた。
オマンコに手をあてがいながら、忙しそうにクリトリスを擦り続ける熟女。
黒ずんだ肉襞をかき分け、オマンコに指を突っ込んでいる熟女。
1人1人が好きなスタイルで、オナニーを愉しんでいる。

コウジの興奮も頂上を迎え、腰のスピードを上げる。
「あぁぁ……いいわ!すごくいい!……イキそう!オマンコイキそう!」
みどりも絶頂を迎える。
「オマンコイキそう!……イク!……イク!……イクッッッッ!!!!!!」
「俺もイクよ!」
コウジはドピュドピュと、オマンコの中に精液をぶちまけた。

射精を終えペニスを抜き取ると、みどりのオマンコからザーメンがドロッと溢れ出した。
すかさず、和美が精液と愛液でドロドロになったペニスにしゃぶりつき、丁寧に舌で舐め尽くした。

ペニスの掃除が終わると、三人はゆったりとベッドに横たわる。
「ねえ、みどり?今日のパーティどうだった?」
「すごくよかったわ。誘ってくれてありがとう」
「コウジもすごくよかったしね」
「それはどうもありがとう」
笑うコウジの股間にみどりの手が伸びる。
「ねえ、コウジ?」
まだ柔らかいペニスを弄びながら、みどりが恥ずかしそうに言った。
「もう一回しよ?」
苦笑するコウジ。
「ダメよ。今度は私の番よ」
微笑みながら和美もペニスに手を伸ばした。

熟女たちの宴はまだまだ続くのだった。

第1話から読む
FC2 Blog Ranking


関連記事

熟女たちの秘密のパーティー(11)


2人のフェラチオで、カチカチに勃起したペニスを満足そうに眺めながら、和美は言った。
「あー、暑くなってきちゃった」
「本当、暑いわね」
みどりも同意をすると二人は服を脱ぎ始めた。

部屋のほぼ全員が全裸のため、恥ずかしさはない。
スルスルと服を脱ぎ、ブラジャーを外し、パンティを脱いだ。
「みどりのおっぱいって、相変わらず大きいね」
みどりのおっぱいに和美が手を伸ばす。
「本当、素晴らしい」
コウジも触ってくる。
手のひらには収まらないほど大きな巨乳は、みどりの自慢でもある。

「和美さんも綺麗ですよ」
コウジは、和美の乳房にも手を伸ばす。
みどりほど大きくはないが、和美も美乳の持ち主だ。
「そうよ、綺麗なおっぱい」
みどりは、和美のおっぱいを揉んだ。
「はぁん!」
すでに硬くなっている乳首を摘ままれ、和美は声を上げた。
「ねえ、あっちに行かない?」
和美は、部屋の奥のキングサイズのベッドを指差した。
「行きましょう」

三人は足早に移動すると、抱き合いながらベッドに倒れ込んだ。
和美はコウジの唇を奪い、コウジの手はみどりの乳房を弄り、みどりはコウジのペニスを扱いた。
しばらくすると、コウジとみどりがディープキスを交わし、和美がコウジの股間を弄った。

「ねえ、舐めて」
みどりは脚を開き、自らコウジを股間に導いた。
ビラビラとした陰唇がはみ出した熟女の割れ目からは、淫汁がたっぷりと溢れ出している。
コウジが股間に顔を埋めると、女陰の香りが鼻を突いた。
決して悪い匂いではない。溜まっていた性欲からくる濃厚な匂いかもしれない。
「早く!」
みどりに急かされ、コウジは割れ目をくまなく舐めまわしてやった。
「あぁぁぁぁ……」
喘ぎ声が上げながら、みどりは腰をくねらせる。
今度は、クリトリスを舌先で小刻みに刺激する。
「あっ!あっ!あっ!」
さらに声が大きくなる。
夫を亡くしてからは、自分で慰めることしかなかったクリトリスを愛撫され、一気に快感がほとばしった。
「……ック!ック!……イクッ!イクッ!」
ガクガクと身体を揺らしながら、みどりは絶頂を迎えた。

第1話から読む
アダルトブログランキングへ

関連記事

熟女たちの秘密のパーティー(10)


「久し振りなんでしょう?お先にどうぞ」
和美が茶化したように言った。

みどりは目の前のペニスをまじまじと眺めた。
確かに、こんなに間近にペニスをみるのは夫を亡くしてから3年ぶりのことだ。
夫のペニスに比べると少し小ぶりだが、亀頭は一回り太く、カリ首が張り出している。
その亀頭の先の小さな割れ目からはすでに透明な液体が溢れ出し、裏筋を伝って陰茎に垂れている。

「ねえ、みどり。いつまで見てるの?久しぶりで忘れちゃった?こうやって舐めるのよ」
我慢できなくなった和美が、亀頭をペロリと舐めた。
「あぁぁ、美味しい」
妖しく光る舌全体で亀頭をペロペロと舐めると、今度は舌先で亀頭の括れをチロチロと刺激する。
亀頭の周りを舐め終わると、最後に亀頭にチュッとキスをした。

「思い出した?」
和美は笑いながら、みどりと交代した。

「うん、思い出した」
はにかみながら、みどりはそっと亀頭に舌を這わした。
久し振りとはいえ、もちろん本当に忘れていたわけではない。ただ、和美の前で恥ずかしがっていただけなのだ。
みどりも、ペニスをペロペロと舐めまわし、最後に亀頭を口に含んだ。
大きめの亀頭を舌で舐めまわす。
「ふぅぅ……」
コウジが吐息を漏らした。

「ねえ、いっしょに舐めよう」
ふたりは顔をくっつけるようにすると、、同時に陰茎の根元から舐め始めた。
ベローっと舐めながら上がっていき、亀頭の先端まで舐める。
そして、再び根元に戻り亀頭の先まで舐め上げる。
「気持ちいい?」
みどりが微笑みながら尋ねる。
「うん、すごく気持ちいい……」
コウジも嬉しそうに答える。

2人の同時フェラが何度か繰り返さされたのち、今度は、和美がパクリとペニスを咥えた。
唾液でいっぱいになった口の中に、ペニスが奥まで挿入され、そして、唇をすぼめながらゆっくりと引き出される。
クチュクチュといやらしい音を立てながら、何度も抽挿が繰り返される。

「じゃあ、私はタマも舐めちゃおうかな」
みどりは、金玉袋の中のコロコロとした玉を舌先でツンツンと刺激する。
そしてコウジの顔を見ながら、片方の玉を口に含んだ。
口の中で金玉を転がしながら、コウジの表情を伺う。
強すぎる睾丸への愛撫が禁物なのを、みどりは知っているのだ。
コウジが愉悦の表情を浮かべてるの見ると、みどりは金玉を軽く吸引し、チュパッと口から吐き出した。
「コウジくんは、キンタマ気持ちいいのね」

「そうなの?」
和美は咥えていたペニスを掃き出すと、今度はもう片方の金玉を口に含んだ。
そうなると、今度はみどりがペニスを咥え込んだ。
クチュクチュ……チュパチュパ……クチュクチュ……チュパチュパ……
2人は、ペニスと金玉を舐め続けた。

第1話から読む
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

関連記事
前のページ 次のページ