FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

雅也の素敵な性活(11)

詩織はいったん、人差し指を抜き取った。
指は保奈美の愛液でベトベトに濡れている。
「保奈美・・・気持ちいいでしょ・・・すごく濡れてるよ・・・じゃあ、もう一本いれてあげるね」
詩織は、人差し指と中指を揃えて保奈美の膣口に入れると、再びリズミカルに指を出し入れし始めた。
ぐちゅ、ぐちゅ、ぐちゅ・・・・
保奈美の割れ目からは愛液が白っぽくなって溢れ出す。
「はぁーん・・・はぁーん・・・気持ちいい!・・・ふーん!・・・」
詩織の指の動きに合わせて、保奈美は腰を前後させたり、大きく身体をくねらせたりしてよがる。
詩織は指の挿入に加え、もう一方の手でクリトリスをさすり始めた。
「あっ!あっ!あっ!・・・・もうダメ!・・・イッちゃう!・・・」
保奈美は頭をのけぞらし、小刻みに身体を震わせ、絶頂を迎えた。

しばらくして、快楽の波が去ると、保奈美は詩織に話しかける。
「今度は私が、気持ちよくさせてあげるね」
保奈美は詩織の股間に顔を埋め、ピチャピチャと舐め始める。
「うーん・・・気持ちいいよ・・・」
保奈美の舌技に詩織はうっとりとした顔をしている。

一方、保奈美は四つん這いになりお尻をこちらに突き出しているので、愛液まみれのオマンコが丸見えとなっている。
雅也のペニスはムクムクと大きくなり完全に勃起した。

仰向けの詩織は、雅也の様子を見ると、手を伸ばし、雅也のバスタオルの裾を引っ張った。
バスタオルは、はらりと床に落ち、大きくなったペニスが露わになった。

「ねえ、保奈美?・・・雅也君のおちんちん、すっごく大きくなってるよ・・・保奈美のオマンコに入れたいんだって・・・」
保奈美は詩織の股間から顔をあげ、後ろを振り向きました。
「うん・・・入れて・・・一緒に気持ちよくなろう・・・・」
保奈美はさらにお尻を突き出した。

雅也は数歩前ににじり寄ると、勃起したペニスを保奈美の割れ目にあてがう。
すると詩織は下から手を伸ばし、雅也のペニスを握ると、保奈美の割れ目にこすりつけた。
小陰唇がめくれ上がり、ヌルヌルの愛液が亀頭にまとわり付く。

「今から、雅也君のおちんちんを、保奈美にオマンコの中に入れるよ・・・」
詩織は、雅也の赤黒い亀頭をオマンコの穴にあてがい、ゆっくりと導き入れる。
その動作に合わせ、雅也は腰をグイッと押し出す。
ズブ、ズブッとオマンコの中にペニスが挿入されていく。
「あぁーん・・・」
保奈美が喘ぎ声をあげる。
雅也はゆっくりと腰を動かし始める。

「あぁん・・・はぁん・・・はぁん・・・」
保奈美は、バックから突かれるたびに大きな声をあげた。

一方、保奈美の股間の下で仰向になっている詩織は、雅也のペニスが保奈美の割れ目の中に出し入れされている様子を見ていた。
(すごい!)
すぐ目の前で、クチュクチュと音を立てながらペニスがオマンコの中に何度も出し入れされている。
そして、保奈美のオマンコから溢れ出した愛液は白く泡立ち、ペニスにまとわりついている。
そのペニスの下では金玉が、腰の動きに合わせ、ブラブラと激しく揺れている。

詩織は見ているだけでますます興奮してくる。
(本当にいやらしい光景だわ・・・)

そのうちに雅也の動きが激しくなってくる。
「イクよ!・・・イクよ!・・・イクッ!!!」
「私も!・・・イクッ!・・・イクッ!!!」
保奈美のオマンコの中に、ドクドクと大量の精液が発射された。
保奈美はお尻を突き上げたまま、放心状態でぐったりと倒れこんだ。
雅也がペニスを抜き取ると、オマンコの中から白いザーメンがこぼれだす。
そして、詩織のおっぱいの上にタラタラと垂れてくる。

詩織はそのザーメンを指先ですくい取ると、口の中に入れた。
「おいしい・・・雅也君のザーメン、いやらしい味がするね・・・」

第1話から読む




関連記事

コメント

こんにちは

はじめまして!あるブログを拝見していたら、このブログに出会いました。私もブログを開設しています。「鬼藤千春の小説」で検索できます。一度訪問してみて下さい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://novmn.blog.fc2.com/tb.php/85-efefdc6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)