FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

熟女たちの秘密のパーティー(7)


「どうだった?」
和美の質問に、みどりは即答できなかった。
特大のペニスに驚いたのはもちろんだが、皆が見ている前でフェラチオをすることや、それを見ながらオナニーをする女性たちに驚いたのだった。
「自分の気持ちに正直に行動すればいいのよ。ただそれだけのことよ」
「そうね・・・でも恥ずかしいわ」
「段々、慣れてくるって。ほら、あそこを見てごらん」
和美が指さす方にみどりは視線をやった。


部屋の壁際に並んだソファに座り、黒川陽子は夫のことを思い出していた。
巨乳が大好きで、ベッドの中ではいつも陽子のおっぱいをまさぐっていた夫。
そんな夫を思い出しながら、陽子は服の上から乳房を触っていた。

その様子を見ていた全裸のウェイター、ショウゴが近づいて行った。
「何かお手伝いしましょうか」
色白で細身の身体、そして小さめのペニス。夫にそっくりだわ、と陽子は思った。
「ありがとう。それじゃあ、脱がしてもらおうかな」
陽子は立ち上がり、背中のファスナーを降ろしてもらうとスルスルとワンピースを脱いだ。
ぽっちゃりとした白い肌に薄いすみれ色のブラジャーとパンティが映える。
「こちらもお願い」
再び背を向け、ショウゴにブラジャーのホックを外してもらう。
「ありがとう」
陽子が肩ひもをずらしてブラジャーを取り去ると、メロンほどの大きさの巨大な乳房がふたつこぼれ落ちた。
「すばらしい・・・」ショウゴの口から声が漏れた。

陽子はソファに座ると、むっちりとした自分の太ももを指差した。
「さあ、どうぞ。」
ショウゴは太ももの上に頭をのせ、仰向けになった。
「うちの旦那は、こんな風にされるのが大好きだったのよ」
昔を懐かしむように話をしながら、ショウゴの胸板を優しく撫でまわす。
「そうなんですか」
相槌を打ちながら、ショウゴは顔の上の大きな乳房を眺めた。
顔の大きさ程のたわわな乳房、大きめの乳雲、そして小豆色の乳首。

陽子は片方の乳房をショウゴの顔の上に乗せた。
「吸って・・・」
囁くような声に従い、小豆色の乳首に吸い付く。
「あんっ!」
陽子が可愛い吐息を漏らす。
チュパ、チュパと音を立てながら、赤ちゃんのようにおっぱいを吸うショウゴを嬉しそうな表情で陽子は眺めた。
「うちの旦那も、こんな風にして私のおっぱいを吸うのが大好きだったの・・・久しぶりに思い出しちゃったわ」
懐かしげな陽子の声を聞きながら、ショウゴは乳首をレロレロと舌で転がしてみた。
「うーん・・・いいわ・・・」
艶めかしい声をあげた陽子が身体を前に倒したので、ショウゴの顔は柔らかい乳房で覆われた。
「う、う・・・」
息ができない苦しさにショウゴはうめいた。
「あら、ごめんなさい・・・」
陽子は笑いながら、身体を起こした。

「じゃあ、こっちも舐めて」
もう片方の乳首を口に含み、チューと吸い付く。
「あん・・・気持ちいいわ」
口の中の乳首が硬くなっているのを感じ、軽く噛んでみた。
「はぁーん!」
ひと際大きな声で陽子が喘ぐ。
乳首を舌先で転がしながら、時折甘噛みすると、その度に大きなあえぎ声が響いた。

陽子は声をあげながら、右手を伸ばしショウゴのペニスを握り、ゆっくりとしごき始めた。
「うちの旦那もね。すぐに硬くしちゃってね・・・いつもこうやってしごいてあげてたのよ・・・どう?気持ちいい?」
「ええ。すごく・・・」
陽子の指先は、優しく動きながらも、いやらしく亀頭の周りを撫で回した。

第1話から読む

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://novmn.blog.fc2.com/tb.php/248-9ca2add0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)