FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熟女たちの秘密のパーティー(6)


「ごめんなさいね、私ばっかり楽しんじゃって。どなたか交代しましょう」
マサユキの特大ペニスを握りながら澄江は周りを見渡した。
「じゃあ、私、いいかしら?」
ショートヘアの女性が、周りに同意を求めるように目配せをしながら歩み出た。

「千恵美です、よろしくね」
マサユキに挨拶をすると、立派なペニスに視線を移した。
「大きいわ。こんなに立派なおちんちんを見てると身体が火照ってくるわ」
千恵美は嬉しそうに言うと、ブラウスを脱ぎ、ブラジャーを取り去った。
肉感溢れる大きな乳房。そして乳輪も乳首も熟女を感じさせる褐色をしていた。
「千恵美さんのおっぱい、大きいですね」
マサユキの褒め言葉にはにかみながら千恵美は座り込み、極太のペニスを握った。
「マサユキくんのおちんちんも大きいわ」
妖艶な視線を投げかけながら、真っ赤な口紅が塗られた唇を開く。テラテラと妖しく輝く舌先から唾液が流れ始める。
亀頭に到達した唾液は、陰茎を伝って流れてゆく。千恵美はそれを丁寧にペニス全体に塗りつけていく。
自らの唾液でテカテカになったペニスを見つめ、千恵美に満足そうに笑うと、唇をペロリと舐めた。

「おいしそう・・・でも私のお口に入るかしら」
唇が大きく開き、亀頭の先を咥え込む。そしてゆっくりとした動きで口の中に押し込んでいく。
「んんん・・・」
声にならない声を漏らしながら、千恵美は亀頭全体を口の中に収めることができた。
「すごいわ」
周りの女性から歓声が上がると、千恵美は頭をゆっくりとその口から亀頭を出し入れし始める。
んんん・・・ジジュル・・・んんん・・・ジュジュル・・・んんんん・・・
息苦しさからくる呻き声と口の端から溢れ出す唾液がいやらしい音を立てる。

横で見ていた澄江も我慢できなくなり服を脱ぐと、千恵美の横に並んで座った。
千恵美はその巨大なペニスを口から吐き出した。
裸の熟女二人は顔を見合わせると舌を大きく出し、赤黒いペニスを舐めた。
根元から始まり、長い陰茎にそって上へと舐めあげる。最後に亀頭を舐めまわす。

周りの女性たちの多くも、床に座り込み、スカートの中に手を入れ、思い思いに性欲を満たしている。
「あぁぁん・・・」
熱い吐息とクチュ、クチュといやらしい音が重なる。

再び千恵美がペニスを口に含み、唇で上下に激しくしごき上げ始めた。
「あぁぁ、気持ちいい・・・もうイキそうです」
マサユキは、二人に伝える。
千恵美は亀頭を咥えたまま、マサユキを見つめ、優しく微笑んだ。
そして、さらに激しくしごき上げた。
「あっ・・・・イク!・・・イク!・・・イクッッ!・・・」
マサユキは腰を突き上げながら、千恵美の口の中にザーメンを発射した。
ビュッ!ビュッ!ビュッ!
千恵美は、口の中が青臭いドロドロの液体で満たされていくことで快感を感じていた。
大量の射精が収まると口からペニスを抜き取り、ゴクリと飲み込んだ。
一方、澄江は精液まみれのペニスをペロペロと舐めまわした。
「おいしいわ・・・」
くすぐったがるマサユキを見ながら澄江は、一滴残らずザーメンを舐めつくした。

第1話から読む

人気ブログランキングへ


関連記事

コメント

読んでてドキドキします~^^
応援しておきました。ポチッ

  • 2017/03/08(水) 01:04:27 |
  • URL |
  • 矢田@医療職兼業トレーダー #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://novmn.blog.fc2.com/tb.php/247-1604b6c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。