FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

隣の奥さんと汗まみれSEX(1)

ギラギラとした太陽が照り付ける真夏の午後、矢間崎太一は近所のコンビで買った弁当が入った袋をぶら下げながら歩いていた。
「暑いなあ」
噴き出してくる汗を拭きながら前を見ると、アパートの隣の部屋に住む多村早紀が、スーパーマーケットの袋を両手に持ち、だるそうな足取りで歩いている。
白と黒のボーダのTシャツから突き出た太い腕、太い脚。そして、ブラジャーに押さえつけられたわき腹の肉が段々になっている。「ぽっちゃり」というよりは、「太っている」と言った方がよい体形だ。
七分丈のパンツに包まれた大きなお尻が、歩くたびにプリプリと左右に揺れているを見ながら、太一は近づいて行った。

「こんにちは」
「あら、太一君」
「暑いですね」
「本当に暑いわね・・・今日はお休みなの?」
「ええ。週末に出勤したんで、今日は代休なんです」
改めて早紀の姿を見る。
胸元は、小ぶりのスイカを2つ入れたように大きく張り出しており、お腹の太さをカモフラージュしている。

「重いでしょう。僕が持ちますよ」
早紀が持つ袋に、太一は手を伸ばした。
「悪いわね・・・じゃあ、お願いしようかしら」
ニコリと笑いながら、袋の一つを太一に渡した。

2人は、「暑い、暑い」と言いながらも、数分後アパートに到着した。
「はあ・・・」
大きな息をつく太一に、早紀は言った。
「さあ、もうひと踏ん張りよ」
体形に似合わない軽い足取りで、階段を上りはじめた。
大きなお尻を眺めながら、太一も後ろから上っていく。
一段、一段上るたびに、左右の尻たぶにくっきりとパンティラインが表れる。ムッチリとしたお尻をパンティが押さえつけている様子がよくわかる。
触りたくなる衝動を感じながら、太一は階段を登り切った。

早紀の部屋の前に着き、太一は荷物を渡した。
「太一君、どうもありがとう」
「じゃあ、僕はこれで」
「太一君、これからお昼でしょう。よかったら一緒に食べない?私もスーパーのお弁当なの」
「えぇと・・・」
「荷物を持ってもらったお礼に、何か冷たいものでも出すわ。さあ、どうぞ」

早紀に促され、部屋に入ると、ムッとした熱気が襲ってきた。

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

隣の奥さんと汗まみれSEX(2)

締め切ったアパートの部屋は蒸し風呂のように暑かった。

言うまでもなく、アパートのお隣同士なので、部屋のつくりは全く同じだ。
しかし、男一人暮らしの太一の部屋と違い、カーテンや家具などに生活感があふれる。
確か、早紀は旦那と二人暮らし。子どもはいない。
40歳は超えているだろう。しかし童顔なので若く見える。それに、なんといってもムッチリとした体つきが魅力的だ。

早紀は部屋の奥まで行くと、サッシ窓を全開にした。
「ごめんね・・・実は今朝からエアコンが壊れてるの・・・暑いけどガマンしてね」
「そうなんですか・・・」
「ちょっと待っててね。私、着替えてくるわ」
早紀は奥の部屋に入っていった。

太一は、座卓に座った。
ふとベランダを見ると、洗濯物が干してあり、その中にタオルで周りを隠しようにして黒いブラジャーとパンティが干してあった。
彼女の特大の乳房を包み込むための大きなカップ。そして精緻なレース模様が施されているブラジャー。
それに比べて小さなパンティ。こちらもレースで飾られている。

「お待たせ!」
缶ビールを手に戻ってきた早紀の姿を見て、太一は驚いた。
胸の膨らみがはっきりとわかるグレーのタンクトップ。しかもワンピースのように丈が長く、太ももが露わになっている。

「さあ、飲みましょう」
早紀も太一の横に座った。
「太一君、今日はありがとう。手伝ってくれたお礼よ。カンパーイ!」
プッシュ!グビグビ・・・・プハーッ!
「あー、美味しい!」
「本当、美味しいですね」
太一の視線は、早紀の胸に注がれる。
そして、早紀は座卓に身体を預けるように座っているので、柔らかそうな二つの膨らみは座卓の上に乗せられている。

「ねえ、太一君・・・」
「・・・・」太一は一瞬ドギマギする。
「私、もう飲んじゃった。もう一本取ってくるね」
早紀は立ち上がると、キッチンへと向かった。

しばらくして早紀が戻ってきた。
「暑いわね」
汗ばんだ豊満な体に、グレーのタンクトップが張り付いている。
タプンと揺れる胸元には、乳首がポチッと突き出していた。

第1話から読む

人気ブログランキングへ


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

隣の奥さんと汗まみれSEX(3)

「ほら、冷たいでしょう」
冷蔵庫から取り出したばかりの缶ビールが、太一の頬に押し当てられた。
「あっ!冷たい!」
「ふふふ・・・」
早紀は妖しげに微笑むと、その缶ビールを自ら豊満な胸の谷間に押し当てた。
「冷たくて気持ちいいわ!」
缶に付いた水滴と早紀の汗が一緒になり、胸の谷間に流れ込んでいく。

「太一くん?」
「・・・・」
「太一くん、どこ見てるの?」
「い、いやっ、どこも・・・」
「今、おばさんのここ、見てたでしょう?」とタンクトップの胸元を指さし、その指先をタンントップに引っ掛けた。
そして、太一の視線を釘付けにしたまま、ツーッと下に引き下げてゆく。
タンクトップの襟元が徐々に引き下げられ、たわわな乳房がこぼれそうになるほど、引き下げた。

「それも、いやらしい目で、見てたよね」
「そ、そんな・・・」
「いいのよ・・・こんなおばさんのおっぱいなのに・・・うれしいいわ」
「そんな・・・おばさんだなんて・・・多村さん、まだ若いですよ」
「もう、太一くんったら、お世辞がうまいのね」
「お世辞じゃないですよ・・・すごく魅力的です」
「本当?太一くん、おっぱい好きなのね」
早紀はしなだれ、柔らかい乳房を太一の身体にくっつけた。
そして太一の耳元で優しく囁いた。
「触ってもいいわよ」

グレーのタンクトップは、早紀の汗で肌に張り付き、乳房の形がはっきりとわかるほどだ。大きく柔らかい乳房が、トロンと垂れ気味なのが、熟女のいやらしさを強調している。
太一は、乳房の重さを量るように下からそっと持ち上げ、そして2、3度揺らしてみる。
タプンとした感触が手のひらに伝わってきた。

次に、柔らかさを確かめるように、指先に力を入れてみると、5本の指が乳房に食い込んでいった。

そんな太一の行動を、早紀は優しい表情で眺めている。

太一は、何度も乳房を揉みしだいていたが、最後にタンクトップから突き出した乳首を指で弾いた。
「あんっ!」
早紀の口から声が漏れた。可愛い声だ、と太一は思った。
続けざまに、乳首を弾く。
「あんっ!・・・ふぅん!・・・うぅん!・・・気持ちいい!」

太一は早紀の肩に手を回し、唇を重ねた。

第1話から読む

FC2 Blog Ranking


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

隣の奥さんと汗まみれSEX(4)

早紀の唇を割り、太一の舌が侵入する。と同時に早紀の舌が絡んできた。
ヌメヌメとした舌が絡みついたかと思うと、舌をチューッと吸われた。
チュッ・・・チュウ・・・ジュルル・・・
熟達した舌使いに翻弄されながら、太一も一生懸命に舌を動かす。
「あぁぁぁ・・・こんなキスをしたの、久しぶりだわ」
早紀が嬉しそうに洩らした。

今度は早紀の舌が太一の口の中を入ってきた。
「んんんん・・・」
舌先で上あごを小刻みで刺激したり、歯茎の付近を這いずり回ったり貪るように舐め尽くす。早紀の熟達した舌技で、太一をネットリと攻め続ける。

太一は熟女のキスの洗礼を浴びながらも、豊満なおっぱいを弄り続けた。
手のひらに柔肉の弾力を感じながら、乳房を下から揉み上げる。そして、ポチッと勃起した乳首を指先で弾く。
「うーん・・・」
甘い声を早紀が漏らした。

「太一くんも汗びっしょりだよ・・・脱がせてあげる。バンザイしてね・・・」
まるで子どもの服を脱がす母親のように言うと、太一のTシャツを脱がせた。

「じゃあ、私もお願い・・・脱がせて・・・」
早紀も両手を上にあげた。
太一は、改めて豊満な体を眺める。
童顔の可愛い顔立ち。ぽっちゃりとした身体。大きくて丸い乳房。ブラジャーを外しているので、だらりと乳房の肉が横にはみ出している。そしてそのおっぱいの頂上には勃起した乳首がはっきりと飛び出している。

「見てばっかりいないで・・・ねえ、早く脱がせて・・・」
甘い声で催促され、太一はタンクトップを脱がせた。

まさにスイカのように大きなおっぱいだった。
少し垂れ気味なところが、なんともいやらしい。
大きめながら薄いピンク色の乳輪。ぽっちりと突き出した乳首。
熟女ならではの、体つきだ。
「そんなにジロジロ見られると恥ずかしいね」
早紀は少し照れた。

「きれいだよ」
太一はその豊満な体を優しく抱きしめると、そのまま覆いかぶさっていった。

第1話から読む

アダルトブログランキングへ


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

隣の奥さんと汗まみれSEX(5)

早紀の柔乳を、太一は両手で揉みしだいた。
指に少し力を入れるだけで乳房は形を変えた。と言うより、手で包み込んでいなければ、トロリと横に垂れていく。
しかし硬くなった乳首だけは、ピンッと上を向いている。
太一は、垂れた横乳を何度もすくい上げ、柔乳の感触を楽しみながら、時折、乳首を可愛がった。
「あんっ!」
その度に、早紀は、甘ったるい吐息を漏らす。
小豆色のその突起を、プルプルと指先で弾きながら太一は言う。
「ここ、気持ちいい?」
「あんっ!・・・感じちゃう・・・」
「もっと気持ちよくしてあげる」

太一は、右の乳首にしゃぶりつき、レロレロと舌先で転がした。
「はぁぁぁぁん!」
早紀は自ら両手でおっぱいをすくい上げると真ん中に寄せた。
「もっと・・・もっと舐めて!」
きキラキラと汗で輝く、柔肉の大きな双丘が、太一の目の前にあった。
思わず太一はその双丘に顔を埋め、そして小豆色の突起に吸い付いた。
早紀の汗の味がした。
太一は、双丘の乳首に交互にチュパ、チュパと吸い付いた。
「はぁん!・・・はぁん!・・・いい!」
早紀は声を上げながら、太一の頭を抱きかかえた。

(もっと!・・・もっと!舐めて)
ギュッと押さえられて、太一の顔は巨乳の間に埋もれていく。

早紀の汗まみれの乳房が、太一の頬に張り付く。
早紀の腕の力がだんだん強くなっていくなか、太一は乳首を求めて、頭を左右に振る。
しかし、とうとう頭を動かせないほどの力で、ギュッと抱きしめられた。
「ん、ん・・・」

太一が窒息する寸前に早紀の腕から力が抜けた。
「はぁ、はぁ・・・」太一は大きく息を吸った。
「ごめんなさい・・・つい・・・」
早紀は自分のしたことに驚いたように言った。
「でも、太一くん・・・気持ちよかったよ。今後は私が・・・」

早紀の手が太一の股間に触れた。

第1話から読む
人気ブログランキングへ


次のページ