FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葵と亜香音(1)

「さーて。お洗濯が終わったし、次はお掃除しなくちゃ」
佐々島葵は、ピンクのエプロンで濡れた手を拭きながら、部屋の隅に置いてある買ったばかりの掃除機に目をやった。旦那の転勤で先月このマンションに引っ越してきたのをきっかけに、購入したものだ。

ピンポーン!
ドアチャイムが鳴った。
(誰だろう?)葵がリビングのインターホンの画面を覗くと、隣の部屋の坂上亜香音の姿があった。
「隣の坂上です」インターホンのスピーカから亜香音の声がした
「はーい。今、開けます」
葵は玄関に行き、ドアを開けた。

「おはようございます。隣の坂上です。」亜香音は軽く会釈をした。
「おはようございます。」
「突然お邪魔しちゃって・・・今、大丈夫ですか?」
「え、ええ・・・」
「もしよかったら、一緒にお茶でもどうかなって思って・・・」
洋菓子店のロゴが入った紙袋を、亜香音が差し出した。
「あっ、どうも・・・さあ、上がってください」
手土産持参で来た隣人を帰すわけにもいかず、葵は亜香音を家の中に招き入れた。
「ありがとう。お邪魔します」

リビングのソファーに亜香音を案内すると、葵はキッチンに立った。
「今、コーヒーを入れますね」キッチンカウンター越しに話しかける。
「ありがとう」
「引っ越しの荷物がまだ、あんまり片付いてなくて・・・」
「そう?・・・きれいに片付いていて、うらやましいいわ。ご主人が手伝ってくださるんでしょう」
「そんなことないですよ。うちの主人、出張が多くて・・・」葵が愚痴をこぼしながらコーヒーを運んできた。
「うーん。いい香りだわ」
葵と亜香音はソファに並んで座り、コーヒーを飲み始めた。

「ところで、さっきの話だけど・・・旦那さん出張が多いの?」亜香音が切り出した。
「そうなんです。なかなか家にいないんですよ」
「うちと一緒ね」
「坂上さんのご主人もそうなんですか」
「そうなのよ。殆ど家にいなくて・・・私なんかほったらかしね」
「寂しいですね」
「そういう、佐々島さんも寂しいんじゃない?」
「でも、坂上さんみたいな方がお隣ですごくうれしいです。」
「本当!うれしい!」亜香音は葵の両手を握った。
「いつでも遊びにきてくださいね」葵も笑顔で答える。
「じゃあこれから、仲良くしてね。・・・じゃあ、これからは葵さんって呼んでいいかしら。私のことは亜香音でいいから」
「もちろん・・・亜香音さん!」見知らぬ土地で、新しい友人ができたことを葵はうれしく思った。

「ところで・・・葵さんの手って白くて、すべすべ・・・うらやましいわ」亜香音は、握った手をさすりながら言った。
「そうですか・・・」葵が戸惑っていると、亜香音の手が、手首、ヒジ、二の腕とゆっくりと上っていった。
まだ知り合ったばかりなのに旧知の仲のように振る舞う亜香音の手の動きは優しく、そしてなぜか官能的に感じられる。亜香音にじっと見つめられて、葵は動くことができなかった。

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


葵と亜香音(2)

葵の両肩に亜香音の手が触れた。
「葵って可愛いわね」
優しい声で話しかけながら、そっと身体を引き寄せた。
亜香音の顔がだんだん近づいてくる。
「ダメよ・・・亜香音さん・・・」葵は言った。
「大丈夫・・・」亜香音が妖しく微笑んだ。
「でも・・・」葵は少し身をよじった。
その仕草を嬉しそうに見つめながら、葵の髪を撫で始めた。
「葵の髪、きれいね・・・私、好きだわ」
「あ、ありがとう・・・」褒められて、葵も少し嬉しくなった。
「私の髪も触ってみて」
葵はそっと、亜香音の髪に触れた。
「どう?」
「亜香音さんの髪も、素敵です」
「ありがとう」
「大好きな葵に褒めてもらえて、嬉しいわ」
亜香音は答えた。そして、人差し指で葵の唇に触れた。

「葵の唇って、柔らかいね・・・キスしていい?」
「・・・」葵は、亜香音の顔を直視した。
「私、葵のことが好きになっちゃたの・・・」
「でも、私たち女同士ですし・・・」葵が少し抵抗する。
「大丈夫・・・もっと仲良くしたいの・・・いいでしょ?」
亜香音は、葵の身体を抱きしめ、優しく髪を撫でた。
その手の感触に身体が火照っていくのを葵は感じた。

亜香音がもう一度尋ねた。
「キスしていい?」
「・・・」葵はコクリと頷いた。

亜香音の顔が近づき、二人の唇が重なった。
「亜香音さん・・・」
言いかけた葵の唇を、亜香音は再び唇でふさいだ。そして肩をギュッと抱きしめる。

葵は理性がだんだん薄れていくのを感じた。
葵の身体から力が抜けていくの亜香音は感じて、ゆっくりと唇を離した。
「女の人とキスしたのは初めて?」
「はい・・・」
「男の人より気持ちいいでしょ?」
チュッ!再びキスをする。
「女同士の方が・・・」
チュッ!
「いいでしょ?」
チュッ!
葵のくちびるが自然と開き、亜香音の舌が滑り込む。
応えるように葵は舌を絡めると、唾液まみれの舌同士がクネクネと口の中で蠢いた。
「ふぅぅぅん・・・」甘い吐息が二人の口から漏れる。

「ねえ。舌、出してみて」亜香音が要求する。
言われるまま舌を大きく突き出すと、亜香音が舌先を摘まんだ。
「いやらしい舌ね・・・気持ちよくしてあげるわよ」
葵の舌に亜香音が吸い付いた。
チュッ、チュウゥゥゥ・・・
「んんんん・・・」葵が甘い息を漏らす。

今度は亜香音が舌を突き出した。
葵はすかさず吸い付く。
チュウゥゥゥ・・・
亜香音の唾液が、トロトロと葵の口の中に流れ込んでいく。
溢れそうになり、その唾液を葵は飲み込んだ。
「ゴクリ」
「美味しい?」亜香音は嬉しそうに尋ねた。
「うん」葵は照れくさそうに肯いた。
「私にもちょうだい・・・葵のをちょうだい」
亜香音は口を大きく開け、葵は舌先を尖らせた。
その舌先から唾液がタラタラと流れ出し、亜香音の口に注がれる。
「ゴクリ」
亜香音は大きな音を立て、葵の唾液を飲み込んだ。
「あぁぁぁ・・・美味しいわ」

二人はソファに倒れ込むと、互いの舌を貪った。
チュウ、チュッ、チュッ、・・・
「んんんん・・・」
チュウゥゥゥ・・・
リビングルームに二人の吐息が響いた。

第1話から読む

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

葵と亜香音(3)

「葵のおっぱいって大きいね」亜香音は葵に話しかける。
「そう?」照れくさそうに葵が答える。
亜香音の手は、ソファに横たわる葵の胸を服の上からまさぐった。
「ふぅぅぅん」葵が吐息を漏らす。
「大きなおっぱい、私に見せてね」
葵のブラウスのボタンをはずし、ブラジャーを露わにすると、カップから溢れそうになる大きな乳房をひとしきり揉んだ後、ブラを外した。
「ほーら、こんなに大きいわ」
大きく膨らんだ乳房を、ゆっくりと揉みしだいた。
「んんんん・・・・」
葵が小さくうめく。
「気持ちいいの?」
亜香音の問いに、葵は小さく肯きながら、乳房への愛撫に身を委ねる。

そのいやらしい手は、葵の乳房の上でゆっくりと這い回る。
「ピンク色のきれいな乳首・・・きれいだわ」
そう言うと、亜香音は舌を出して、葵の顔を見た。
「舐めて欲しい?」
「は、はい・・・」
亜香音の舌が、硬くなったピンク色の乳首を弾くように舐めた。
「はぁぁん!」葵は思わず声を上げる。
亜香音の舌は、チロチロと細かく動きながら、乳首を舐める。
そしてチューと吸い付いた。
「あぁぁぁ・・・」
再び葵が大きな声を上げる。

舌、指先、手のひらを使ってのおっぱいへの愛撫に、葵は酔いしれていた。
葵が身もだえる様子を見て、亜香音は嬉しそうに乳房への愛撫を続ける。
「あぁぁ!・・・いい!・・・気持ちいい!」
乳房への執拗な愛撫により、葵は軽いエクスタシーを迎えた。

「ねえ、私もお願い・・・」
放心状態の葵の横で、亜香音は自ら服を脱いだ。
葵ほど大きくはないが、亜香音も美乳の持ち主であった。

亜香音は乳房を、葵の口に持ってゆく。
「舐めて・・・」
亜香音のあずき色の乳首はすでに硬く尖っている。
葵にとっては、初めての女性への愛撫である。
葵は、乳首を口に含むと、自分がされたように舌先でチロチロと舐めた。
「気持ちいいわ・・・」
亜香音が甘い声を上げる。
乳首から乳輪へと舌を移動させながら、もう一方の手で乳房を揉みしだく。
「うーん・・・いい!・・・」
葵は一生懸命、亜香音の乳房を舐めまわした。

「葵、上手よ・・・すごく気持ちいい」
亜香音は、葵を抱きしめた。
そして再び二人は唇を重ね、舌を絡ませる。
「ふぅぅん」

そして、亜香音の舌が葵の唇からニュルッと侵入する。
クチュ。チュ、チュ。
今度は、葵の舌が亜香音の口中を這い回る。
「はぁぁぁ・・・」
舌を尖らせ、互いの唾液を交換する。

第1話から読む
FC2 Blog Ranking


葵と亜香音(4)


「もっと気持ちよくしてあげる・・・」
亜香音は身体を起こすと、葵の両足に手を掛けた。
「いやっ!」とっさに葵は声を上げる。
しかし、容赦なく両足が大きく広げられる。
スカートはまくれ上がり、ピンク色のパンティが露わになる。
「ふふふ・・・」
亜香音は妖しく微笑んだ。そしてパンティに施されたレース模様に指を這わす。
「可愛いパンティね・・・よく似合ってるよ」
「あ、ありがとう」
「あれ?ここ、シミになってるよ」
亜香音の指先が、クロッチの割れ目を上下に撫でる。
「う、うぅぅ・・・」
「キスされて、おっぱい触られて・・・感じちゃったのね」
亜香音は優しく微笑みながら、クロッチの割れ目を何度もこすりあげる。
「うんんん・・・」
葵は、再び愛液がにじみ出てくるのを堪えられなかった。
「また湿ってきたわ・・・せっかくの可愛いパンティが、汚れちゃう」
「は、恥ずかしい・・・」
「もう大丈夫よ・・・こうしてあげる」
そう言うと、亜香音はパンティを一気に脱がした。
「だめっ!」葵が抵抗する。
そんな葵の声などお構いなしに、両脚を高く持ち上げた。
そして、マングリ返しにされた葵の秘部に、亜香音は顔を近づけた。
「きれいだわ・・・」
「恥ずかしいよ」
「ほら、こんなに濡れてるわ・・・」
亜香音はオマンコの襞を大きく開いた。
「きれいなピンク色・・・葵のいやらしいお汁がいっぱい溢れてる」
亜香音は葵のオマンコに口をつけた。

ペロリ。
舌で舐め上げる。
「あんっ!」
ペロペロ。
「ああぁぁぁん!」
亜香音は、ベロベロと舐め、そしてチュウチュウと吸い付いた。
「美味しいわ・・・葵のここ、とっても美味しいわ」
葵のピンクの襞を、柔らかい舌がくまなく愛撫する。ネットリトした動きで、襞を舐めたかと思えば、時には舌をとがらせ膣口に差し込み、小刻みに震わせた。
その度に葵の口から喘ぎ声が漏れる。
「はぁぁぁん!・・・あぁん!!・・・あぁん!!」
淫唇を舐めまわされて、快楽に酔いしれる表情を見ながら、亜香音は言った。
「じゃあ、ここはもっと気持ちいでしょう」
亜香音の舌は、クリトリスを舐め上げた。
「あぁぁぁんっ!・・・そこ!・・・気持ちいい!」
葵はひと際大きな声を上げた。クリトリスは葵の一番の性感帯なのだ。
マングリ返しのポーズで身動きがとれないまま、亜香音にクリトリスを愛撫される。
亜香音の愛撫は容赦なく繰り返され、葵は何度も歓喜の声をあげる。
「あんっ!・・・気持ちいい!・・・気持ちいいの!」
「マン汁がこんなにでてるわ・・・」
チュウ・・・亜香音の舌が、ねっとりとした愛液を舐めとる。
「はぁぁぁん!」
「舐めても、舐めても・・・いっぱい出てくるわ!」
「あっ!・・・あっ!・・・あっ!」
「気持ちいいの?・・・もっとして欲しい?」
「あぁぁん・・・もっと!・・・もっと!」
「もっと舐めて欲しいの?・・・オマンコもっと舐めて欲しいのね?」
「うん・・・舐めて!・・・葵のオマンコ、もっと舐めて!」
亜香音の舌が、激しく這い回る。
「あぁぁぁぁ・・・イク!・・・イク!」
亜香音の舌が、さらに激しくクリトリスを刺激する。
「あぁぁ!・・・ダメ!・・・イク!・・・イッちゃう!・・・イクッ!!!!」
葵は大きな声を上げると、腰を大きく突き出しながら足はビクビクと痙攣させ、絶頂を迎えた。

亜香音は、葵の股間から顔を上げ、ぐったりとした表情の葵の顔を見つめ、優しく微笑んだ。
「気持ちよかった?」
「うん」
照れくさそうに葵は笑った。
マングリ返しの姿勢を解いてやりながら、葵の股間に垂れたネットリとした愛液を拭てやった。
「ほら、ビチョビチョよ」
「もう・・・」
はにかんだ笑顔を見せる葵に、亜香音はキスをした。
「私たち、これからも仲良くしましょうね」

第1話から読む

FC2 Blog Ranking





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。