FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

罰ゲーム(1)

「何してるの?・・・さあ、早く脱ぎなさい」
明美は、冷たく言い放った。

「でも・・・」
少しおびえた目をしながら、健太が言い訳を始めた。
「こんなところでするなんて聞いてないよ」

「もちろん、そうよ。場所なんて約束してないわよ・・・」
明美の薄い唇がにやりと笑った。
「だから、場所は私が決めるの・・・勝負に勝った私が決めるのよ」

「こんなところでできないよ・・・みんなが見てるのに・・・」

「男らしくないわね。期末試験の点数で勝負しようって言ってきたのは健太の方じゃなかったかしら・・・そして負けた方は、罰ゲームとして全裸になるという条件もね」

「そりゃ、そうだけど・・・」
確かに明美の言う通りだった。
学年でもトップクラスの健太と明美は、定期試験の結果もいつも競り合っていた。
そんな二人の間でいつしか始まったゲーム。それは、定期試験の結果で負けた方が罰ゲームをするというゲーム。
最初は、負けた方がジュースをおごるといった程度のものだった。
しかし、ジュースがお菓子やケーキになっていき、そのうちに、罰ゲームとしてエスカレートしていった。

明美のファーストキスは罰ゲームとして健太に奪われたし、健太の前で下着姿になったこともあった
もちろん、明美が勝った時は、健太のパンツ一枚の姿も拝ませてもらった。
ちなみに二人の暗黙のルールとして、身体には触れないこととしていた。

そんな時、健太は明美に提案したのだった。

「なあ、明美。今度の試験の罰ゲームだけどさ・・・」
「また、変なこと考えてるんじゃないの?」
「今度の試験で俺が勝ったら、明美の裸を見せてくれるってどう?」
「えっ・・・」
明美の頭に不安がよぎる。
(裸になるのか?・・・健太の理性が効かなくなって、襲われちゃうかも・・・)
「裸はまずいんじゃないの」
「大丈夫。見るだけだから・・・約束するよ」
(それならいいか・・・まあ、勝てばいいんだしね)
「じゃあ、私が勝ったら、健太も全裸になるってことよね」
「もちろんさ・・・まあ、俺が勝つから大丈夫だけどね」
「すごい自信ね・・・でも勝つのは私よ」
「じゃあ、交渉成立。今回の期末試験で負けた方は全裸になるってことで、ヨロシク!」
「いいわよ。受けて立つわ」

そういうことで始まった試験だったが、結果は僅差で明美の勝利だった。

FC2 Blog Ranking



罰ゲーム(2)

「いつまで、そうやってぐずぐずしてるつもりなの?みんな待ってるのよ」

健太は改めて周りを見渡した。
ここは明美が所属する女子バレーボール部の部室。そして、明美の友人3人が好奇心に満ちた表情で健太の様子を眺めている。

「さあ、負けたんだから約束通り全裸になってね」
「わかったよ・・・脱ぐよ」
紺のブレザー、ワイシャツ、そして白いTシャツを脱ぎ、健太は上半身裸になった。

クスクスと女の子の誰かが笑った。

「じゃあ、次はズボンよ」
「わかってるって言ってんだろ!・・・・ところで、なんでお前らがいるんだよ」
健太は3人の女の子に言った。
「私が誘ったのよ・・・悪い?」
「当たり前だろう・・・この罰ゲームは俺と明美の二人のゲームなんだぜ。なのに・・・・」
「私の身を守るためよ・・・健太が裸になって、もし興奮して私に襲い掛かってきたら困るもん」
「そんなことしねぇよ」
「そんなことわからないじゃない・・・それにこの子たちも男の子の裸に興味があるみたいだし・・・」
「そんなことないよ・・・」
「うそばっかり・・・健太のおちんちん、どんなのかなって言ってたじゃない」
「もう、明美やめてよ!」
「キャハハハ・・・」
女の子4人は恥ずかしさを隠すように、ひと際大きな声で笑った。
しかし彼女たちの視線は一時も健太の身体からは外れなかった。

「じゃあ、ズボンからどうぞ・・・なんなら手伝おうか?」
明美が茶化して言った。
「いいよ、自分で脱ぐよ」

健太はベルトを外しズボンと靴下を脱ぎ、トランクス一枚になった。
「おー!」
女性陣から声が上がった。

アダルトブログランキングへ



罰ゲーム(3)

「ここまでは前にも見せてもらったわよね」明美が言う。

「えー!」陽子が大きな声を上げた。
「明美と健太って、そんなことしてたの?」悦子が驚いて尋ねる。

「そう、最初は試験勉強を頑張るためのちょっとしたゲームだったんだけどね・・・だんだんエスカレートしちゃってここまで来ちゃったって感じね」

「じゃあ、明美が負けた時は、どこまでいったの?」加奈が興味深そうに言った。

「・・・ブラとパンティだけになったことがあるわ」

「すごーい!」3人が声を合わせて言った。

「明美と健太って、そんな仲だったんだ。知らなかったわ」
「そんなんじゃないって!」

「うそばっかり・・・女の子の下着姿を前にして、男子が我慢できるわけないじゃない」
「やっぱり、その後、エッチしちゃったってことかしら?」
「健太のおちんちん、どうだった?」
3人が口々に質問を浴びせかける。

「もう・・・だからそんなんじゃないって」ひと際大きな声で明美は言った。
「罰ゲームとして下着姿になっただけ。健太もそれを見ただけ。それ以外は何もないわ」

それを聞いて、陽子の右手がスッと挙がった。「じゃあ、質問!」
「健太に質問です。明美のそんな恰好を見て、健太はどう思いましたか?」
4人の視線が健太の顔に集中する。

健太はふてくされたように横を向きながら、言った。
「なんとも思わねえよ」
「うそー!」3人が声をそろえた。
「明美ってスタイルいいし、おっぱいも大きいし・・・興奮したんじゃない?」悦子が嬉しそうに健太に話しかけた。

健太は質問を聞きながら、明美の下着姿を見た時のことを思い出していた。

前回の試験結果がでた日の夕方、明美の家に行った。
母親は出かけていて、二人きりだった。
そして約束通り、明美は服を脱ぎ、ブラジャーとパンティだけになった。

大きく膨らんだ乳房を包む白いブラジャー。細くくびれた腰。そして大きく張り出した腰を包み込む白いパンティ。

少し恥じらいながら、それでいて凛とした明美の下着姿は神々しくて、健太はじっと見ることはできなかった。

しかし身体は正直だった。
健太のペニスはズボンの中でカチカチに勃起していた。
「明美、もういいよ・・・俺、帰るよ」
数分もしないうちに、明美の罰ゲームは終わった。


そんなことを思い出しながら明美の顔を見ていると、股間が熱くなってくるのを感じた。



第1話から読む

FC2 Blog Ranking



罰ゲーム(4)

「健太!」
明美の声に我に返った健太は、面倒くさそうに返事をした。
「なんだよ!」
「それはこっちのせりふよ。ボーっとしちゃってさ」

そんな二人に加奈が割り込んだ。
「まあ、まあ・・・そんなにケンカしないの・・・健太は、明美の下着姿を思い出してたんだから・・・ブラジャーに包まれた大きなおっぱい。そしてピンク色した可愛い乳首!」
悦子が茶化す。
「そして、パンティに隠された明美ちゃんの秘密の花園!」

女の子の達に茶化されて健太の股間に体中の血液が急速に集まり始めた。
「やだ・・・健太、ちょっと前が膨らんでるんじゃない?!」
「あっ!本当だ!」
「見て!すごいよ!段々大きくなってる!」

陽子の右手がスッと挙がった。「じゃあ、質問!」
「健太は明美の下着姿を見た日の夜、オナニーをしましたか?」
「キャー!陽子っていやらしい!」
「でも、絶対してるよね。男子が我慢できるはずないもの」

健太の顔をじっと見つめて、陽子が再度質問した。
「健太は明美の下着姿を見た日の夜、オナニーをしましたか?・・・イエス?・・・ノー?」
明美の顔をチラチラと見ながら、健太は小声で答えた
「・・・イエス・・・」

キャハハハ!と大きな笑い声が起こった。
「やっぱりオナニーしたんだ」
「明美のことを想像しながらおちんちん硬くして・・・」
「硬くボッキしたおちんちんを、シコシコとしごいて・・・」
「ドピューって、セーエキを発射させたのね」

「もう、そんな話やめてよね」明美は少し怒った顔で言った。
「ごめん、ごめん」女の子たちは笑いながら謝った。

そして、みんなの視線は大きく膨らんだ健太の股間に、再び集中した。

「健太・・・そろそろパンツ脱いでよ・・・罰ゲームになんないじゃない」
「何なら手伝ってあげようか?」
陽子の右手がスッと挙がった。
「じゃあ、みんなに質問です。健太のパンツを脱がすのを手伝ってくれる人はいますか?!」
「はーい!」
明美を除く3人に手が挙がった。
「じゃあ、決定!みんなで手伝ってあげましょう」
「せーの!」
3人は健太のトランクスをひっぱり下ろした。

健太の勃起したペニスはトランクスに引っかかりながら一旦下向きになったが、その後、ピーン!と跳ね上がり、姿を見せた。
「キャー!」
「すごい!」
女の子たちは嬉しそうに声を上げた。



第1話から読む
アダルトブログランキングへ



罰ゲーム(5)

「少し足を上げてね」
大きく勃起したペニスを嬉しそうに横目で眺めながら、陽子は健太に促した。
そして片方ずつ足を上げさせると、足首まで下ろしたトランクを脱がした。

「皆さん!」陽子は、その場にいる全員を見まわした。
「ようやく健太が全裸になりました。罰ゲームの完成です!」
パチパチと加奈と悦子が小さく拍手をした。
「しかも、健太君のおちんちんは、こんなに勃起しています!」
真っ赤に腫らした亀頭を包皮から覗かせたペニスを陽子は指さした。
「キャー!いやらしい!」悦子がカマトトぶって黄色い声を上げた。
「こんなに大きいの見たことなーい!」加奈が輪を掛けて歓声をあげる。

「明美はどうなの?」陽子が声をかける。
「これは明美と健太の罰ゲームなのよ。勝利の感想は?」
明美は戸惑った表情のまま口を開いた。
「勝ったのはうれしけど・・・」
「けど・・・なんなの?」
「私・・・こういうの苦手だし・・・」
「もしかして明美って、おちんちん見るの初めて?」
「う・・・・うん」
「なーんだ。そうなんだ」
「じゃあ、この際だからじっくり見せてもらったら」
「う・・・うん」明美は躊躇した。

そこに加奈が割り込んできた。「私も初めてなの・・・」
「うそばっかり!」悦子が反応する。
「本当よ・・・こんなに立派なおちんちんは初めて」と加奈が言う。
「じゃあ、加奈の彼氏のおちんちんは、これより小さいの?」
「これよりは短いかな・・・でも、すごく太いの」
「どれくらい太いの?」
「うーん・・・」加奈はしばらく考えてから、大きく口を開いた。
「何よ。それ」
「だから、私の彼氏のおちんちんの太さは、これくらいなの」そう言うと、再び口を丸く開いた。
「加奈・・・もう、いやらしいんだから・・・いつもしゃぶってあげるのね」悦子がニヤニヤしながら言った。
「結構太いわね」と陽子。
「そう、いつもアゴが疲れちゃうの」加奈は自分のアゴをさすりながら言った。

「加奈の彼氏に比べると、健太は長くてそれに硬そうよね」悦子は健太の股間に、すり寄ってきた。
「明美も近くに来てもっと見なさいよ」悦子は明美の手を引っ張ると、健太の股間の真ん前に座らせた。
女の子に間近に見られて、健太のペニスはピクンと大きく跳ね上がった。

第1話から読む

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。