FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀行窓口にて(1)

先日、口座開設のために銀行に行った。
窓口は相変わらず混雑している。
番号札を手にしてソファに座っていると、しばらくして僕の番号が呼ばれた。
「ピンポーン!24番の番号札でお待ちの方は1番カウンターへお越しください」

1番カウンターには若い女の子が座っていた。
「いらっしゃいませ」
「あの、新規に口座開設をしたいんですが・・」
「では、こちらにご記入ください」
女の子が申し込み書を差し出した。
僕は、女の子の視線を感じながら書き終えた。
「これで、いいですか?」
「はい、結構です。では、本人確認をさせていただきたいのですが・・・当行で本人確認をされたことはありますか?」
「免許証なら持ってますが・・・」
「いや、免許証ではだめなんです。・・・当行ではご本人自身のもので確認をさせていただいているんです。いわゆる生体認証といいますか・・・ご存じなかったですか?」
「・・・はい・・・」
彼女は少し戸惑った表情を浮かべた。

「あの・・・当行では本人確認を確実に行うために、またセキュリティを強化するためにこのような生体認証を採用しています。もちろん、関係省庁の認可も取っておりますので、誤解のないようにお願いします。」
僕は、関係省庁の認可という言葉に違和感を抱きながら質問した。
「で、どうすればいいんですか?」
「あちらの部屋で生体認証の登録手続きをしてください。」
彼女が指さす先には「生体認証室」とプレートのかかったドアがあった。それも青色のドアとピンクのドアの2部屋あった。
「えーっと。どっちの部屋ですか?」
「男性の方は青色のドアです。中にスタッフがいますので、その指示に従ってください」
僕は、さきほど一人の女性がこのピンクのドアを開けて入って行ったのを思い出した。あの時はトイレだと思っていたが違ったようだ。
「わかりました。青いドアですね」
「では、よろしくお願いします」
彼女は満面の笑顔を浮かべ、僕を送り出してくれた。

人気ブログランキングへ



銀行窓口にて(2)


青いドアを開けると、そこは病院の診察室のような部屋だった。
パソコンの置かれたデスクには白衣を着た女性が座り、その横には淡いピンク色のナース服の若い女性が立っていた。

銀行窓口の横に診察室があるなんて聞いたことがない。
僕が戸惑っていると、看護婦らしき女性が声を掛けてくれた。
「久保さんですね?生体認証の新規登録ですよね。さあ、こちらへお座りください」
僕は、白衣を着た女性の前に置かれた丸椅子に腰掛けた。そして改めて女性の顔を見る。
細身で小さな顔。眼鏡をかけ、きりっと引き締まった表情。30代後半ぐらいだろうか。まさに女医といった雰囲気を醸し出している。
一方、看護婦の方は20代だろう。丸顔でまだ少しあどけなさが残る。ぽっちゃりとしていて、ナース服の胸元とお尻が大きく張り出している。

「驚かれましたか?」女医が口を開いた。
「え、ええ」
「窓口でお聞きになったかと思いますが、当行では本人確認を確実に行うために、高度な生体認証を採用しています」
「はい。それは聞きましたが・・・」
「それで・・・」女医は一呼吸を置いた。
「当行で採用しているのは、体液による生体認証です。」
「体液?」
「ええ。体液・・・。はっきり申し上げると男性の方には精液による生体認証をすることになります」
「えっ!」
「驚かれるかもしれませんが、関係省庁の認可も取っておりますのでご安心ください。ちなみに私は、医者でもあり、当行の社員でもあります。」
壁には「白石尚美」と書かれた医師免許が掲示されていた。

「じゃあ、始めましょうか・・・まずは診察服に着替えていただきます。吉田さん、よろしく」
「こちらへどうぞ」
吉田と呼ばれた看護婦は、クリーム色の診察服を手に奥へと歩き出した。
衝立で見えなかったが、奥にもうひとつ部屋があり、吉田さんはそのドアを開けた。
「さあ、どうぞ」
中に入ると、そこはホテルのシングルルームのような作りだ。ベッドが一つ、テレビが一台置いてある。壁紙も照明もまるでビジネスホテルのようだ。

「銀行の奥に病院やホテルがあるなんて、ビックリされたでしょう?・・・私、吉田エリナと言います。よろしくお願いします」
看護婦の吉田エリナはにっこりとほほ笑んだ。
「じゃあ、久保さん。この服に着替えていただけますか?」
「はい。わかりました」
エリナは微笑みながら僕に近づいてきた。
「久保さんが着替えるのをお手伝いします。さあ、まずは上着を脱いでください」
「いや、自分でできますから・・・」
「誤解しないでください。これはきちんと決められた手順なんですよ」
エリナはむっちりとした身体を僕の身体に密着させるようにしながら脱がしてゆき、まずは上半身を裸にした。

「じゃあ、次はズボンです」
僕の前に跪いたエリナの胸元から、巨乳の谷間がくっきりと見えた。いつの間にか、ナース服の胸ボタンを開けていたのだ。
「そんなにジロジロ見ないでください」
エリナは恥ずかしそうに言いながら、僕のズボンを脱がす。
僕は勃起しそうになるのをこらえる。
エリナに靴下も脱がされトランクス一枚になった僕に、エリナが診察服を着させてくれた。
「じゃあ、先生を呼んできますので、しばらくお待ちくださいね。」
エリナはにっこりとほほ笑みながら、部屋から出て行った。

(第1話はこちら)


FC2 Blog Ranking


銀行窓口にて(3)

「お待たせしました」
女医、白石尚美と看護婦、吉田エリナが戻ってきた。
「じゃあ、始めましょう。久保さん、診察服を脱いで裸になってください。吉田さん、手伝ってあげて」
エリナは僕の診察服を脱がすと、そばにあった椅子に掛けた。
「じゃあ、失礼しますね」
エリナがトランクスを脱がした。

銀行口座を作りに来たのに、女性の前で裸になっていることに、僕は不思議な気持ちになった。さらに不思議なのは、僕のペニスがちっとも勃起していないことだった。
週刊誌のグラビアを見ただけでもすぐに勃起するほど敏感な僕のペニスは、なぜか小さく縮んだままだった。

「じゃあ、ベッドに横になってください。」
ベッドに僕は横になった。
「ペニスをきれいにするんで、脚を開いてください」
エリナは僕の両脚を大きく開き、その間に身体を入れてきた。そして僕の縮んだペニスを濡れたタオルで丁寧に拭いた。

「それは、今から精液を採取します。射精しそうになったら言ってください」
女医の白石尚美はそう告げると、ベッドに腰を掛け僕の小さなペニスに手を触れた。
最初はフニャフニャの陰茎を指先で扱いていたが、一向に硬くならない。
「緊張してます?」
「ええ、少し・・・」
「リラックスしてくださいね」
次に尚美先生の指先は、亀頭をこねくり回し始めた。
「気持ちいいですか?」
「ええ・・・」
気持ちはいいのだが、勃起する気配がない。
「最近、射精したのはいつですか?」
「昨日です」
「それはSEX?それともオナニー?」
「オナニーです・・・」
尚美先生は僕のペニスを触りながら質問を続ける。
「オナニーするときは、やっぱりHな本やDVDを見るの?」
「パソコンでHな動画を見ることが多いですね」
「あなた、おっぱいが大きい子が好きでしょう?」
「えっ!なんで?」
「だって、さっきからエリナの方ばっかり見てるもの」
でも、それは仕方がない。
ベッドサイドに腰かけて尚美先生にペニスをしごかれている僕を、両脚のあいだから覗き込んでいるのだから。しかも、胸の谷間を見せつけるようにしながら。

「エリナ・・・久保さんがエリナのおっぱい見たいんだって。協力してあげて」
「はい、先生。わかりました」
エリナは躊躇することなく、するすると淡いピンク色のナース服を脱いだ。
ナース服の下には、ピンク色のブラジャーとパンティしか身に着けていなかった。
「久保さん、どう?・・・大きいでしょ?エリナのおっぱい」
確かに、見事なまでの巨乳だ。
「エリナ、ブラジャーも取ってあげて。そうしないと、久保さんのおちんちん大きくならないみたいだから」
「しかたないですね」
エリナは背中に手を回し、ホックを外した。
「久保さん、よく見ててくださいね」
肩ひもをずらすと、少し恥ずかし気にブラジャーを外した。
すると、丸くて大きな柔らかそうなおっぱいが現れた。
それを見て僕のペニスは一気に硬くなった。

第1話から読む

人気ブログランキングへ



銀行窓口にて(4)

「エリナ見て・・・久保さんのおちんちん硬くなってきたわよ」
さっきまで指先で扱いていた尚美先生だったが、勃起したおかげでしっかりと手のひらで包み込むように握ってくれた。

ピンクのパンティ一枚になったエリナは、僕の横に添い寝をした。
「私のおっぱいを見て、もっと硬くしてください」
柔らかそうな大きな乳房が、僕のすぐ目の前にあった。思わず、手を伸ばしかけたが、ここが銀行であることを思い出し、手をひっこめた。

「もう、すっかり勃起しましたね」
確かに、十分すぎるほど、硬く勃起していた。

尚美先生は白衣のポケットからコンドームを取り出した。
「これは精液採取用のコンドームです。ちょっと失礼しますね」
先生は手慣れた様子で、コンドームを僕のペニスにクルクルと装着した。
「さあ、この中に射精してくださいね」
尚美先生は再び、扱き始めた。
シコシコ、シコシコ・・・

突然、ドアをノックする音が響いた。
「誰かしら?・・・ちょっと待っててね」
尚美先生はペニスから手を離すと、ドアの方へと歩いて行った。そしてドアを少し開け、誰かと小声で話をすると、
「わかったわ。すぐに行きます」
と返事をしてドアを閉めた。

「ごめんなさいね。ちょっと急用なの・・・あとは吉田さんお願いね」
「はい。先生」
尚美先生は、足早に部屋を出て行った。

「先生、お忙しいから・・・じゃあ、続けましょう」
エリナは上半身を起こすと右手を伸ばして、僕の股間に触れた。
しかし中断したせいで、ペニスはすっかり柔らかくなっていた。
「また、硬くしてくださいね」
エリナは僕のペニスを扱き始めたが、一旦小さくなったペニスはなかなか硬くならなかった。
僕は目の前のエリナのおっぱいを見ながら、いやらしい気持ちになろうと努力したがなかなか思うようにはいかない。
「おかしいなあ・・・」

エリナは僕の顔を見ると、すこしあきらめたような表情で言った。
「少しなら触ってもいいですよ」
僕は、エリナの乳房に手を伸ばした。
思っていた通り、柔らかくて弾力がある。両手にあふれるほどの巨乳を揉みしだいた。
「ほーら。おちんちんが硬くなってきましたよ。」
エリナは、右手でしっかりとペニスを握ると上下に扱き始めた。
「痛くないですか?」
「はい、大丈夫です」

エリナの右手は一定の速度で扱きながら、左手の指先で僕の乳首を刺激する。
「ふふふ・・・ここも硬くなってるよ」
僕も負けじと、エリナの乳首を摘まんだ。
「あん!」
かわいい声が漏れる。
僕はさらにコリコリと責め立てる。エリナの乳首が硬くなる。
「もう、久保さんったら・・・だめですよ」
そういいながら拒む様子はなかった。

第1話から読む

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

銀行窓口にて(5)

「私じゃなくて、久保さんが気持ちよくなってくださいね・・・いいですか?・・・そろそろ、射精しそうですか?」
「いや、まだですね」
「もっと早くしごいた方がいいですか?それとも・・・」
「あの・・・もっと近づいてもらっていいですか?」
「もう・・・しかたないですね」
エリナのおっぱいが、すぐ目の前に来た。
思わず僕は、その大きな乳房の間に顔を埋めた。
エリナも押し付けるようにしてくれた。
柔らかいおっぱいを頬に感じながらペニスを扱かれる。
「さっきより、硬くなりましたよ」
「ええ、気持ちいいです」

僕は顔をずらしエリナの乳首を見つけると、舌先でペロペロと舐めた。
「はぁぁん!そんなことしたら、私が気持ちよくなっちゃいます!」
僕は乳首を口に含んでチュッ、チュッと吸った。
「気持ちいい!・・・おっぱい気持ちいいの!・・・久保さんも気持ちよくなって!」
エリナの扱くスピードも速くなる。
僕は射精感が急速に高まる。
「気持ちいいよ・・・そろそろイキそうだよ・・・」
「イキそう?・・・イキそうなの?」
「あっ!・・・イクよ!・・・イクよ!」
「イッて!・・・いっぱい精液出してね!・・・お願い!」
ドピュー!ドピュー!
エリナのおっぱいに顔を埋めたまま、僕はコンドームの中に射精した。

ガチャ!
突然ドアが開いた。
「二人とも、声が大きいわよ」
尚美先生が苦笑しながら入ってきた。

僕の顔の上に覆いかぶさるようにしていたエリナが、身体を起こした。
エリナの乳首は、僕の唾液で濡れていた。

「吉田さん。・・・射精が終わったらコンドームを外して、試験キットの中に入れてから、検査室のスタッフに渡してきてね」
「はい、先生」
少し小さくなったペニスからコンドームを外すと、用意していた小さなガラス瓶に入れ封をした。
エリナはブラを付け直しナース服を着ると「検査室に提出してきます」と言うと、ドアへと向かった。
「吉田さん、ありがとうございます。」
僕はエリナに声を掛けた。
エリナは振り返ると、満面の笑みを浮かべ、部屋を出て行った。

「ところで久保さん・・・」
「はい、何ですか?」
「無事射精できてよかったですね」
「はい、ありがとうございます」
「そうよね、女の私から見ても、エリナのおっぱいは魅力的だわ・・・それに比べて私は・・・」
「そんなことないですよ」
「うそばっかり。私じゃ、全然勃起しなかったくせに」
「いや、それは・・・」
「ハハハ・・・いいのよ。次に採取する機会があったら、今度こそは私がいっぱい射精させてあげるわね」
「今度って?」
「定期預金の口座を開いたり、大金を下ろしたりするときは、再採取が必要よ」
尚美先生が妖しく微笑みながら教えてくれた。
「じゃあ、身支度を整えてから、窓口前のソファでお待ちください。本人認証の手続きが完了したらお名前をお呼びしますから」
尚美先生は、部屋から出て行った。

**********

それから15分ほど待っていると、名前を呼ばれた。
窓口に行くと、最初に対応してくれた若い女性がいた。
「お待たせしました。本人確認の手続きが無事終了しました」
新しい通帳とキャッシュカードを渡してくれた。
「本日はありがとうございました。」
「ところで・・」
僕は思い切って聞いてみた。
「本人認証って・・・初めてだったんだけど・・・」
「びっくりされたでしょう?でも医学的にも認められた正しい方法なんですよ。・・・実は私も最初は驚きました。それに恥ずかしいし・・・」
「えっ!恥ずかしい?君が本人確認するの?」
「ええ。アシスタントの方は社員が交代で担当してるんです」
「あの吉田さんも社員なの?」
「そうです・・・もちろん、事前に生体認証の方法について、社内研修を受けるんですよ。講義を受けてテストもありますし・・・もちろん実地研修もあるんです」
「実地研修ねえ・・・」
僕は目の前の彼女が実地研修をしているところを想像した。
「えー。そのほか、お聞きしたいことはありますか?」
「いや・・・ありがとう」
「本日はありがとうございました」
彼女は立ち上がると、深々とお辞儀をした。
座っているときは気付かなかったが、意外に大きな胸をしていた。

この銀行を選んで本当によかったと僕は思いながら、家路についた。

第1話から読む

人気ブログランキングへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。