FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

ブルーパンティ(1)

その日の午後、アキラは一人で家にいた。
家族は全員出かけていたが、高校の期末試験期間中だったアキラだけは家に残って試験勉強をしていたのだ。

そんな時、玄関のチャイムが鳴った。
ドアを開けると、隣の家の柴田さんの奥さんが顔を覗かせた。
「こんにちは」
「あぁ、アキラくん、こんにちは・・・お母さんいる?」
「今日は、みんな出掛けてるんです・・・僕ひとりだけ留守番なんですよ」
「あら、そう・・・困ったわね」
柴田さんは何か思案しているようであった。
「帰ってきたら、何か伝えておきましょうか?」
「いや、そんなんじゃなのよね・・・」
小さな声で、独り言のようにつぶやいていたが、意を決したようにアキラの方に向き直り、話し始めた。
「アキラ君、実はね・・・洗濯物がアキラ君の家の裏庭に落ちちゃったの。だから取ってきて欲しいんだけど・・・」
「なんだ、そんなことですか・・・いいですよ。で、洗濯物ってなんですか?」
「えーっと・・・見ればわかるから・・・ここで待ってるから、早くお願いね」
「わかりました・・・じゃあ、ちょっと待っててください」

アキラが裏庭に行ってみると、芝生の上に薄青色の布きれが落ちていた。レース模様の入ったハンカチのようにも思えた。
しかし、近づいてみるとそれは綺麗なブルーのパンティだった。
高校生のアキラは、急に胸がドキドキしてきた。
母親がいつも履いているベージュ色のパンツなら見たことはあるが、それとは明らかに違っていることはすぐにわかった。
アキラは後ろをそっと振り返り、玄関からは見えないことを確認すると、パンティを摘まみ上げ、両手で広げてみた。
横と後ろの部分は細いひも状になっていた。いわゆるTバックだ。そして綺麗な花柄のレース模様が施されてる布切れの面積はとても小さく、しかもレース部分は透けている。これでは陰毛は丸見えだ。
アキラは、玄関で待っている柴田さんのことを考えた。
(柴田さんのところには子供がいないので、このパンティは柴田さんのものだ。間違いない。たしか40歳は超えている思うが、こんなセクシーなパンティを穿いているのか)

アキラは、セクシーなブルーのパンティを見つめながら、頭の中で柴田さんのことを想像し始めていた。

第1話から読む

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


ブルーパンティ(2)

アキラは無意識のうちにパンティを裏返し、クロッチ部分を見た。そしてそっと顔に当て、匂いを嗅いだ。
洗濯後なので、汚れも匂いもついているわけではないが、高校生のアキラにとってはそれでも十分だった。
ムクムクと膨らんでくるペニスをジャージの上から擦りながら、クンクンと青いパンティの股間部分を嗅ぎ続ける。
アキラの熱い吐息でクロッチ部分が湿ってくると、柴田さんの香りが立ち上ってくるような気がして、ますます興奮する。
鼻と口にパンティを押し当てながら、さらに硬くなった股間を激しく擦る。
たまらずジャージの中に手をいれ、完全勃起したペニスを握る。亀頭の先からはすでにカウパー氏腺液が溢れているのが分かる。
アキラは最高潮に興奮し、射精感が押し寄せてきた。イキそうだ。

「アキラくん、何してるの!」
アキラが振り返ると、そこには、怒った顔をした柴田さんが立っていた。
「あっ!・・・」アキラは慌ててジャージの中から手を出したが、完全にばれているのは明白だ。
パンティを顔に擦りつけながら、ジャージの中に手を入れ股間をしごいてるのだから。
柴田さんは近づいて来ると激しい口調で言った。
「何してるのよ!こっちを向きなさいよ!」
アキラは渋々、柴田さんの方に向き直る。
「まぁ・・・」柴田さんは思わず声を上げた。そして、ペニスの形がはっきりとわかるほど大きく膨らんだアキラの股間に、柴田さんの視線はくぎ付けになった。
アキラも股間を凝視されていることに気付き、右手で股間を隠しながら、パンティを持った左手を前に突き出した。
柴田さんはふと我に返った。
「返して・・・」
柴田さんはアキラの左手から青いパンティを奪い取り、ポケットにしまい込んだ。
「アキラ君のお母さんにも報告するからね!」
「えっ!・・・それだけはやめてよ・・・」アキラは焦った。
しかしアキラの声を無視するように、柴田さんは帰って行った。


「ああ・・・どうしよう・・・お母さんに怒られちゃうよ・・・柴田さん、ずいぶん怒ってたな・・・」
その一方で、青いパンティのことも頭を離れない。
「柴田さんって、あんなパンティ履いてるんだ・・・」
再びペニスが硬くなってくる。
「いや・・・こんなことをしてる場合じゃない。お母さんに報告される前になんとかしなくちゃ・・・やっぱり、謝りに行った方がいいよな」
アキラは意を決して、隣の柴田さんの家に行った。

(第1話から読む)

人気ブログランキングへ



ブルーパンティ(3)

ピンポーン
「はーい」
「あの・・・アキラです・・・さっきの事なんですけど・・・ちゃんと謝ろうと思って・・・」
「・・・ちょっと待ってね」

しばらくしてドアが開き、柴田さんが顔を出した。
さっきほど怒ってはいないようで、アキラは内心ホッとした。
「ここじゃ、なんだからとりあえず上って」
「お邪魔します」

リビングルームに案内され、ソファに座るように勧められたが、座るわけにはいかない。謝罪しにきたのだから。
アキラは深々と頭を下げた。
「さっきは、すみませんでした・・・もう二度としません。」
「まあまあ・・・さっきはおばさんも怒りすぎたわね。・・・座って話をしましょう」
「いや、許してもらうまで座るわけにはいきません。・・・それに・・・お母さんにだけには言わないでください。お願いします」
アキラはさらに身体を深く折り曲げた。
「仕方ないなぁ・・・じゃあ、さっき何をしてたのか正直に話してくれたら、お母さんには内緒にしてあげるわ」
「えっ!」アキラは顔を上げ柴田さんの顔を見た。
柴田さんの顔はいつもの優しい顔に戻っていた。
「じゃあ、正直に話すのでお母さんには絶対内緒にしてくださいね。・・・」
「いいわよ、全部正直に話したらね・・・だから座って話を聞かせて」
促され、遠慮がちにソファの端にアキラは座った。そしてその横に柴田さんが座った。

「じゃあ、さっきアキラ君がしてたこと、おばさんに話してちょうだい」
そう言いながら、青いパンティをポケットから取り出した。
「アキラ君。このパンティ、拾ってくれた後に何してたのかな?」
「はい・・・拾ってみたらパンティだったので、つい・・・」
「つい・・・どうしたの?
「・・・匂いを嗅ぎました」
「どんな風に?・・・やってみて」
柴田さんは青いパンティをアキラの鼻先に突き出した。
「えーっと・・・」躊躇するアキラ。
「さあ、やって見せてね。正直にしないとお母さんに報告しちゃうよ」
アキラは渋々受け取ると、パンティを広げながらクロッチ部分露わにすると顔に押し当てた。
「まあ・・・いやらしい!」柴田さんは少し笑いながら顔をしかめた。
「もう、正直に言ったんだから、許してくださいよ」
「あら、そう?・・・・アキラ君がしてたこと、ぜーんぶ話してくれたかしら?」
柴田さんは、身体が触れるほど近づいてきた。

(第1話から読む)

アダルトブログランキングへ



ブルーパンティ(4)

「ぜーんぶ正直に話してよ・・・じゃなきゃ・・・わかってるでしょう?」
柴田さんの顔が更に近づき、アキラの耳元で囁いた。
「私のパンティの匂いを嗅ぎながら、何をしてたのかしら?」
柴田さんの手がアキラの右手に触れた。
「私、見てたのよ。アキラ君がズボンの中に手を入れてたところ・・・あれは何をしてたのかな?」
「それは・・・」
「フフフ・・・恥ずかしくて言えないの?・・・じゃあ、こっちに聞いた方が早いかな?」
すでに硬くなり始めているアキラの股間を、柔らかい手が弄る。
「あの・・・おばさん、やめてください・・・」アキラは戸惑いながらも抵抗する。
「あらやだ・・・おばさんだなんて・・・私、美紀子って言うのよ」
「美紀子さん、やめてください・・・」
「全部正直に言う約束でしょ・・・やめて欲しかった正直に言いなさい。私のパンティの匂いを嗅ぎながら、自分でこんな風にしてたでしょう?」
ジャージ越しではあるが、くっきりと浮かび上がったペニスの形に沿って、細い指が何度も上下にしごき上げる。
「は、はい・・・してました」
「正直に言えたね・・・こうやってしごいてたよね」淫靡な微笑みを浮かべながら、なおも股間を弄り続ける。
「もう・・・もうやめてください・・・」
「やめるの?・・・でも、すごく大きくなってるわよ・・・興奮してるのね・・・」
恥ずかしさと気持ちよさで苦悩するアキラの顔を見ながら、美紀子は亀頭部分をこねくりまわす。
「もっと気持ちよくなりたいでしょ?」
アキラの股間を触りながら、美紀子はソファから床に移動すると、アキラにはソファに横たわるように促した。
「窮屈そうね」
大きくテントを張っているジャージの股間を見て、そう言いながらジャージを脱がそうとする。
「ダメです・・・」アキラは脱がされまいと抵抗する。
「そう?・・・本当にこのままでいの?・・・ほら、これもあるわよ・・・」
いつの間に床に落ちていた青いパンティを拾い上げ、アキラの顔の上にのせた。
「あっ・・・」
パンティのレースの肌触りに反応し、アキラのペニスがビクンと大きく首を振りあげた。

(第1話から読む)

FC2 Blog Ranking

ブルーパンティ(5)

「ほら・・・ここは正直ね」美紀子は強引にジャージとパンツを一気に脱がし、アキラの股間は露わにされてしまった。
「ダメだって・・・」アキラは恥ずかしそうに言った。
「はずかしい?・・・可愛いね・・・」
美紀子に見つめられ、アキラは顔を背けた。しかし大きく勃起したペニスは、ピクン、ピクンと反応し続ける。
「立派なおちんちんよ・・・」
すっかり皮が剥けたペニスを、美紀子は嬉しそうに眺める。
「気持ちよくなりたいでしょ?」
そんなペニスを美紀子はそっと握り上下にしごき始めた。そして、昔の頃を思い出していた。

アキラのことは幼稚園のころから知っている。夏になると庭にビニールプールをだして、入っていたわね。アキラはまだ小さかったから海パンも履かずフリチンだった。小さなおちんちんをプルプルさせていた。でも、久しぶりに見たアキラのおちんちんは、陰毛もモシャモシャと生え、皮も剥けてすっかり大人のチンポになった。この年頃だと毎日オナニーをしてるのだろう。今日だって、私が声を掛けなかったらパンティを顔に当てたまま射精していたはずだ。高校生だと、いっぱい飛ぶんだろうな。

そんなことを考えながら、扱きつづける。
「アキラくんのおちんちん、すごく硬くなってる」
いつしか扱くスピードが速まっていく。
アキラは、押し寄せる快感に身をくねらせる。
「あっ!・・・だめ、だめ!」

美紀子はペニスから手を離した。まだイクには早すぎる。
快感の波をやり過ごしホッとしたアキラの顔を眺める。
「どうしたの?」美紀子はわざと聞いてみる。
「・・・」アキラは恥ずかしそうに無言でかぶりを振った。
「可愛いね・・・」
微笑みながら美紀子は、亀頭の先からあふれ出る透明な液を指先でくるくると亀頭に擦り付ける。
「敏感だね・・・もっとして欲しいでしょう?」
今度は、舌を出し、亀頭の先をペロリと舐める
「どんな気持ち?」笑顔でアキラの顔を見る
アキラは再び押し寄せてくる快感に耐えるため瞳を閉じる。
「フフフ・・・気持ちいい?」
美紀子はペニスを咥えこんだ。そしてわざとジュルジュルと唾液の音をたてながら、唇で扱き上げた。

(第1話から読む)

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


次のページ