FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりで残業していたら(1)

とある日の午後のことです。
明日、開かれる幹部会議資料のために、一日中私はデータ集計作業をしていました。夕方にはようやく出来上がり、やれやれという時に、なんとパソコンが故障してしまい作成していたデータファイルが壊れてしまいました。
上司に報告したところ、明日の会議には絶対必要なデータだということなので、残業をして集計をやり直すことにしました。
実は、その夜は恋人の大樹とのデートの約束があったのですが、しかたないのでそれはキャンセルです。

終業後、事務所に残って作業を始めました。
パソコンを調べてみると、いくつかのファイルは無事だったので、それらを使うと数時間で集計は終わりそうでした。
上司にそれを告げると、ほっとした様子で「じゃあ、あとはよろしく」と帰って行きました。
他の社員も全員退社して、ひとりパソコンをたたいていると、集中しているおかげで意外に早く終わりました。
とは言うものの、もう10時を過ぎていました。

「せっかくのデートだったのになぁ」私は大樹の事を思いました。
大樹とは付き合って半年になります。お互い仕事があるので平日は時々しか会えませんが、週末には大樹の住むマンションに行って一緒に過ごします。私は彼のことが大好きですし、彼も私のことを愛してくれます。
正直に言うと、大樹のマンションで一緒にいる時は殆どベッドで過ごします。そして、何度もSEXをします。身体の相性がいいというのでしょうか。彼は何度も私を求め、私もそれに応えてしまいます。
ちなみに、私は彼のおちんちんが大好きです。そんなに大きくはないけれど、とても硬いのです。勃起するとカチカチになります。おへその方まで反り上ったカチカチのおちんちんを、手で下げてから離すとバネみたいにビンッ!と跳ね上がります。彼は少し痛そうですが、私は大好きです。だから、いっぱい触ってあげるし、いっぱい舐めてあげます。

でも彼が一番喜ぶのは、やっぱり私のオマンコに挿入することです。
私もおちんちんを挿入されるとすごくうれしいです。
私は特に騎乗位が好きです。彼の上にまたがり、ビンビンに硬くなったおちんちんをオマンコの中に入れていく感触は最高です。そして、彼の顔を見ながら腰を振っていると自分がとても淫乱な女の子の様な気がしてきます。
いやらしい愛液をダラダラと垂れ流す私のオマンコ。
おちんちんと擦れ合いながらクチュクチュといやらしい音をたてるオマンコ。
あぁ・・・本当に私はいやらしい女の子なのです。

第1話から読む

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


ひとりで残業していたら(2)

そんなことを想像していると、私は我慢できなくなりました。
私は改めて部屋の中を見渡しました。もちろん私以外は誰もいません。
それを確認すると、私はスカートをたくし上げ、パンティを膝まで下ろしました。右手の中指を根元まで口に咥え、たっぷりと唾液で湿らすと、オマンコの襞にあてがいました。割れ目がすっかり濡れているのを感じながら、中指をオマンコの中にゆっくりと入れました。
「あぁぁん・・・」思わず声が漏れてしまいます。
残業がなければ、今頃は大樹とSEXをしていたはずです。硬いおちんちんを挿入され、腰を振りながら、大きな声で喘いでいる自分を想像ながら、指を動かし始めました。

膣壁をかき分けるようにしながらゆっくりと奥まで挿入します。そして少し指を曲げ、内壁を擦るように引き抜く。再び挿入し、内壁を擦るように引き抜く。
(大樹のおちんちんが、私のオマンコに入っている!)そう思いながら、何度も何度も指を挿入します。
「はぁん・・・気持ちいい!」
Gスポットというのでしょうか。オマンコの中で、特に感じる場所があるのです。そこを指の腹でこすりながら、私は夢中でオナニーを続けました。

私は、段々大胆になっていきました。
まず、膝で引っかかって邪魔になっているパンティを脱ぎ、ブラウスのボタンも外しました。そして椅子の背もたれに身体をあずけると、スカートを上までたくし上げると大きく脚を開きました。天井の蛍光灯が私のオマンコを煌々と照らします。
まずは左手で乳房を触ります。Fカップの自慢のおっぱいです。私のおっぱいは敏感なので、すぐに乳首が硬くなります。私はブラジャーをずらすと乳首を指でコリコリと摘まみました。
「うっふーん・・・」

再び、右手の中指をオマンコに入れました。少しねっとりとした愛液で、すっかりぐちょぐちょです。指を出し入れするたびにクチャ、クチャっといやらしい音がします。
興奮度は高まり、指のスピードも速くなります。
「あん、あん、あん・・・・」
声も大きくなりますが、もう気になりません。だって私ひとりしかいないんですもの。

「ガチャン!」背後で大きな音がしました。
私は心臓が止まるほどびっくりしました。
反射的に股間の手を引き抜いて、椅子から立ち上がって振り返りました。
そこには、先ほど帰ったはずの上司が大きく目を見開き、立っていました。
(しまった!)
いつからそこに立っていたのでしょうか。私がしていたことをどれ程見ていたのでしょうか。
しかし、もう遅いのです。私のオナニーは見られていたのです。

第1話から読む

人気ブログランキングへ



ひとりで残業していたら(3)

私は頭が真っ白になりました。
ブラウスのボタンは全開で、ずらしたブラジャーからおっぱいがはみ出ています。机の上には脱いだパンティが置いたまま。きっと顔は紅潮し、髪は乱れていたでしょう。もしかするとよだれを垂らしていたかもしれません。

そんな姿で立ちすくむ私の方に、上司はゆっくりと近づいてきました。
(もう、おしまいだ。会社をクビになるんだわ。どうしよう。)
そこで、私は気づきました。彼のパンツの股間が大きく膨らんでいることに。
(もしかして、ここでさヤられちゃうかも・・・ああ、どうしよう)

上司は私のすぐ前に立ちどまり、口を開きました。
「データ集計作業は終わったのかい?」
「えっ!」
意外な言葉に私は面食らいました。
「・・・はい、終わりました。」蚊の鳴くような小さな声を、どうにか振り絞りました。
「それはご苦労様」私の乱れた姿は目に入っていないかのように、普通の声で言います。
「ありがとうございます」私はだんだん冷静になっていきました。
(二人しかいないこの状況を、他人から見られると不利なのは男のほうだ。「事務所に戻ってきたら女子社員が半裸でオナニーしてました」なんて誰が信じるだろうか。だから、無視しているんだ。・・・でも後になって、私は脅されるかもしれない。あの夜のことをバラして欲しくなかったら、と言って・・・・)

少し落ち着きを取り戻した私は、改めて彼を見ました。平常心を装ったふりをしながら、視線は私のおっぱいをじっと見つめています。そして股間は相変わらず、大きく膨らんでいます。いや。よく見るとかなり大きく盛り上がっています。
(すごい!大きなおちんちんだ!)
私は再び股間が熱くなるのを感じながら、脳みそをフル回転で働かせました。会社をクビにならないためにはどうすればいいだろう?そしてもう一つ。あの大きなおちんちんを目の前にして、再び火照り始めた身体をどうやって慰めようかと。
(こうなったら、やるしかないわ!・・・大樹、ゴメンね!)

私は少し笑みを浮かべ、上司の顔を見ました。
「ここの事務所、夜になるとエアコンが停まるんですね。知りませんでした。もう、暑くて暑くて・・・」
私はブラウスを襟元を大きく開けて、Fカップのおっぱいがよく見える様にしました。
これには、上司もふいを突かれたようです。
「あっ・・・そ、そうなんだよね」
「本当に暑いですよね」
今度は、スカートの裾を大きくたくし上げ、仰ぐように大きく動かしました。彼には、私の陰毛がはっきりと見えたはずです。
すると、彼の表情が変わったような気がしました。冷静な上司から、いやらしい男へと。

第1話から読む

アダルトブログランキングへ


ひとりで残業していたら(4)

「君は、暑いと下着を脱ぐ癖があるのかい?」
「誤解しないでください。いつもはそんなことしません・・・でもなぜか、今日は・・・男の人もそんな日があるでしょう?」
私は一歩踏み出し、おっぱいが彼の身体にくっつくほど、近づきました。そして恥ずかしそうな表情をつくり、彼の顔を見上げました。

すると、彼は私の乳房に手を伸ばしました。
「や・・・やめてください」
本当は抵抗する気もないのに、一応言ってみました。
「いいだろ?俺もそういう気分なんだ・・・」
「お願い・・・やめて・・・」念のため、もう一度言いました。
「暑かったんだよね。汗でぐっしょりだよ」彼はそんなことを言いながら、私のおっぱいを弄りつづけます。
(もう、これで大丈夫かな。・・・私は抵抗したのに、彼が強引にしたのよ・・・)
「暑いから脱いじゃおうよ」
彼はそんなことを言うと、私のスカートを脱がしました。パンティーはすでに脱いでいたので下半身は丸出しです。
次いで、彼がスラックスとトランクスを脱ぎました。
(すごい!・・・大きい!・・・)
予想していましたが、やはり実際に見てみるとかなり大きいおちんちんです。
「大きい・・・」思わず小さな声でつぶやいてしまいました。
彼は満足気な表情を浮かべると、私の肩に手を置き、しゃがむようにうながしました。
しゃがんだ私の目の前には、そそり立った大きいペニスがありました。赤黒い亀頭、くびれたカリ首、血管の浮き出た太い竿。こんなに立派なおちんちんは初めてです。
(とても長いわ!)
まず、竿の根元の方を右手で握ってみます。まだまだ余裕で余っています。
次に左手で握ってみました。するとその先から亀頭が余裕で顔を出しています。

「舐めて・・・」彼が小声で囁きます。
「えっ・・・」少し戸惑うようなふりをしながらも裏筋をペロリと舐めあげると「あぁぁ・・・」と彼が吐息を漏らしました。
(結構、感じやすいのね)
2度3度と舐めあげていると、尿道口から透明な液がタラタラと流れ出してきました。
(ガマン汁もすごい・・・)
続いて、亀頭の周りのくびれた部分をペロペロと舐め回します。
「あぁぁぁ・・・気持ちいい・・・」彼は天井を仰ぎながら言いました。とても感じているようです。
今度は亀頭からすーっと下に下がっていき、竿の部分を舐めました。
「う、うぅぅ・・・」彼は唸りながら、ペニスをピクンピクンとさせました。
彼はとても敏感で、どこを舐めても感じるようです。

(じゃあ、咥えてあげるね・・・でもおっきい・・・)
そんなことを考えながら、私は口を大きく広げ、亀頭の先を咥えこみました。そして、ググッと亀頭全体を口の中に押し込みました。
(うわぁ・・・口の中がいっぱいだ)
私はそのままの状態でじっとしていました。だって、動かすと、オエッてなりそうだったからです。

第1話から読む

人気ブログランキングへ



ひとりで残業していたら(5)

しばらく亀頭を口に含んでいると、だんだん慣れてきたので、舌を動かして裏スジあたりを刺激しました。
「うぅぅ・・・」いきなり彼が吐息を漏らします。
唇を亀頭にピッタリとくっつけたまま、ニュルッと口から引き出しました。
「ふぅ・・・」相変わらず敏感なおちんちんです。
再び、亀頭を咥えこみます。
扱き上げながら、ゆっくりと口から入れたり出したりしました。
「ああ・・・・気持ちいい・・・」彼は少し大きな声を上げました。
大きなペニス全体を咥えることはできないので、亀頭を集中的に責め続けます。亀頭は唾液でドロドロになり、私の口の端からはよだれが垂れていきます。
クチュ、クチュ・・・
私の唇が亀頭のくびれを通過する度に、唾液でいやらしい音がします。
ジュル、ジュル・・・
そして、あふれ出る唾液をすする音が、もっともっといやらしい気持ちにさせます。

クチュ、クチュ・・・ジュル、ジュル・・・クチュ・・・ジュル・・・

(ああ、口が疲れてきた・・・そろそろ、私もアソコを舐めて欲しいな)
そう思った瞬間です。
「あっ!・・・イク!!」
ドピュッ!!ドピュッ!!・・・ドクドク!
突然、彼が射精したのです。
驚くほど大量のザーメンが、私の口の中に発射されました。
私は反射的にペニスを吐き出しました。しかしその後も、ドピュー!ドピュー!と精子は発射し続けます。彼は自分でペニスを扱きながら、私の口元に向かってまだまだ精液を飛ばします。
ビュー!ビュー
(す、すごい!!)
今まで体験したことがないくらい大量の精液が発射され、口の中はもちろん、顔からおっぱいにかけて、あっという間にドロドロのザーメンまみれになりました。

ドピュ!・・・・ピュ!ピュ!・・・トロッ・・・ツ、ツーッ・・・
しばらくして、ようやく彼の射精が止みました。

私は口の中のザーメンを手のひらにドロリと吐き出しました。
「もう・・・いきなり出すなんて・・・本当、最低・・・」思わず言ってしまいました。
「・・・ゴメン・・・」彼はバツが悪そうです。
「それも、こんなにたくさん・・・溜め過ぎよ!」
「本当に、ゴメン・・・でも、すごく気持ちよかったから・・・」
「ありがとう。・・・でも・・・私、無理やりさせられたのよね・・・」
「いや・・・だって、それは・・・君があんな姿でいるからさ・・・つい・・・」
「あらそう。・・・でもわたし、『上司に強引にフェラチオさせられました』って言っちゃうかも」
「それは、ないだろう。・・・もちろん、君が会社でオナニーしていたことは秘密にするからさ。お互いに秘密という事で・・・頼むよ」

「ふーん・・・いいわよ、でも条件があるわ。私の条件を了解してくれたら、秘密にしてあげる」
「その・・・条件ってなんだい」
「それはね・・・あなたのこれが欲しいの・・・」
少し萎んではいるものの、ダラリと垂れ下がった大きいおちんちんを私は握りました。
「えっ!」彼は複雑そうな顔をしました。彼の頭の中にはきっと、奥さんや子供の顔がちらつているに違いありません。
「断る気?・・・そんなことしないわよね」
「・・・も、もちろんさ。」
「じゃあ、交渉成立ね。・・・でも、今日はダメよ。もう遅いから・・・また連絡するわ」
「うん、わかった・・・でも今夜のことは絶対秘密にだからな」
「わかってるわよ。・・・あなたも奥さんにバレないようにね」

私はティッシュでザーメンを拭き取りながら思いました。
(大樹、ごめんね・・・でも、試してみたいの・・・大きなおちんちんを・・・)

第1話から読む

アダルトブログランキングへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。