FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★アクセス数ベスト10(2015年4月)★

★アクセス数ベスト10(2015年4月)★

4月のアクセス数 BEST10です。
興味があるものがあれば、ぜひ読んでみてください。

1位 友達のお母さん
(内容紹介)
おばさんは、僕の視線に気付き、右手で胸元を隠した。
「さっきから、知ってたわよ。・・・ずーと見てたでしょう?・・・おばさんのおっぱい」
僕は何も言えず、下を向いた。

2位 教師と母親
(内容紹介)
「どうですか、先生。・・・生徒の気持ちが少しはわかるようになりました?」
ぎこちない手つきで尻たぶを撫で回す酒田を見て、貴子のいたずら心の火が大きくなってゆく。

3位 主婦 柏木詩織
(内容紹介)
「透明というか、白っぽいような・・・どろどろした感じの・・・・そう!・・・ザーメンのように白い、どろどろした感じです。」
一瞬、診察室の空気が凍りついた。

4位 叔母さんとの秘密
(内容紹介)
「本当におっぱいが好きだね」
叔母さんは呆れたように言うと、自ら残りのボタンをすべて外し、前をはだけました。

5位 雅也の素敵な性活
(内容紹介)
「こういうサービスはいかがですか?」
手慣れた様子で美由紀は、雅也のズボンのボタンを外しチャックを降ろした。
「ふふふ・・・野村さんのおちんちん、見せてくださいね。」

6位 我が家のSEX
(内容紹介)
「麻美のここ・・・いっぱい濡れてるよ」
「もう・・・恥ずかしいこと言わないで」
そう言いながら、いつもより愛液が多いことに自分でも気づく。
旦那の指が、陰唇を触り始めた。

7位 高校教師 美咲と桃花
(内容紹介)
「女子生徒が見てる前でですか?・・・男子生徒も恥ずかしがるでしょう?」
「そりゃあ、恥ずかしがるよ。だって何人もの女子生徒の目の前で、シゴかれるんだから。・・・普通そんな経験ないもの。」

8位 居酒屋での出来事
(内容紹介)
「じゃあ・・・脱がしてあげるよ」
またしても桂子さんが手を伸ばして、ベルトに手をかけました。
「やめてください・・・」
「じゃあ、自分で脱ぐか、私に脱がされるか・・・どっちがいいの?」
3人の目は、僕の膨らんだ股間に注がれています。もう逃げられないと悟りました。

9位 女子高生 優香
(内容紹介)
優香は部屋の真ん中でペタンと座り、白いブリーフ姿の男性がまわりを取り囲んでいた。
少なくとも10人はいるだろうか。
男たちの股間は大きく膨らんでいる。何人かは、ブリーフの上から股間を触り続けている。

10位 コンドームの試着室
(内容紹介)
装着感はどうですか?この商品は非常に薄くできていますので、装着感があまりなく、感度は業界一と言われています。・・・えっ?使用感を試されたい?・・・わかりました。・・・では、私も失礼して下着を取らせていただきます。・・・どのような体勢がよろしいでしょうか。


FC2 Blog Ranking





★アクセス数ベスト10(2015年5月)★

5月のアクセス数 BEST10です。
興味があるものがあれば、ぜひ読んでみてください。

1位 友達のお母さん
(内容紹介)
おばさんは、僕の視線に気付き、右手で胸元を隠した。
「さっきから、知ってたわよ。・・・ずーと見てたでしょう?・・・おばさんのおっぱい」
僕は何も言えず、下を向いた。

2位 雅也の素敵な性活
(内容紹介)
「こういうサービスはいかがですか?」
手慣れた様子で美由紀は、雅也のズボンのボタンを外しチャックを降ろした。
「ふふふ・・・野村さんのおちんちん、見せてくださいね。」

3位 主婦 柏木詩織
(内容紹介)
「透明というか、白っぽいような・・・どろどろした感じの・・・・そう!・・・ザーメンのように白い、どろどろした感じです。」
一瞬、診察室の空気が凍りついた。

4位 叔母さんとの秘密
(内容紹介)
「本当におっぱいが好きだね」
叔母さんは呆れたように言うと、自ら残りのボタンをすべて外し、前をはだけました。

5位 我が家のSEX
(内容紹介)
「麻美のここ・・・いっぱい濡れてるよ」
「もう・・・恥ずかしいこと言わないで」
そう言いながら、いつもより愛液が多いことに自分でも気づく。
旦那の指が、陰唇を触り始めた。

6位 教師と母親
(内容紹介)
「どうですか、先生。・・・生徒の気持ちが少しはわかるようになりました?」
ぎこちない手つきで尻たぶを撫で回す酒田を見て、貴子のいたずら心の火が大きくなってゆく。

7位 居酒屋での出来事
(内容紹介)
「じゃあ・・・脱がしてあげるよ」
またしても桂子さんが手を伸ばして、ベルトに手をかけました。
「やめてください・・・」
「じゃあ、自分で脱ぐか、私に脱がされるか・・・どっちがいいの?」
3人の目は、僕の膨らんだ股間に注がれています。もう逃げられないと悟りました。

8位 無料宿泊体験
(内容紹介)
真央は、恥ずかしそうに左手で胸元のバスタオルを抑えながら、伏目がちに裸の弘樹を見た。
しかし、いやでも弘樹の身体の中心にぶら下がっているペニスに目が行ってしまう。
そんなには大きくないが、赤黒い亀頭がいやらしい。
真央の鼓動は激しくなる。

9位 由実の秘かな楽しみ
(内容紹介)
「・・・これが大好きなんだよね。・・・」
由実が取り出したのは、本物のペニスそっくりな肌色のディルドだった。
亀頭の形、陰茎の血管の様子、そして金玉まで、本当にリアルだ。

10位 コンドームの試着室
(内容紹介)
装着感はどうですか?この商品は非常に薄くできていますので、装着感があまりなく、感度は業界一と言われています。・・・えっ?使用感を試されたい?・・・わかりました。・・・では、私も失礼して下着を取らせていただきます。・・・どのような体勢がよろしいでしょうか。

FC2 Blog Ranking

★アクセス数ベスト10(2015年6月)★


6月のアクセス数 BEST10です。
興味があるものがあれば、ぜひ読んでみてください。

1位 友達のお母さん
(内容紹介)
おばさんは、僕の視線に気付き、右手で胸元を隠した。
「さっきから、知ってたわよ。・・・ずーと見てたでしょう?・・・おばさんのおっぱい」
僕は何も言えず、下を向いた。

2位 主婦 柏木詩織
(内容紹介)
「透明というか、白っぽいような・・・どろどろした感じの・・・・そう!・・・ザーメンのように白い、どろどろした感じです。」
一瞬、診察室の空気が凍りついた。

3位 我が家のSEX
(内容紹介)
「麻美のここ・・・いっぱい濡れてるよ」
「もう・・・恥ずかしいこと言わないで」
そう言いながら、いつもより愛液が多いことに自分でも気づく。
旦那の指が、陰唇を触り始めた。

4位 満員電車でおっぱいを
(内容紹介)
電車は大きく揺れ、僕たちの身体は少し横にずれてしまいました。
(マズイ!)と僕は思いました。
なぜなら、身体がずれたため、僕の左腕は彼女の右乳房に押し付けられた体制になってしまったからです。

5位 雅也の素敵な性活
(内容紹介)
「こういうサービスはいかがですか?」
手慣れた様子で美由紀は、雅也のズボンのボタンを外しチャックを降ろした。
「ふふふ・・・野村さんのおちんちん、見せてくださいね。」

6位 居酒屋での出来事
(内容紹介)
「じゃあ・・・脱がしてあげるよ」
またしても桂子さんが手を伸ばして、ベルトに手をかけました。
「やめてください・・・」
「じゃあ、自分で脱ぐか、私に脱がされるか・・・どっちがいいの?」
3人の目は、僕の膨らんだ股間に注がれています。もう逃げられないと悟りました。

7位 先生に見られながらの・・・(内容紹介)
はい。手をどけて、おちんちん見せてね。
あら! 元気がいいのね。
何もしないのに、もう半勃ちね。

8位 叔母さんとの秘密
(内容紹介)
「本当におっぱいが好きだね」
叔母さんは呆れたように言うと、自ら残りのボタンをすべて外し、前をはだけました。

9位 会議室にて
(内容紹介)
「じゃあ・・・僕は、毎日オナニーしますって言ってごらんなさい。」
「・・・僕は、毎日オナニーをします・・・」
「本当に声が小さいわね。・・・男でしょ・・・ちゃんとチンポが付いてるのかしら。・・・どうなの?」

10位 コンドームの試着室
(内容紹介)
装着感はどうですか?この商品は非常に薄くできていますので、装着感があまりなく、感度は業界一と言われています。・・・えっ?使用感を試されたい?・・・わかりました。・・・では、私も失礼して下着を取らせていただきます。・・・どのような体勢がよろしいでしょうか。

FC2 Blog Ranking

★アクセス数ベスト10(2015年7月)★

7月のアクセス数 BEST10です。
興味があるものがあれば、ぜひ読んでみてください。

1位 友達のお母さん
(内容紹介)
おばさんは、僕の視線に気付き、右手で胸元を隠した。
「さっきから、知ってたわよ。・・・ずーと見てたでしょう?・・・おばさんのおっぱい」
僕は何も言えず、下を向いた。

2位 主婦 柏木詩織
(内容紹介)
「透明というか、白っぽいような・・・どろどろした感じの・・・・そう!・・・ザーメンのように白い、どろどろした感じです。」
一瞬、診察室の空気が凍りついた。

3位 我が家のSEX
(内容紹介)
「麻美のここ・・・いっぱい濡れてるよ」
「もう・・・恥ずかしいこと言わないで」
そう言いながら、いつもより愛液が多いことに自分でも気づく。
旦那の指が、陰唇を触り始めた。

4位 満員電車でおっぱいを
(内容紹介)
電車は大きく揺れ、僕たちの身体は少し横にずれてしまいました。
(マズイ!)と僕は思いました。
なぜなら、身体がずれたため、僕の左腕は彼女の右乳房に押し付けられた体制になってしまったからです。


5位 教師と母親
(内容紹介)
「どうですか、先生。・・・生徒の気持ちが少しはわかるようになりました?」
ぎこちない手つきで尻たぶを撫で回す酒田を見て、貴子のいたずら心の火が大きくなってゆく。

6位 図書館にて
(内容紹介)
「この部屋は使ってないから、誰も来ないの」
彼女は言いながら、僕に抱き付いてきた。サラサラの髪からは、とてもいい香りがした。
「さっきは、どうもありがとう。やっぱり、お礼しなくちゃね」
彼女は僕の股間に手を伸ばしゆっくりと擦る。


7位 先生に見られながらの・・・
(内容紹介)
はい。手をどけて、おちんちん見せてね。
あら! 元気がいいのね。
何もしないのに、もう半勃ちね。


8位 舐めたかったのです
(内容紹介)
彼はバツのわるそうな顔をして、ジーンズのジッパーを下げ、膝まで降ろしました。
彼のトランクスの前には、大きな丸いシミができています。
そして独特の匂いがたちこめます。


9位 無料宿泊体験
(内容紹介)
真央は、恥ずかしそうに左手で胸元のバスタオルを抑えながら、伏目がちに裸の弘樹を見た。
しかし、いやでも弘樹の身体の中心にぶら下がっているペニスに目が行ってしまう。
そんなには大きくないが、赤黒い亀頭がいやらしい。
真央の鼓動は激しくなる。

10位 マッサージ店にて
(内容紹介)
彼女は僕の内股に手を当てた。
「やっぱり硬いですね。少しマッサージしましょうか」
彼女は膝立ちのまま、少しにじり寄り、内股をゆっくりと両手で撫で始めた。
膝の方から股間に向けて優しく柔らかい手が移動する。そして、股間すれすれまで来ると、指先が金玉袋の横を微妙にかすめて、膝の方へと離れてゆく。



★アクセス数ベスト10(2015年8月)★


8月のアクセス数 BEST10です。
ぜひ読んでみてください。

1位 主婦 柏木詩織
(内容紹介)
「透明というか、白っぽいような・・・どろどろした感じの・・・・そう!・・・ザーメンのように白い、どろどろした感じです。」
一瞬、診察室の空気が凍りついた。

2位 ブルーパンティ
(内容紹介)
柴田さんの顔が更に近づき、アキラの耳元で囁いた。
「私のパンティの匂いを嗅ぎながら、何をしてたのかしら?」
柴田さんの手がアキラの右手に触れた。
「私、見てたのよ。アキラ君がズボンの中に手を入れてたところ・・・あれは何をしてたのかな?」

3位 友達のお母さん
(内容紹介)
おばさんは、僕の視線に気付き、右手で胸元を隠した。
「さっきから、知ってたわよ。・・・ずーと見てたでしょう?・・・おばさんのおっぱい」
僕は何も言えず、下を向いた。

4位 我が家のSEX
(内容紹介)
「麻美のここ・・・いっぱい濡れてるよ」
「もう・・・恥ずかしいこと言わないで」
そう言いながら、いつもより愛液が多いことに自分でも気づく。
旦那の指が、陰唇を触り始めた。

5位 雅也の素敵な性活
(内容紹介)
「こういうサービスはいかがですか?」
手慣れた様子で美由紀は、雅也のズボンのボタンを外しチャックを降ろした。
「ふふふ・・・野村さんのおちんちん、見せてくださいね。」

6位 ひとりで残業していたら
(内容紹介)
私は改めて部屋の中を見渡しました。もちろん私以外は誰もいません。
それを確認すると、私はスカートをたくし上げ、パンティを膝まで下ろしました。右手の中指を根元まで口に咥え、たっぷりと唾液で湿らすと、オマンコの襞にあてがいました。割れ目がすっかり濡れているのを感じながら、中指をオマンコの中にゆっくりと入れました。
「あぁぁん・・・」思わず声が漏れてしまいます。

7位 夏の思い出
(内容紹介)
「お姉ちゃん・・・さっきからずーと、僕のおちんちん見てたでしょう」
「えっ!」
「僕、知ってるよ」
「・・・」和恵は声が出なかった。
輝彦は湯船の中で立ち上がった。
「見たかったら、見てもいいよ」

8位 教師と母親
(内容紹介)
「どうですか、先生。・・・生徒の気持ちが少しはわかるようになりました?」
ぎこちない手つきで尻たぶを撫で回す酒田を見て、貴子のいたずら心の火が大きくなってゆく。

9位 マッサージ店にて
(内容紹介)
彼女は僕の内股に手を当てた。
「やっぱり硬いですね。少しマッサージしましょうか」
彼女は膝立ちのまま、少しにじり寄り、内股をゆっくりと両手で撫で始めた。
膝の方から股間に向けて優しく柔らかい手が移動する。そして、股間すれすれまで来ると、指先が金玉袋の横を微妙にかすめて、膝の方へと離れてゆく。

10位 居酒屋での出来事
(内容紹介)
「じゃあ・・・脱がしてあげるよ」
またしても桂子さんが手を伸ばして、ベルトに手をかけました。
「やめてください・・・」
「じゃあ、自分で脱ぐか、私に脱がされるか・・・どっちがいいの?」
3人の目は、僕の膨らんだ股間に注がれています。もう逃げられないと悟りました。

FC2 Blog Ranking


次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。