FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教師と母親(1)

「先生、どうぞ。」
貴子はコーヒーカップをダイニングテーブルの上に置いた。
「いつも真二がお世話になっています・・・で、また何かしました?」
真二の担任である酒田が急に訪ねてきたということは、真二が何か悪さをしたに違いない。
酒田は少し言い辛そうにしながら話し始めた。
「実はですね・・・真二君がクラスの女子のお尻を触って・・・女の子の親御さんからクレームが来てるんです」

(なんだ。それぐらいの事か・・・)
貴子はそう思いながらも、そんな素振りも見せず謝った。
「そうなんですか、どうもすみません。・・・もう、あの子ったら・・・」
「私の方からも注意したんですけれど、ご家庭の方でもしっかり注意して欲しいんです。」
「先生、わかりました・・・帰ってきたら、よく言い聞かせます。」
「よろしくお願いしますね。」

(真面目な新米教師ってところね・・・でも意外にいい身体してるわね・・・)
おとなしそうな顔に似つかわしくなく、胸板は厚く、二の腕は太い。
貴子のいたずら心に小さな火が付いた。
「でも先生・・・あの年頃だと、女の子の身体に興味があっても不思議じゃないですよね・・・先生だってそうだったんじゃありません?」
「ぼくは、そんなことありません!」酒田はムッとしたように言った。
「本当ですか?・・・私も学生の時は、男子生徒に触られた経験ありますよ・・・もしかして、先生は女性のお尻を触ったことがないんですか?」
「・・・そ、そんなこと・・・どうでもいいじゃないですか!」
「先生、どうしたんですか。そんなに動揺しちゃって・・・先生って女性のお尻に触ったことがないんじゃないですか?・・・それでは、生徒の気持ちが分からないですよね・・・教師として経験不足ですわ・・・」
「何、言ってるんですか!」
「そんな経験不足の教師だと、保護者として不安になりますわ・・・何なら私で経験してみます?」
貴子は立ち上がるとテーブルに手を付き、細身の体に似つかわしくないほど大きく張り出したお尻を酒田に向かって突き出した。
「からかわないでください!」

「ほら、どうぞ」貴子は酒田の手首をつかんだ。
「ちょっと・・・やめてください!」
いやがる酒田の手を強引にお尻に触れさせる。
「先生、どうですか?」
「本当に止めてください!」
「いいんですよ・・・保護者の一人として・・・少し協力するだけですから・・・」
「・・・協力?」
「そうですわ・・・我が子を預けているんですもの・・・経験豊かな先生にお願いしたいのは親心でしょ?・・・だから我が子の教育のために、できることは協力させていただきたいんです・・・」
抵抗していた酒田から少し力が抜けた。
「教育のための協力・・・」
「そう・・・教育のため・・・」
力の抜けた手首をつかみ、貴子はお尻の上を滑らせた。
「どうですか、先生。・・・生徒の気持ちが少しはわかるようになりました?」
ぎこちない手つきで尻たぶを撫で回す酒田を見て、貴子のいたずら心の火が大きくなってゆく。

第1話から読む

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


教師と母親(2)

「じゃあ、次は前も・・・」
貴子は酒田の方へ向き直り、Tシャツの裾を少しまくりあげた。
「ま、前??」
「ええ、前も・・・さあ、先生・・・よく見てください」
少し汗ばんだ手首をゆっくりと引き上げていく。
酒田の熱い視線も少しずつ上がっていく。
貴子はおっぱいの下側で手を止めた。
「先生・・・どうですか?」
酒田の瞳がひと際大きくなった。
引き上げられたTシャツの裾から、下乳が覗いていた。
「あ・・あの・・・ノ・・ノーブラなんですか?」
「そうなの・・・よく見てくださいね」
貴子はTシャツは脱ぎ去り、豊満な乳房が姿を現した。

ゴクリ。酒田の唾を飲み込む音がした。
「先生・・・触ってみて・・・」
理性と欲望の狭間に揺れ動きながら、酒田は目の前の魅力的なおっぱいに手を触れた。
マシュマロのように柔らかく、それでいて手のひらに吸い付くような感触。
酒田は、夢中でおっぱいを揉んだ。
「あぁぁ・・・気持ちいい・・・」貴子の口から吐息が洩れる。
酒田は力が入り、乳房に指を食い込ませる。
「先生・・・そんなに力をいれちゃダメ・・・もっと優しくしてちょうだい・・・」
「・・・ごめんなさい・・・」
「先生、可愛い!」
貴子は酒田の頭を抱きかかえた。
おっぱいがギューッと酒田の顔に押し当てられる。
「どうですか・・・おっぱいの感触は?」
「・・柔らかいです」
「フフフ・・・」
ぐいぐいとおっぱいが強く押し当てられる。
「あぁぁ!・・・先生!・・・」
「うぅぅぅぅ・・・」おっぱいに顔を埋めているため酒田の返事は言葉にならない。

既に酒田の理性は吹き飛び、更におっぱいの谷間に顔を押し付ける。
「先生・・・おっぱいがお好きなんですね。・・・」
貴子は腕の力を少し緩めた。
窒息するほど埋めていたおっぱいから、酒田の顔が解放された。
紅潮した顔で貴子を見る。
「お好きなようにして、いいんですよ・・・」
貴子のその声を聞くと、安心したように酒田は巨乳にむしゃぶりついた。
チュウチュウと音を立てながら乳首を吸い、片方の手では乳首を摘まんだ。
「あっ、あっ・・・すごく気持ちいい・・・」
酒田は本能のまま、両方の乳房を舐め、そして揉みしだいた。

「先生・・・何を擦りつけてるんですか?・・・いやらしい・・・」
酒田は無意識に、貴子の太ももに股間を擦りつけていた。
貴子はズボンの上から酒田の股間を触る。
「・・・硬くなってますよ」
ズボンの上からはっきりとわかる硬い膨らみを貴子は数回擦り上げた。
そして艶めかしい指先の動きで先端部を弄んだ。
「う!・・・」酒田が腰を引く。
貴子は笑みを浮かべ、ゆっくりと跪き、酒田のズボンを脱がした。

第1話から読む

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


教師と母親(3)

ボクサーパンツの股間は大きく膨れ上がっている。
「先生・・・男らしいですわ」
細い指が、その膨らみを愛おしそうに撫で回す。
そしてパンツのゴムに手をかけると、手前に大きくひっぱり、パンツをずり下げた。
「もうビンビンですね」
勃起したペニスが目の前にして貴子は、待ちきれないすぐに口に含んだ。
そして太い亀頭を咥えながら、貴子は舌を絡めていった。

「う、うーん・・・」
執拗な口撃に、酒田の口から声が漏れる。

「気持ちいいですか・・・先生?」
貴子の口から吐き出されたペニスは唾液でテラテラと輝いている。
「立派なおちんちんだわ」
貴子は嬉しそうな顔でつぶやくと、長い舌をペロリと出し、亀頭の先から根元まで順に舐めまわした。
酒田のペニスは時折、ピクンピクンと脈打ちながら、一段と大きくなっていく。

「先生・・・今度は私も・・・」
貴子は腰をくねらせながらスカートとパンティを下ろし全裸になった。
それを見て酒田も服を脱いだ。
想像していた様に、酒田は顔に似合わず筋肉質の体をしていた。
「いい身体してるんですね・・・素敵だわ」
貴子はそう言うと、片足を椅子の上にのせた。
「どう?・・・・おまんこ、見える?」
酒田はしゃがみ込むと、貴子の股間にもぐりこんだ。
淫乱そうな濃い陰毛の下から覗く割れ目を、貴子が自らの指で大きく開くと、割れ目の中からヌメヌメと淫靡に輝く小陰唇が現れた。
「舐めて・・・舐めてちょうだい・・・」
酒田は貴子のオマンコに吸い付いた。
「あーー!」ひと際大きな声が響く。
酒田の舌先は、何度も何度も割れ目の間を往復する。
貴子の淫唇からは、愛液が溢れ出してくる。
「いい・・・いいの・・・感じるの・・・」
貴子は自ら乳房を揉みしだく。

貴子の興奮は次第に増し、割れ目はパックリと開き、赤く充血したクリトリスが剥き出しになった。
酒田の舌は、クリトリスを責めたてる。
「はぁーん・・・気持ちいい!」
酒田は舌を小刻みに震わせながら、いやらしい突起を舐め続ける。
貴子も身体をくねらせならがら、よがり声をあげる。
「・・・気持ちいい!・・・もっと!・・・もっと!・・・あーー!いくーーー!」
貴子はクリへの愛撫で絶頂を迎えた。

第1話から読む

FC2 Blog Ranking


教師と母親(4)

肩で息をする貴子を見ながら、酒田はオマンコに指を滑り込ませた。
「アッ!・・・いい!」
次の愛撫に、貴子の身体は即座に反応する。
クチュクチュと音を立てながら、指を出し入れすると、そのリズムに合わせ、喘ぎ声が洩れる。
「あん・・・あん・・・あん・・・」
酒田の指のリズムが速くなる。
「先生・・・もうダメ・・・早く頂戴!」

酒田は、貴子をテーブルの上に寝かせ、両脚を大きく開くと、愛液で輝くオマンコに
ペニスを挿入した。
「あーん・・・大きい・・・ズボズボ入れて・・・あああ・・・大きい!」

酒田が腰を振る度に、クチュクチュといやらしい音が響く。
「あっ、あっ、あっ・・・」
腰の動きに合わせて貴子が声をあげる。
「いいの・・・奥まで・・お願い!・・・」
酒田はグイッと根元まで挿入する。
「あーー!・・・入ってるわ・・・・先生の大きいチンポが・・・」
貴子の望み通り、酒田はペニスを奥まで入れ、小刻みに突いてやった。
「もっと突いて・・・もっと!・・・」
貪欲な雌となった貴子が腰を震わせる。
それに応える様に酒田も高速で腰を振る。
「いい!・・・いいの!・・・すごくいいの!」

次に酒田は挿入したまま、貴子を抱き起すとテーブルの上に座らせ、脚をM字に開かせた。
そしてゆっくりとペニスを出し入れする。
「私のオマンコに、先生のチンポが入ってるわ」
ペニスを出し入れする度に、貴子のいらやしい襞が、からみつく。
「はーん・・・気持ちいいわ・・・」
ゆっくりと挿入を繰り返しながら、酒田は揺れ動く乳房を揉みしだいた。
「あー・・・おっぱいも気持ちいいわ・・・」
その声を聞きながら、酒田は腰のスピードを上げていく。
「あん!・・・ダメ!・・・イク!・・・イッちゃうわ!」
酒田はこみ上げてくる射精感を感じながら、貴子のオマンコにペニスを突き立てる。
「イク!イク!イク!」
「僕もイきそうです」
「先生、いっぱい頂戴!・・・私に・・・ザーメン・・・いっぱい・・頂戴!」
貴子は酒田にしがみつき、絶頂を迎えた。
「イっちゃう!!」
同時に酒田も貴子のオマンコの中に精液をぶちまけた。
「イクーーッ!!」

激しいSEXの余韻に浸るように、二人は抱き合い、貪るようにキスを交わした。

しばらくして貴子は酒田の耳元で囁く。
「先生・・・うちの子が何かしたら、すぐに来てくださいね」
「もちろんです。・・・お子さんの教育のために協力してください・・・」
「ええ・・・協力しますわ・・・」

第1話から読む

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。