FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

テニス部顧問・美咲

高島美咲(32歳)と加藤桃花(27歳)は、ともに高校の教師である。

「高島先生。最近テニス部での練習が厳しすぎるとの声をよく聞くんですけど・・・」
「県大会が近いんでね。しかたないのよ。加藤先生。」
「でも、随分シゴいてるって聞きますよ。」
「やっぱりテニス部の顧問としては、いい成績を収めたいんでね。・・・男子生徒は女子生徒がいると気が散って、練習に対して集中力が欠けるんですよね・・・・やっぱりシゴかないと・・・」
「高島先生がご自身でシゴかれるんですか。」
「そうよ。・・・何回か女子生徒にシゴかせたことがあるんだけど、慣れてないから、時間ばっかりかかって、なかなかうまくイカないのよ・・・」

「ところで、どこでシゴくんですか。やっぱりテニスコートで・・・ですか?」
「そうよ。・・・最初は男子生徒をひとりだけ居残りさせて部室でシゴいていたの。私も慣れてなくて、少し恥ずかしかったから・・・。でも1人が2人になり、そして3人になり・・・どんどん増えてきて・・・毎日、毎日男子生徒をシゴいてたわ。・・・ちょうどその頃、新しいテニスコードが新グランドにできて、他の部活の場所から少し離れたでしょう・・・それだったらと思って、部室じゃなくて部活の時間の中でシゴくことにしたの。」

「女子生徒が見てる前でですか?・・・男子生徒も恥ずかしがるでしょう?」
「そりゃあ、恥ずかしがるよ。だって何人もの女子生徒の目の前で、シゴかれるんだから。・・・普通そんな経験ないもの。」
「そうですよね。大人の男性でも複数の女性の前でシゴかれることってないですもんね。」
「でも、最近わかったことがあるの。・・・私と二人っきりでシゴかれる時より、女子生徒の前でシゴかれる時の方が元気になる子が結構いるのよ。」
「見られると元気になるタイプですね。」
「そんな時は、女子生徒の目の前に連れて行って、間近でシゴくの。「こんなに近くで見られてるよ」って感じで。」
「高島先生も結構やりますね」

「それに、シゴく前からすごく元気になってる生徒がいるの・・・もう見るだけで丸わかり・・・耳元で「シゴいてあげようか」って言うと、もう我慢ができないくらい元気になるの・・・」
「そんな時はどうするんですか」
「そんな時は、女子生徒に円陣を組ませて、その中でシゴくの。そして、女子生徒にじっくりシゴく様子を見せるの。・・・男の子はこうしてシゴくと元気になるのよって・・・始めは優しく・・・そして元気になってきたら、だんだん激しくして・・・・繰り返しシゴくの・・・でも自分勝手にシゴいたらダメ・・・男の子の様子を見ながら・・・強くしたり優しくしたり・・・」

「さすが、高島先生。お上手ですね。・・・女子生徒も興味津々でしょう」
「中には恥ずかしがって見ないふりをする子がいるけど、本当は見たいのよ・・・わかるでしょう、加藤先生も・・・加藤先生、シゴくの好きそうだものね。・・・」
「もう高島先生ったら・・・まあ、きらいじゃないですけど・・・でも高校生をシゴいたことはないですね。」
「一度、シゴいてみる?・・・特別コーチとして歓迎するわよ。」

「いやぁ。・・・ところで、男の子をシゴいて、シゴいて、・・・最後は・・・どうなるんですか。・・・高島先生。」
「もう・・・いやだ・・・加藤先生・・・どうなるかは知ってるでしょう・・・想像の通りよ・・・みんな元気がいいから、よく飛ぶよ。」
「いやだぁ。・・・でも、一度見てみたいなぁ・・・教師としてクラブ活動の指導も重要ですものね・・・」
「そう。・・・教師としてね・・・フフフッ・・・」

高島美咲と加藤桃花は、お互い顔を見合わせ、笑った。

第1話から読む

FC2 Blog Ranking


桃花の家庭訪問(1)

数日前、高校教師加藤桃花は担任している男子生徒の親から依頼があり、生徒の家に家庭訪問をしていた。

「加藤先生。わざわざ、どうもすみません。・・・」
桃花は、応接間のソファに座り、しきりに頭を下げる母親と向かい合って座っていた。

「で、真治くんのことで相談とはなんでしょうか。」

「あの・・・母親の口からは申し上げにくいんですが・・・実は・・・うちの子、おちんちんがとても小さいんです。・・・大人になって困らないか、心配で・・・」

「えっ!」桃花は思わず口ごもる。「いや・・・そのようなことは、私に相談されても・・・」

母親は桃花の動揺を意に介さず、話を続ける。
「ご存じのように、うちは離婚して父親がいませんので、・・・その・・・おちんちんのことは、よくわからないんですけど・・・でも、本当に小さいんです。」

「ですから、そのようなことは・・・」

「私・・・主人とは幼なじみで、そのまま結婚しましたので・・・男の人のおちんちんというと、主人のものしか見たことがないんです。・・・いや、もちろん、子供の頃に父親のものは見たことはありますが・・・あの・・・大きくなった、と言うんですか・・・つまり・・・勃起したおちんちんは・・・主人のものしか見たことがないんです。・・・でも、真治のおちんちんは本当にとっても小さいんです。」

「と、言われましても・・・」

「私も、インターネットで調べてみたんです。・・・最近はすごいですね・・・無修正っていうんですか?・・・モザイク無しですよ。・・・私びっくりしました。・・・先生、ご存知でした?」

「ええ・・・まあ・・・知ってますが・・・」

「・・・それでいろいろ見たんですが、・・・みんな大きいんですよね。・・・今、思うと主人も小さいほうでした。・・・でも、うちの子、やっぱり、小さすぎるような気がするんです。・・・それに、包茎っていうんですか・・・・皮もかぶってますし・・・」

「子供の頃は殆どそうだと聞きますが・・・」

「でも、包茎だと不潔でしょ?・・・だからお風呂では皮をむいてしっかり洗うようって、言ってるんです。・・・でも、洗ってないようなんです。・・・だから時々は、私が一緒にお風呂に入って、皮をむいてしっかり洗ってやるんです。」

「えっ、お母さんがですが・・・」

「ええ、本当は母親がここまでするのは行き過ぎだってことはよくわかっています。
でも、うちは父親がいないので、私が父親代わりになって、やるしかないんです。」

「そうですか・・・」

「といっても、主人しか知らない私には他の人と比べようがないんです。・・・でも、こんな事って、なかなか他の人には聞けないし・・・相談できるのって、先生しかいないんです。・・・だから、思い切ってお願いしてみたんです。・・・ご迷惑かと思いますが、相談にのっていただけないでしょうか。・・・本当に悩んでるんです。」

桃花は困った。
「もちろん、担任としてご相談にはのりますよ。・・・でも、男子の身体のことは、教師として専門外ですから・・・」

母親は桃花の顔を見つめ言った。
「では、先生としてではなく、一人の女性として、相談にのっていただけないでしょうか・・・加藤先生はお綺麗ですので、男の人とも経験がおありでしょう?・・・少なくとも私よりは・・・」

「そんなことを言われましても・・・」

「・・せめて、見るだけでもお願いできませんでしょうか。・・・ぜひ、よろしくお願いします。」

母親の強固な態度に桃花は疲れてきたので、さっさと、おちんちんを見て退散しようと考えた。
「そこまで言われるなら・・・じゃあ、見るだけですよ・・・そのあとは、専門のお医者さんにでも相談してくださいね・・・それでいいですか」

第1話から読む

FC2 Blog Ranking


桃花の家庭訪問(2)

「本当にありがとうございます。・・・じゃあ、真治を呼んできますね。」
母親がバタバタと部屋を出て行ったが、すぐに真治を連れて戻ってきた。

「真治、よかったね。加藤先生が相談にのってくださるって。・・・なに、ぼーっとしてるの。早くズボンを脱いで、先生におちんちんを見てもらいなさい。」

真治は、最初は恥ずかしそうにしていたがが、母親に言われるまま、ズボンとパンツを脱ぎ、桃花の前に立った。
「加藤先生、どうでしょうか?」

桃花は、すぐにでも間近で見たいところだったが、一応少し恥じらう素振りをみせながら、真治の股間を伏目がちに見た。

華奢な体格に似て、少なめの陰毛の下に小さめの包茎ペニスがぶら下がっていた。
(あー。かわいいおちんちん。・・・本当に小さいね。・・・小指ぐらいかしら・・・皮もしっかりかぶって、まだまだ子供のおちんちんだね。)
そう、思ったが、口には出さない。

「私も詳しくはないんですが、普通の大きさじゃないでしょうか・・・」

「そうですか・・・でも、先生・・・おちんちんは普通の状態で見てもだめですよね・・・」
「えっ・・・まあ・・・」
「真治、こっちにいらっしゃい」
そういうと、横から手を伸ばし、真治のおちんちんを握った。
「ほら、こうやって、シコシコして大きくしてごらんなさい。」

桃花はさすがに驚いた。
「お母さん!・・・そこまでしなくても・・・もう、結構です。・・・」
「いや・・・せっかく加藤先生に見ていただくんだから、・・・ぜひ、お願いします。」

「いいよ。・・・自分でやるよ。」
真治は親指、人差指、中指の3本で、小さいペニスをしごき始めた。

真治は少し顔を赤らめながら、自分のペニスをしごいている。
母親は、息子のその様子を心配そうに眺めている。

桃花は、男子高校生が母親と女教師の目の前でペニスをしごくというシチュエーションに、少し興奮していた。
そして、高校生のオナニーを間近で見るという貴重な機会を逃すまいと、真治のペニスを見つめていた。

真治のペニスはみるみるうちに大きくなっていった。

「いつも言ってるように皮をむくようにするのよ」
母親にそう言われて真治は包皮を根元に向け、ぐっとひっぱった。
すると真っ赤な亀頭が顔をだした。

昨晩も母親に洗ってもらったのであろう。恥垢もなくきれいな亀頭だ。

真治は、リズミカルに包皮を上下させ続ける。
そのたびに真っ赤な亀頭が顔を出す。
そして陰茎には血管が浮き出てきた。
真治は、勃起した陰茎の根元から先へと、ゆっくりとしごき上げる。
カリ首は大きく張り、反り返った陰茎は立派に上を向いている。
完全な勃起状態になった。

(ギンギンに勃起したけど・・・確かに小さいわね・・・でも、若く元気のいいおちんちん・・・カチカチに硬そう・・・あぁ・・・触って確かめてみたい・・・)
桃花は思わず触りたくなるが、ぐっとこらえる。

「おちんちん大きくなったね。・・・もういいわよ。」
母親が声を掛ける。
「先生、どうです。・・・やっぱり小さいですよね」

「いや・・・普通だと思いますよ・・・・」

「でも、先生。これを見てください」
母親はテーブルの上のパソコンのキーボードに手を伸ばし、キーをたたくと、ディスプレイが点いた。
画面には、勃起したペニスを、女の子がシコシコと手コキする映像が映し出された。
かなりの巨根だ。

「ほら、先生見てください。普通はこれぐらいの大きさなんでしょう?」

「いやぁ・・・これはかなり大きいおちんちんだと思いますけど」と桃花は言った。
「先生のご経験からして、・・・ということですか」
「ええ・・・まあ・・・一般的に・・・ですが・・・・」

画面では女の子がフェラチオを始めた。
チュッ・・・チュッ・・・といやらしい音が響く。

「いやだ・・・真治ったら・・・」母親が小声で言う。
桃花は、そう言われて、真治の方を見る。
なんと真治はパソコン画面をみながら、ペニスをしごいていた。

「もう、おちんちん、大きくなったからシコシコしなくてもいいのよ・・・」
母親が言う。

「もう、がまんできないよ。」
真治はギンギンに勃起したペニスをしごきながら、情けない声を出した。


「・・・ほら、加藤先生が見てるでしょう。・・・先生の前でそんなこと・・・やめなさい。・・・」
母親の制止も聞かず真治はペニスをしごき続ける。

桃花は、先端からカウパー氏腺液を垂れ流すペニスを見つめる。
普段なら、しゃぶりつきたいところだが、今日は我慢する。

「・・・先生、ごめんなさい・・・こんな近くで、先生に見られるなんて・・・もう、ダメ・・・イッちゃうよ・・・アッ!・・・イクッ!・・・」

「先生にかけちゃダメよ!」
真治はとっさに、母親の方に身体を向けた。

その瞬間、ペニスからザーメンがドピュッ!ドピュッ!と何度も何度も発射され、母親の胸元にべっとりと着弾した。

さすがに高校生の射精だ。飛距離はあるし、ザーメンは大量だ。
桃花も、初めて見る真治のオナニーに興奮した。
「すごい。・・・」桃花は思わず口走る。

「もう・・・何してるの・・・」
母親は、怒ったような、あきれたような声を出した。
そして、ティッシュで胸元のザーメンを拭きながら言った。
「先生、ごめんなさいね。・・・お恥ずかしいところ、見せちゃって・・・」
「ええ・・・びっくりしました。・・・」
「ところで、・・・真治のおちんちんは、いかがでしょうか。」

「いやあ、・・・こんなに元気なおちんちんでしたら、全く問題ないと思いますよ。」

「そう、言っていただいて、安心しました。・・・ありがとうございました。・・・真治、よかったね。」

真治はティッシュでペニスを拭きながら言った。「先生、ありがとう」

桃花は思った。
(早く、美咲先生に話さなきゃ!・・・美咲先生喜ぶぞ!)

第1話から読む

アダルトブログランキングへ



桃花の家庭訪問(3)

桃花はその日の授業が終わるとすぐに同僚の高島美咲のところに行き、ヒソヒソ声で話しかけた。
「高島先生・・・昨日、うちのクラスの男子生徒の家に行ったんだけど・・・。」
「何?・・・加藤先生。・・・」美咲も小声で応える。
「高島先生がとっても、お好きな話だと思うんですけど・・・その話、聞きたい?」
「えっ!・・・どんな話?・・・聞きたい!」
「やっぱり。・・・でもココじゃ、話づらいから、ちょっと外にでない?」
「そうね。」

二人は職員室を出ると、廊下をゆっくりと歩きだした。
「美咲先生、うちのクラスの幹本真治知ってます?・・・この間、彼の母親から相談を受けたの。・・・その相談がね・・・ふふふ。」
「何よ。ひとりで笑ってないで教えてよ。」
「それはね・・・」桃花がもったいつけて話し始める。「『うちの真治のおちんちんが、とても小さいんです。加藤先生、一度見てくれませんか』っていう相談なの。」
「えー!!・・・マジ?・・・」
「私もびっくりしたわよ。・・・息子のおちんちんが小さいからって、教師に相談する?・・・それも独身の女性教師によ。」
「ほんと、そうよね。・・・でも、よーく考えてみると、そのお母さん、間違ってないかも」
「どう言うことよ。」
「だって、男性経験豊富で、何本ものおちんちんを見て、触って、咥えてきた加藤先生に
相談するってのは、間違ってないもの。」
それを聞いて、桃花が言い返す。「失礼なこと言わないでよね。まるで、私がヤリマンみたいじゃない。」
「あら。違ったかしら。・・・おちんちんはお嫌い?」美咲が茶化す。
「もう、やめてよね。・・・そんなこと言うんだったら、話さないから。」
「ゴメン、ゴメン。・・・でも、おちんちん見たさに、引き受けたって訳ね。・・・このエロ教師が!」
「ちがうわよ。・・・我が子を思う母親の一途な気持ちに心打たれて、引き受けたのよ。」
「何言ってんの。・・・で、真治のちんちんはどうだったの?」
「美咲先生、気が早いって!・・・始めは、母親から話を聞いたんだけど、真治のとこ、お父さんがいないのね。だからお母さんが、一人でがんばってるの。それで、ある日ネットの無修正の動画みて、おちんちんが小さいと思ったらしいの」
「そりゃ、AV男優と比べたらいかんでしょ?」
「だよね。・・・それとね、真治って仮性包茎なんだけど、それも気にしてるみたい。」
「でも、仮性包茎って結構多いよね。・・・気にすることないんじゃない。」
「でも真治のお母さんは気にしててさぁ・・・実は・・・お母さんがお風呂に一緒に入って、おちんちんの皮むいて洗ってやってるんだって。」
「えっ!・・・高校生の息子と一緒にお風呂に!・・・それで、息子のムスコを洗ってるって!」
「しょうもないこと言ってないで。お母さんは真剣に悩んでるんだって。」
「そこまで話を聞いたところで真治くんを部屋に呼んだの。そしたらお母さんが『早くズボンを脱いで、先生におちんちんを見てもらいなさい。』って。」
「そう、言われても、親や先生の前で恥ずかしがって脱がないでしょ。」
「私も、そう思ったの。でも幹本家は違うわ。真治くんは、恥ずかしもせず、ズボンとパンツをささっと脱いで、「はい先生、どうぞ」って感じなの。」
「へえ・・・で、真治のチンポはどうだったの?」
「確かに小さかったわよ。小指ぐらいかな。包茎だしね。」
「小指サイズではちょっと小さいか・・・でも、通常時のサイズはあんまり関係ないんじゃない?やっぱり勃起させないと」
「お母さんも「普通の状態で見てもだめですよね」って言って、真治くんのおちんちんを握ってシコシコし始めたの。・・・私、ビックリしちゃって。」
「確かに、それはアブナイ関係だわ。」
「さすがに真治はすぐに自分でシコシコし始めて・・・」
「おっ!高校生のオナニーが始まったのね。」美咲の声が大きくなる。
「さすが高校生ね。・・・すぐにギンギンになっちゃって。」
「高校生のオナニーを見るなんて、ないからね・・・うらやましいわ」
「美咲先生、よだれが垂れてますよ。」
「あっ。・・・想像してつい・・・で、勃起したチンポはどうだったの?」
「勃起してもサイズはちょっと小さめだけど、まあ普通サイズよ。」
「じゃあ、膨張率は結構すごいね。」
「それに血管が浮き出てきて、皮が剥けて亀頭もしっかり出てるし・・・」
「それにお母さんのおかげで、チンカスのないきれいなチンポなんでしょ。」
「美咲先生、ほんとうにチンポが好きね。」
「そう、私、硬くてきれいなチンポが好きなの。・・・何、言わすのよ・・・で、オナニーショーはその後、どうなったの?」
「母親と私の見てる前で、最後までいったわよ。・・・お母さんの胸元目がけて、ドピューって。」
「えー!・・・イッチャったの・・・」
「何度も何度もドピュー、ドピューって。お母さんの服はザーメンでドロドロ。」
「見たかったな、高校生のオナニー。・・・桃花先生、うらやましいわ。」
「美咲先生も、高校生のオナニー見てみたい?」
「そりゃ、見たいわよ。・・・若い男の硬いチンポから発射される大量のザーメン。・・・あぁ、想像するだけで、むずむずするわ。」
「じゃあ、もう一回、真治君呼んでみましょうか。」
「そんなこと、できるの。」
「素直な真治君なら、たぶん・・・」
「ふふふ・・・楽しみね。」
「美咲先生って、ほんといやらしいわね。」
「桃花先生には、かなわないけど・・・ふふふ」

第1話から読む

FC2 Blog Ranking



美咲先生のオナニー鑑賞(1)

ある日の放課後、高校教師の加藤桃花と高島美咲は、生徒の幹本真治と一緒に保健室にいた。
「幹本くん。今日のことは誰にも話してないよね」
「はい。誰にも言ってません・・・でも、これはどういうことでしょうか」
不安そうに真治が尋ねると、桃花が答える。
「実はね・・・この間、幹本くん家に行ってお母さんとお話しした、アノことなんだけどね」
「えっ!アノことって・・・」
そこに美咲が割り込んだ。
「加藤先生。アノとか言ってないでハッキリ言いましょう。これは恥ずかしいことではないのよ。」

美咲は、真治の顔をまっすぐに見つめて優しく話しかけた。
「実はね、加藤先生から相談を受けたの。真治君のお母さんが心配してるって・・・真治君のおちんちんが小さいんじゃないかということよ」
「えっ!・・・加藤先生以外は秘密だったのに」真治は不満そうに言った。
「大丈夫よ、真治君。高島先生以外には話してないから」桃花は弁明をした。
「加藤先生もずいぶん悩んだのよ。それで私にだけに話してくれたの・・・私は加藤先生より年上だし、経験も豊富だから」
「そう、だから高橋先生にも確認して欲しいと思って・・・真治君のおちんちんが小さくなってことを」
「だから、保健の先生に頼んでこの部屋を使わせてもらうことにしたの。わかってくれた?」

真治は小さく肯いた。
「よかった。・・・じゃあ早速だけど、おちんちん見せてもらおうかな。服を脱いで、そこのベッドに寝てくれる?」
「は、はい・・・」
美咲に言われるまま全裸になると、真治は真っ白なシーツの上に横たわった。

「さあ、どうかな?」美咲は真治の股間を覗き込んだ。
真治の小さな包茎ペニスはムクムクと大きくなり始めた。

第1話から読む

FC2 Blog Ranking


次のページ