FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熟女たちの秘密のパーティー(10)


「久し振りなんでしょう?お先にどうぞ」
和美が茶化したように言った。

みどりは目の前のペニスをまじまじと眺めた。
確かに、こんなに間近にペニスをみるのは夫を亡くしてから3年ぶりのことだ。
夫のペニスに比べると少し小ぶりだが、亀頭は一回り太く、カリ首が張り出している。
その亀頭の先の小さな割れ目からはすでに透明な液体が溢れ出し、裏筋を伝って陰茎に垂れている。

「ねえ、みどり。いつまで見てるの?久しぶりで忘れちゃった?こうやって舐めるのよ」
我慢できなくなった和美が、亀頭をペロリと舐めた。
「あぁぁ、美味しい」
妖しく光る舌全体で亀頭をペロペロと舐めると、今度は舌先で亀頭の括れをチロチロと刺激する。
亀頭の周りを舐め終わると、最後に亀頭にチュッとキスをした。

「思い出した?」
和美は笑いながら、みどりと交代した。

「うん、思い出した」
はにかみながら、みどりはそっと亀頭に舌を這わした。
久し振りとはいえ、もちろん本当に忘れていたわけではない。ただ、和美の前で恥ずかしがっていただけなのだ。
みどりも、ペニスをペロペロと舐めまわし、最後に亀頭を口に含んだ。
大きめの亀頭を舌で舐めまわす。
「ふぅぅ……」
コウジが吐息を漏らした。

「ねえ、いっしょに舐めよう」
ふたりは顔をくっつけるようにすると、、同時に陰茎の根元から舐め始めた。
ベローっと舐めながら上がっていき、亀頭の先端まで舐める。
そして、再び根元に戻り亀頭の先まで舐め上げる。
「気持ちいい?」
みどりが微笑みながら尋ねる。
「うん、すごく気持ちいい……」
コウジも嬉しそうに答える。

2人の同時フェラが何度か繰り返さされたのち、今度は、和美がパクリとペニスを咥えた。
唾液でいっぱいになった口の中に、ペニスが奥まで挿入され、そして、唇をすぼめながらゆっくりと引き出される。
クチュクチュといやらしい音を立てながら、何度も抽挿が繰り返される。

「じゃあ、私はタマも舐めちゃおうかな」
みどりは、金玉袋の中のコロコロとした玉を舌先でツンツンと刺激する。
そしてコウジの顔を見ながら、片方の玉を口に含んだ。
口の中で金玉を転がしながら、コウジの表情を伺う。
強すぎる睾丸への愛撫が禁物なのを、みどりは知っているのだ。
コウジが愉悦の表情を浮かべてるの見ると、みどりは金玉を軽く吸引し、チュパッと口から吐き出した。
「コウジくんは、キンタマ気持ちいいのね」

「そうなの?」
和美は咥えていたペニスを掃き出すと、今度はもう片方の金玉を口に含んだ。
そうなると、今度はみどりがペニスを咥え込んだ。
クチュクチュ……チュパチュパ……クチュクチュ……チュパチュパ……
2人は、ペニスと金玉を舐め続けた。

第1話から読む
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

関連記事

熟女たちの秘密のパーティー(5)


「みどり、見てごらん。・・・あの男の子」
和美の視線の先には、女性たちと楽しそうに話をしている全裸のウェイターがいた。
「すごい!」
みどりは、その男性のあまりにも大きなペニスを見て驚いた。だらりと垂れ下がったペニスは遠くからでもはっきりと分かるほど太くて長かった。
「あんなに大きい人見たことないでしょう。もっと近くで見ようよ」
和美に誘われて、みどりはその男性に近づいて行った。

彼の名はマサユキ。
イケメンというわけでもなく、おしゃべりがうまいわけでもない。しかしその普通っぽさと巨根のギャップから、女性からは大人気だ。
今日も女性に囲まれて楽しそうに話をしている。といってもマサユキはニコニコとしながら、もっぱら聞き役に徹している。

会話がひと段落したところで、一番年上と思われる白髪まじりの上品そうな女性が、控えめな口調で言った。
「みなさん。そろそろ、いいかしら」
周りの女性たちはめいめいに頷いた。
「そうね、はじめましょう・・・最初は澄江さんからどうぞ」
「じゃあ、年上の特権として・・・・」
白髪まじりの髪をかき上げながら澄江は、近くにあったソファーを指差し、マサユキに声を掛けた。
「ここに座ってもらってもいいかしら」
「はい」
マサユキがソファーに座ると、開いた両脚の間にペニスが垂れ下がった。
澄江はマサユキの両脚の間に正座をすると、目の前の巨大な陰茎を持ち上げた。
「本当に立派ね」
愛おしそうに太いペニスを握り、ゆっくりと扱き始める。
澄江が両手を使って愛撫し始めると、ペニスはムクムクと頭をもたげ始めた

「段々硬くなってきたわ」
澄江は嬉しそうに亀頭にチュッとキスをした。そして舌先でカリ首を舐めまわし、次に舌全体を使って亀頭を舐め上げた。
「気持ちいい・・・」
マサユキが吐息を漏らした。
「じゃあ、もっと気持ちよくしてあげるわね」
精一杯口を開け、特大の亀頭を咥え込もうとしたが、澄江の口には到底入らなかった。
「うーん、やっぱり無理ね」
残念そうに言うと、極太の陰茎を扱きあげながら、再び亀頭に舌を這わす。尿道口、ウラ筋そして亀頭冠を性感帯をくまなく舐めまわすと、ペニスはひと際太くなってくる。
そして唾液まみれの亀頭を、澄江は両手で包み込むと上下に扱いた。
「あぁぁぁ・・・すごく気持ちいい」
マサユキのペニスは、ごつごつした血管を浮き上がらせて大きく屹立した。

「すごいわ・・・」
マサユキを取り囲んでいる女性たちから歓声が上がった。

第1話から読む

人気ブログランキングへ

熟妻告白ドキュメント あなたは知らない… 禁断の林檎【電子書籍】[ フランス書院編集部 ]
関連記事

熟女たちの秘密のパーティー(4)


 盛大な拍手の中、全裸のウェイターたちは、各テーブルを回り始めた。
 参加者たちはその若い肉体を眺めたり、時には触ったりしながら楽しんでいるようだ。

 妙子が、みどりと和美のテーブルにやってきた。
「楽しんでる?」
「ええ・・・ちょっと戸惑っていますが・・・」みどりが答える。
「最初は誰もがそうなの・・・でも恥ずかしいことなんて、何もないのよ。恥ずかしがらずに、あなたの好きなように振舞えばいいのよ」
「私も最初はそうだったわ。でも大丈夫よ。すぐに慣れてくるって」
 和美がアドバイスをする。
 妙子が、そっとみどりの肩に触れた。
「このパーティに参加しているのは、旦那さんを亡くした50代以上の人ばかりなのよ。でも、みんなまだ若いわ。まだまだ性欲は衰えていないのよ。もっと男性と触れ合いたいのよ」
「でも、恥ずかしくて・・・」とみどりが下を向く。
「今の正直な気持ちを聞かせて?・・・男性の裸を見るのは嫌い?それとも好き?」
「・・・嫌いじゃないですけど・・・」
 煮え切らない態度をとるみどりに対して、強い口調で和美が割り込んだ。
「みどり。私たちもう50歳よ。おちんちん見て恥ずかしがってる歳じゃないでしょ?仕事のことも家のこともみんな忘れて楽しめばいいのよ」
 和美がけしかけたが、妙子がそれを制した。
「このパーティでは各自が好きなように楽しむのがルールなの。女性同士でおしゃべりするだけでもいいのよ。自分の気持ちが大切よ。」
「はい、わかりました」
「最後に一つだけ言っておくわ。ウェイターの男の子たちは、女性が希望することは何でもしてくれるの。だから、して欲しいことがあったら何でも言いなさいね。もちろんウェイトレスの女の子も同じよ。」
 そう言うと、妙子は隣のテーブルに移って行った。


 妙子と入れ替わるようにひとりのウェイターが近寄ってきて、和美に話しかけた。
「何かお飲み物でもお持ちしましょうか」
「そうね・・・」
 和美は、全裸のウェイターの顔を眺めた後、視線を下げていき、半勃ちしたペニスを眺めると再び顔をあげた。
「ところで、あなた・・・お名前は?」
「コウジです」
「そう、いい名前ね」
 コウジの肩に和美の手が触れた。
「いい身体してるわね・・・ねえ、みどり。そう思わない?」
「う、うん・・・」
 和美の手は、肩から胸板、そして腹部へと下がっていく。
「腹筋もすごいわ・・・」
 6つに割れた腹筋をゆっくりと撫で回す。
「ほら、みどりも触らしてもらいなさいよ」
 みどりの手がおずおずと差し出され、コウジの肌に触れた。
「ねえ、硬いでしょう」和美が尋ねる。
「うん・・・チョコレートみたい」
 みどりがボソッと言ったその言葉に、コウジは声をあげて笑った。
「ハハハハ・・・」
 その笑い声でみどりの緊張も少し解け、2人はコウジの腹筋を撫でまわした。
「そんなに触ったら、くすぐったいですよ」
「じゃあ、違うところを触ろうかな」

 和美の手が下がっていき、陰毛に達した。指先で生え際のラインをツーッと撫でた後、モシャモシャの陰毛の中に指先を突っ込み、グルグルと円を描く。
「ほら、みどりも触ってごらんよ」
 言われるままみどりも陰毛の中に指先を入れた。すると、その途端、コウジのペニスがグングンと硬さを持ち始め、ピンッと跳ね上がった。
「あらやだ。みどりが触ったとたんに大きくなってきた・・・」
「そんなことないわよ」
 みどりが弁明をする。
「ふふふ・・・冗談よ」
 和美はペニスを軽く握った。
「ふふふ・・・元気ね・・・みどりも触ってごらんなさい」
 みどりにとって、久し振りに見る勃起したペニス。
 赤く膨らんだ亀頭、血管の浮き出した陰茎。胸が高鳴る。
 そっと握ってみるととても硬い。みどりは、思わず上下に扱いた。
「ふう・・・」
 コウジが思わず吐息を漏らした。
「あっ!ごめんなさい」
 みどりはとっさに手を離す。
「何、恥ずかしがってるのよ・・・」
 和美はコウジに言う。
「ありがとう・・・でもまだ始まったばかりだから・・・またあとでね」
 コウジは軽く会釈をすると、ペニスを勃起させたまま、他のテーブルへと移って行った。
 それを見てみどりに話しかける。
「おちんちんどうだった?」
「どうって言われても・・・」
「でも私見てたわよ。あなたおちんちんしごいてたでしょう」
「そ、そんなこと言わなくたって・・・」
「いいの、いいの。パーティを楽しむ心の準備ができてきたでしょ?」

第1話から読む
FC2 Blog Ranking


関連記事

サキュバスの仕業 ~宿題~(4)


「こうやって、おちんちんを触ってあげると男の子は気持ちいいの。」
ペニスを握った手が、根元から亀頭へとゆっくりとしたスピードでスライドする。
「そして、亀頭が特に気持ちいいのよ」
真っ赤に腫れ上がった亀頭に細い指先を絡めながら、刺激してゆく。

「先生!先っぽから透明な汁がでてきました」
一番前に座っている女生徒が言った。
「これは、カウパー氏腺液というの。興奮すると出てくるのよ」
先生は、尿道口に指先を当てる。
「ほら、見て」
ツーッと指先を離すと、真っ赤な亀頭の先から透明な糸を引きだされるように、粘度を保ったカウパーが溢れ出した。
「すごい!」
女生徒たちは嬉しそうに声を上げた。
「そうね、たくさん出てきたね。・・・すごく興奮している証拠なのよ」
溢れ出すカウパー液を亀頭にまぶしながら、裏筋を刺激する。

「もっと滑りをよくするなら、こうするのよ」
先生は、その真っ赤な唇を閉じ、生徒たちの顔を見渡した。
ゴクリ、と誰かが唾を飲み込む音がした。

数十秒後、先生は唇を少しだけ開き、ピンク色の舌を突き出す。
すると、舌先から唾液がトローッと零れ落ちた。
先生の唾液は、途切れることなく真っ直ぐに落ち、そそり立ったペニスの先端に命中した。透明な唾液は、亀頭を濡らし陰茎へと零れ落ちていく。
陰茎から落ちる唾液を、先生は手で受け止め再びペニスに塗った。

「さあ。これからおちんちんをいっぱい扱いて、精液を出します。もっと前に来てください。」
女の子たちは互いに顔を見合わせていたが、恥ずかしそうな笑みを浮かべながら集まってきた。
最前列の女の子は、僕のペニスの数十センチほどの距離までに近づいてきて、じっと見ていた。

先生は僕を射精に導くように、ストロークのスピードを上げた。
「あぁぁ・・・おちんちんがドンドン熱くなっていくわ。亀頭もパンパンになってるわ・・・ほら!女の子が見てるわよ!・・・あなたの勃起したおちんちんをみんな見てるの・・・」
女の子たちは、僕の股間を凝視していた。

第1話から読む
サキュバスの仕業~宿題~の第1話から読む
人気ブログランキングへ

関連記事

サキュバスの仕業 ~宿題~(3)


女教師は、僕の耳元で囁いた。
「こんなにたくさんの女の子におちんちんを見られるのは、どんな気分なの?・・・きっと興奮してるのよね・・・だってこんなにも勃起してるんだもの・・・・」
鼓膜に響くいやらしい声に、僕のペニスはピクピクと何度も跳ね上がった。

「あら!本当に元気のいいおちんちんね」
先生は、そう言いながら生徒たちの方に向いた。
「皆さん!おちんちんがこんなに大きくなっています。いやらしいことばっかり考えている証拠です。」
クスクスと、女の子たちの笑い声が聞こえた。
「男の子は、いやらしいことを想像するとおちんちんが大きくなってしまいます・・・そして、おちんちんを触りたくなります・・・おちんちんを扱いて気持ちよくなりたいのです・・・そうなると、もう我慢できなくなります・・・シコシコしたいのです」
先生は、大きく反り上がったペニスを軽く握るとシコシコと扱き始めた。
「どう?気持ちいいでしょ?」
僕の耳元で先生が囁いたので、僕は小さく肯いた。

「皆さん!男の子は、こうやっておちんちんを扱かれると気持ちいのです・・・こうやってひとり裸で立たされて、勃起したチンポをクラスの女の子全員に見られながらでも、気持ちいいのです」
ハハハハ・・・
女の子たちは僕のペニスを間近で見ながら、大きな声で笑った。
笑われて、とても恥ずかしいのに、僕のペニスはますます硬くなった。
「わかりますか?これが宿題を忘れた原因です。勉強が手に付かない証拠です」

「先生!」
一番前に座っている女生徒が手を上げた。
「大きくなったおちんちんは、どうしたら小さくなるんですか?」
「いい質問ですね・・・これは何か知ってますか?」
ペニスを扱くのを止めて、先生は反り返った陰茎の下にだらりと垂れ下がった金玉を指差す。
「えぇっと・・・タマタマです」
はにかみながら女の子は応えた。
「そうですね・・・タマタマ、キンタマ、睾丸。いろんな呼び方があります。ちなみに先生は、キンタマという言い方が好きです。」
「キンタマだって」「いやだぁ・・」「フフフ」女の子が様々な反応を見せる。

「このキンタマは、精液を作るの役目をしています。男の子のキンタマは、精液をいっぱい作ります・・・そして精液がいっぱい溜まると、いやらしいことばかり考えるようなると・・・勃起したおちんちんを扱いて、気持ちよくなることしか考えられなくなります」
「だから勉強が手に付かなくなるんですね」女の子が発言した。
「じゃあ、貯まった精液を出してあげるといいんですね」隣の女の子が続いて言った。
「そう。その通り!・・・だから、今日は先生が精液をぜーんぶ出してあげます・・・キンタマが空っぽになるまで・・・・教師の役目としてね。」
妖艶な表情を浮かべた女教師は、再び僕のペニスを優しく握った。

第1話から読む
サキュバスの仕業~宿題~の第1話から読む
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

関連記事
次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。