FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

セクシャルサポーター ~富田亜沙美の場合~ (2)

亜沙美の美しい裸体を見てペニスを完全に勃起させて恥ずかしそうにする純平と手をつなぎながら、亜沙美はバスルームに入った。包皮が剥けて真っ赤になった亀頭は、触ってもいないのに既にパンパンに腫れ上がっている。
亜沙美は、そのことには一切触れないまま、シャワーで純平の身体をざっと流した。

「じゃあ、身体を洗いましょうね」
ボディソープのポンプを数回押して泡を手に取ると、純平の両手を優しくつかんだ。
「セックスをするときは、手はきれいにしてくださいね」
亜沙美は、純平の指を一本、一本丁寧に洗っていく。
根元から指先へしごくように擦る感触が気持ちよく、ペニスがピクピクと動いた。
亜沙美は微笑みながら、純平の表情をうかがった。
恥ずかしそうに天井を見上げる純平を見ながら、亜沙美は丁寧に指を洗ってやった。

10本の指を洗い終わると、亜沙美の泡だらけの手は、腕、肩、胸と移動していく。そして胸板を撫でながら、小さく硬い乳首にたどり着いた。すでに硬くなっている乳首を、亜沙美の細い指先が摘まむと、またもやピクンとカリ首を振り上げた。
「男の人も乳首は性感帯ですね」
指先を円を描くように動かし、純平の乳首を弄ぶ。
「純平君の乳首も・・・ほら・・・こんなに硬くなってる」
恥ずかしそうに純平は亜沙美の顔を見る。亜沙美は微笑みながら乳首をこねくりまわす。
「気持ちいいですか?」
純平は小さく頷く。
「・・・じゃあ、次はおなか」
亜沙美の手が、胸からおなかへと移動し、硬く引き締まった腹筋を撫で回す。
「くすぐったい!」純平は笑いながら身体をよじった。
「もう・・・動かないでください!」亜沙美も笑った。「はい、まっすぐ立って」

「じゃあ・・・次はどこを洗おうかな?」
妖しく微笑みながら、亜沙美はボディソープのボトルから泡を足した。
次に洗われる場所を想像して、純平のペニスはピクン、ピクンと大きく、跳ね上がる。
亜沙美はゆっくりとした動作で、純平の前に跪いた。
そして、こんもりと泡が盛られた両手で、硬く勃起したペニスを包み込む。
「うっ!」純平は反射的に腰を後ろに引いた。
「動かないでくださいね」そんな反応を予期していたかのように、亜沙美が応える。
ペニスを洗う際に射精してしまう男性は少なくない。反応を見ながら優しく洗うことが必要な事を亜沙美は心得ている。
「ちゃんと洗いましょうね」
泡まみれの手が陰茎を握り、ゆっくりと上下に動きながら洗ってゆく。
「ここはカスがたまりますから、きちんと洗ってくださいね」
細い指先がカリ首の溝を丁寧に擦ると、「んっ!」と純平が小さく声を上げた。

亀頭が一段と大きく膨らみ、陰嚢が収縮する。
亜沙美はその様子を見て、洗う場所を変更する。
「ここも洗いますよ」
黒々とした陰毛の中に指先をたてながら、シャンプーするように丁寧に洗う。
「ちょっと、脚を開いてください」
亜沙美は金玉にたっぷりと泡をつけて優しく洗う。
左手で金玉袋を持ち上げると、泡まみれの手を股間に差し入れ、玉袋から蟻の門渡り、そして肛門へとヌラリヌラリと動かした。
「しっかり洗えましたね・・・じゃあ、流しましょう」
身体中の泡を、亜沙美は丁寧にシャワーで流す。
「さあ、ベッドに行きましょう」

第1話から読む


人気ブログランキングへ




関連記事

友達のお母さん(3)

僕のペニスは再びムクムクと頭をもたげてきた。

「あら!・・・また元気になってきちゃった?」
おばさんは僕の顔を見上げ優しく微笑んだ。
下を向くとおばさんの優しい顔と一緒に、レース模様のブラジャーに包まれた豊満なおっぱいが僕の目に飛び込んでくる。
みるみるうちにペニスは大きくなった。

「いつもこんなに元気なの?」
おばさんは人差し指を伸ばし、亀頭を押さえた。
僕のペニスはバネのように、おばさんの人差し指を跳ね返す。
「さっき、出したばっかりなのに、もうビンビンね・・・」
おばさんが指を外すと、ペニスはピンッと跳ね上がった。
「フフフ・・・すごいね・・・」

おばさんは人差し指で亀頭の周りを撫で回し始めた。
そして、カリ首、裏スジ、尿道口へと辿る。
「ここから、透明な液がいっぱいでてるよ」
溢れ出すカウパー腺液を人差し指で亀頭に塗りつける。
パンパンに膨れ上がった亀頭がテラテラと妖しくテカる。

人差し指は、ツーと陰茎部を下がっていき、金玉袋に達した。
だらりと垂れさがった皺だらけの袋の中にある金玉を探すようにツンツンと突く。
「ここの中に精液がいっぱい溜まってるのね・・・もう1回する?」

(おっぱいを見せてくれたら、何回でもできます)
そう思ったが、言えるはずもなかった。
「いや・・・もう帰ります」
「こんなビンビンに勃起したおちんちんで帰るの?」
「・・・はぁ・・・」
「オナニーすることは恥ずかしいことじゃないのよ・・・」
「・・・でも・・・」
「手伝ってあげるからね」

おばさんは立ち上がると、僕に身体をくっつけた。
ブラジャー越しにおっぱいの柔らかさが腕に伝わる。
僕の耳元におばさんの口元が近づく。
「誰にも言っちゃだめよ・・・二人のヒ・ミ・ツ・・・」
僕は小さくうなずいた。

それを合図に、おばさんの柔らかい手が、反り返ったペニスを優しく包み込む。
そして、手のひらでゆっくりと亀頭を撫でる。
大量に分泌されたカウパー腺液が潤滑剤となって、ヌルヌルと気持ちいい。
ますますカウパー腺液が溢れ出す。

透明な潤滑剤を塗りつけた指先がカリ首をつかんだ。
まるでビンのフタを開け閉めするように、クルクルと指先を動かす。
「あっ・・・」思わず声が漏れる。
「気持ちいいの?」
耳元の囁き声に背中がゾクッとして、思わず腰を引いてしまう。
僕の背中に柔らかいおっぱいが当たる。
おばさんは、僕の腰に手をまわし、更に身体を密着させる。
「わかる?・・・あなたが大好きなおっぱい・・・くっつけてあげる・・・」

第1話から読む

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


関連記事

癒しの部屋(2)

麻里奈は僕の姿を見ながら天使のような笑顔で話しかける。

 おちんちん、気持ちいいですか。
 ほら・・・我慢汁が・・・
 先っぽから我慢汁がドンドンでてますね。
 すごい。
 いっぱい出てきて・・垂れてるよ。

僕はペニスをしごきながら、片方の手で金玉袋を愛撫する。

 もうやだ・・・金玉触ってるんですか?
 ふふふ・・・金玉が入った金玉袋・・・玉袋も気持ちいいんですか。

そして、大きく膨らんだ麻里奈の胸元を見つめる。
 
 どこ見てるの?
 麻里奈のおっぱい、見たいんですか。
 ふふふ・・・
 麻里奈のおっきなおっぱいが見たいんですか・・・・いいですよ。

麻里奈がワイシャツを脱いだ。
白い肌のおおきな乳房。
少し大きめの乳輪。
そしてピンク色の乳首。

 どう?麻里奈のおっぱい。

その、たわわな果実に僕は手を伸ばす。

 触っちゃだめ!
 今日は私の言うとおりにしてね。
 そう。私の身体を見ながら、あなたがオナニーするところが見たいの。

僕はいわれた通り、手をひっこめる。
そして、さらに硬さを増したペニスを握る。

 おちんちん、ピクピク動いてるよ。

 そんなおちんちん見たら、
 麻里奈の乳首もピンピンに勃ってきちゃいました。
 ほら、麻里奈の乳首、勃起してるの・・・
 あなたのおちんちんみたいに・・・勃起してるのよ。

麻里奈は、自ら乳房を揉みしだく。
硬くなった乳首を指の間に挟み、刺激する。

僕はそんな姿を見ながら、ペニスをしごき上げる。

 あぁぁ・・・
 がまん汁・・・すっごい。
そのいやらしいおちんちん見てたら、
 私のアソコも濡れてきちゃった。

僕の脚の間に、ペタンと座り込みM字に脚を開く。
パンティーのクロッチの部分に大きなシミができている。

 ほら。こんなにも・・・
 
麻里奈はそう言いながら、パンティの上から指をあてがう。
そして、割れ目の筋に沿って指を動かしていく。

 あぁぁ・・・
 
熱い吐息が漏れる。
そして、指の動きが段々早くなる。

 ふーん・・・気持ちいい。
 
麻里奈はクロッチの横から指を入れ、敏感な部分を直接愛撫し始めた。
クチュクチュと淫靡な音が響く。

 あん、あん・・・気持ちいいわ・・・
 あなたも気持ちいい?
 おちんちん気持ちいいの?
 
そんな麻里奈の姿を見て、僕のペニスは反り返る。
そして時折、ゾクゾクとした快感が襲ってくる。

 もう・・・麻里奈のオナニー見て、興奮してる?
 シコシコする手がすごい早くなってますよ。
 
 もう・・・イっちゃいそうですか。
 イっちゃいそうなんでしょ?
 
 おちんちんから、精子いっぱい出して下さいね。
 ドピューって思いっきり飛ばしてください。

 ほら・・・イっちゃいそう?
 ドピュッてだしてね。

 イってもいいですよ
 あぁ・・・そう・・・
 あぁ・・・もっと・・・
 そう・・・ドピュッて

ドピュッ!ドピューーーーッ!

 あっ!・・・すごい!・・・おちんちんから!
 すっごい!精子が・・・いっぱい!

ピュー!ピュッ!ピュッ!

 まだ・・・止まらないよ。

ピュッ!ピュッ!・・・・・・

 すっごい濃い精子が、たくさん出ましたね。
 本当にいやらしいんだから。

今日はあなたのいやらしいオナニー見せてもらって興奮したわ。
 麻里奈の部屋に、また来てくださいね。
その時は、もっと癒してあげるね。

第1話から読む

FC2 Blog Ranking


関連記事

先生に見られながらの・・・(2)

じゃあ、そろそろオナニーするところ見せてもらってもいいかな。

だって、あなた。見られたいんでしょ?
だから、あんなところで、おちんちん出してたんでしょ?

見つけたのが、先生でよかったわね。・・・先生も少しびっくりしちゃった。

でもあんなことしたら、ヘタしたら警察呼ばれちゃうわよ。・・・大丈夫よ。先生はそんなことしないわよ。

だから、オナニーするところじっくり見てあげる。

いつもはどんな格好でオナニーするの?・・・椅子に座って?・・・じゃあ、そこの椅子使っていいわよ。

でも、すごいね・・・ずっと、ビンビンだね。
で、そのビンビンのおちんちんをどうな風に触るのかな?

まずは、右手の指先で亀頭を撫でるんだ。やっぱり亀頭が感じるのかな。
ははーん。裏筋のところを、指先でそうやると気持ちいいの?
カリ首のところも指先でひっかくようにするんだ。
亀頭が、大きくなってきたね。
そして、左手は金玉をさわさわと、軽く撫でる・・・と。
でも玉と言うより、袋をなでるんだ。

さっそく、亀頭の先から透明な液が垂れてきたよ。
たくさん、でてきたね。
その液は、亀頭に塗りつけるのね。
いやらしい。・・・亀頭がテカテカ光ってるよ。

ずっと、亀頭ばっかり触ってるけど・・・亀頭が一番感じるんだよね。

でも、ビンビンになって、陰茎の血管もすごく浮き出てるよ。

おちんちんをシコシコしごいてるところを、先生に早く見せて欲しいな。
そうやって、右手で握って、上下にしごくの。

気持ちいい?・・・先生、うれしいな。
男の子の気持ちよさそうな顔を見るの、大好きなの。

君の手から真っ赤な亀頭が、出たり入ったりしてるね。
もっと、シコシコしごいて。

気持ちいい?・・・
金玉袋がキューって小さくなってきたわよ。
イキそうになってきた?
いいわよ・・・イッテも。

オナニーなんだから、ガマンすることないのよ。
思い切ってイキなさい。
そして、熱いザーメンが飛び散るところを先生に見せて。お願い!

腰が浮いてきたね。
そう・・・シコシコして・・・気持ちよくなりなさい。
あぁぁ。・・・先生も・・・君のいやらしいオナニーをしっかり見てるからね。
君も、いやらしいザーメンを先生にたくさん見せて。

イキそう?・・・イキそうなの?・・・イッて!・・・思い切ってイッて!

ドピュー!ドピュー!・・・ピュー!・・・ピュー!・・・

すごい!・・・ほら、ここまで飛んだよ。
気持ちよかった?
それに、たくさん出たね。・・・こんなにたくさんのザーメン、先生始めてかも。
あぁ。・・・君のザーメンのいやらしい匂いがする。・・・先生大好きよ。

第1話から読む

アダルトブログランキングへ


関連記事

無料宿泊体験(4)

一方、弘樹は真央の髪を拭きながら、ピンクのブラジャーに包まれた巨乳に見入っていた。
前へ大きく張り出したおっぱいは、弘樹の視線を釘付けにした。

ふと真央を見ると、真央の視線は弘樹の股間に集中していた。それを知り、弘樹はペニスが大きくなるのを止められなかった。
垂れ下がっていたペニスが、むくむくっと立ち上がった。
「そんなに見つめられると、ちょっと恥ずかしいですよ。」弘樹が戸惑ったように言った。
真央は、はっと我に返った。「・・・ごめんなさい。・・・」
「いや。いいんですよ。・・・でも、今度は僕も拭いてもらってもいいですか。」そういうと弘樹は真央にタオルを渡した。
「えっ・・・それはちょっと・・・・」真央は、口ごもった。
「でも、川上さん、最初に言ったじゃないですか。自分の家だと思って過ごしてくださいって。・・・・もし僕の家に彼女が来て、二人でお風呂に入ったら、やっぱりしますよね。こんなこと。・・・だから仕事だと思って・・・お願いしますよ。」
仕事と言われ、真央はしかたなく、タオルで弘樹の下半身を拭き始めた。
おなかからへそへ、そして陰毛、そしてペニスへと。
半勃ちのペニスをタオルで両手で包み込むようにして拭く。するとペニスは固さを増し、ビンビンになる。
真央は、それでも何度も何度もペニスを拭いた。ペニスの固さを両手の掌に感じながら、根元から先端へくり返し拭いた。亀頭は赤黒く光りを増す。
十分固くなりペニスが反り返ったところで、今度は金玉袋に手を移す。
金玉袋の下側からタオルをあてがい優しく拭く。そして金玉袋を掌でころがすようにする。
袋の中でクルミ程度の大きさの玉が、移動するのがわかる。
今度は、指先で金玉を優しくつまんでみる。やはり弘樹の金玉は大きめだと真央は思う。
さらに指先で金玉を袋の中で行ったり来たりさせてみる。この不思議な感触が真央は大好きだ。

気が付くと、真央の手にタオルはなかった。
しかし、真央は気にせず、金玉を愛撫し続けた。
女性には無い、この不思議な形の器官が真央は大好きだった。

(第1話から読む)

FC2 Blog Ranking



関連記事
次のページ