FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癒しの部屋 ~バスルーム~ (3)

麻里奈は、勃起したペニスにシャワーを当てながら、上下に扱く。
「洗ってるだけなのに、カチカチになってますよ」
麻里奈がうれしそうに、僕の顔を見る。

「敏感なんですね・・・シャワーだけでも気持ちいいんじゃないですか?」
麻里奈はペニスから手を離し、シャワーヘッドを陰茎に近づける。
勢いよくほとばしるお湯が反り返った陰茎の左側から浴びせられた。
お湯の勢いでペニスが右を向く。
「ほら、シャワーの勢いで、向きが変わりましたね・・・今後はこっちから」
右側からシャワーを浴びせられ、ペニスは左を向いた。
「面白い!」
麻里奈のシャワーに操られ、右や左に向きを変えながら、ますますペニスは硬くなる
「触ってないのにビンビンですよ・・・ここはどうですか?」
今度は、亀頭の真正面からシャワーの刺激を受ける。
「うっ」僕は思わず声をあげた。
シャワーから出るお湯の一筋が、尿道口を刺激するのだ。
「やっぱり、先っぽは気持ちいいですか・・・こうするともっと気持ちいいでしょ?」

グルグルと動くシャワーが、亀頭を刺激する。
尿道口、カリ首、そして裏筋。
シャワーの刺激は徐々に蓄積され、腰のあたりがムズムズしてくる。

「亀頭が真っ赤に腫れ上がってますよ」
背スジに射精感がこみ上げてきて、思わず腰を突き出してしまう。
「あら!・・・もっとシャワーを当ててほしいんですか。いやらしいおちんちんですね」

麻里奈は、シャワーの距離や方向を変えながら、様々な刺激を僕のペニスに与えてくる。
「いいんですよ。気持ちよくなって・・・ほら、おちんちんがピクピクしてますよ」
麻里奈に言われるように、僕は我慢出来なくなっていた。
「イキそうなんですよね・・・さあ、思い切りイッテください。いっぱい出してください。ほら!ほら!」

「イクッ!!」
ドピュッ!!・・・ドピュッ!!
僕のペニスは、ビクンビクンと脈打ちながら、何度も精液をまき散らす。
ピュッ!ピュッ!・・・ドクッ!ドクッ!・・・トロ、トロ、トローリ・・・

「すごい! あんなところまで飛んでる!
麻里奈が指さすバスルームの端の方の壁には、白濁汁がベットリと付いていた
「それに、元気がいいからザーメンがあちこちに飛び散ってますよ」
大量のザーメンをシャワーで流しながら、麻里奈は笑った。

「じゃあ、もう一度おちんちんを綺麗にしましょうね」
麻里奈は再び、僕のペニスにシャワーをかけた。

第1話から読む

人気ブログランキングへ



関連記事

美咲先生のオナニー鑑賞(4)

「さあ。見ててあげるから、オナニーを続けて・・・」
「はい・・・」
勃起したペニスに顔を近づける二人を眺めながら、真治はオナニーを再開した。
包皮に包まれた亀頭に指3本を当て、上下に動かす。
時々は、皮をグイッと引っ張って亀頭を露出させる。
こうすると裏筋が刺激され気持ちいいのだ。
真治の手のスピードがだんだん速くなってくる。

「真治くん、早く扱くと気持ちいい?」美咲が尋ねる。
「・・・はい・・・」
「じゃあ、もっと早く扱いて。そしてもっと気持ちよくなってね」
「・・・は、はい・・・」真治の息使いが早くなる。
「すごい・・・ビンビンになってきたね」
「・・・あぁぁ・・気持ちいです・・・」
真治の手はさらにスピードを増してゆく。
「先生・・・出ちゃいそうです」
「いいわよ・・・いっぱい出して」
「アッ!・・・出る!・・・出る!!」
腹にくっつくほど硬く勃起していた陰茎を天井に向け方向を定めると、グイッと包皮を剥いた。
そして真っ赤な亀頭を完全露出させた瞬間。
ドピュー!!!!ドピュー!!!
白濁した精液が1メートルほどの高さまで噴き上げた。

「キャー!!・・・スゴイ!」
美咲が驚きの声を上げる。

その後も続けざまに、ドピュードピューと何度となくザーメンが噴き出し、真治の腹や胸にボトボトと落下した。
真治はペニスを扱き続ける。
その度に精液がトクトクと溢れ出し、亀頭、陰茎と流れてゆく。
真治は、指を精液まみれにしながら、なおも扱き続ける。
そうすると、精液は、とめどとなく溢れ出してくる。

「たくさん出るね」桃花が言う。
「本当、スゴイわ」美咲も同意した。

しばらくの間、真治はおちんちんを触り続けていたが、ようやく収まったようだ。

「真治くん、いつもこんなに出るの?」
「ええ。でも、こんなに出たのは、初めてです」
真治はティシュペーパーで精液を拭き取りながら話した。

「ところで、高島先生・・・真治くんのおちんちんは、どうですか?」桃花が尋ねた。
「もちろん、大丈夫よ・・・こんなにいっぱい出るんだもの、それに勢いもすごいし・・・」美咲は真治に言った。
「真治くん、よかったね」桃花も真治に向かい優しく微笑んだ。
「はい」嬉しそうに返事をした。
そして、服を着ると二人に礼を言って部屋から出て行った。


「ところで、加藤先生。髪に何かついてるわよ」美咲が指さした。
「えっ」
自分の髪にザーメンがついているのに、桃花は気が付いた。
「やだ・・・こんなところに、真治君の精液が飛んでるわ」
桃花は指先でザーメンを拭い取ると、ペロリと舐めた。
「うーん。おいしいわ」
満足げに桃花は笑った。
「もう、桃花ったらいやらしいんだから」
美咲も笑った。
「・・・あっ!私の髪にも!」
自分の髪についたザーメンを見つけると、美咲は同じように指で掬い取ると舐めた。
「すっごく濃いわね。たまらないわ・・・今日は桃花のおかげでいいもの見せてもらったわ。ありがとう」
「どういたしまして。・・・教師っていい仕事よね。フフフ・・・」
精液の匂いが漂う保健室で、二人の女教師は妖しげに微笑んだ。

第1話から読む

FC2 Blog Ranking



関連記事

お姉さんに見られちゃった(2)

さあ、服を全部脱いで。

どうしたの?恥ずかしいの?
でも、恥ずかしいって言うのに、おちんちんはこんなにビンビンになってるよ。

もしかして、恥ずかしいと興奮しちゃうのかな?
大丈夫よ。そんな君のことがお姉さん大好きだから。

全部脱いだら、ベッドに横になってね。
それにしても元気なおちんちんね。ピーンって上を向いてるわ。
お姉さん、元気なおちんちん大好き。
ほら、こうやってシコシコしてあげる。

どうしたの?びっくりしたの?
お姉さんはもう大人よ。だから男のひとのおちんちん大好きなの。
だから、今日はわたしが、気持ちよくしてあげる。
君も、もう少し大きくなって彼女ができたら、その子にしてもらいなさいね。

あっ!ネバネバの液が出てきた。
ほーら。いっぱい出てきた。
じゃ、こうやって塗り付けちゃおう。
真っ赤な亀頭がテカテカになっちゃった。

ほーら。滑りがよくなって気持ちいでしょう。
裏筋から、亀頭の周りのくびれたところ。いっぱいしごいちゃおう。
どう?気持ちいい?

えっ!どうしたの?・・・イキそうなの?・・・イっちゃう?
あっ!あっ!・・・凄い!凄いよ!・・・いっぱいでてる!・・・凄い!

いっぱい出たね。・・・こんなところまで飛んでるよ。
気持ちよかった?・・・お姉さん嬉しいわ。
じゃあ、またね。



第1話から読む

人気ブログランキングへ



関連記事

罰ゲーム(9)


「あっ!・・・イクッ!」
健太の声と同時に、ペニスから精子が勢いよく吹き出した。
ドピュー!ドピュー!
「キャー!」
明美は思わずペニスを握っていた手を外した。
そのため、ペニスはビクンビクンと上下に脈打ちながら、ザーメンをあたりにまき散らす。
「キャー!」
今度は3人の友人たちが悲鳴を上げた。
健太のペニスは何度も精子を吐き出しながら、女の子たちの制服を汚した。

「明美!おちんちん離しちゃだめだよ」加奈が言った。
「ごめん!」慌てた明美は、健太の正面に座り込み、まだ勃起したままの再びペニスを握った。すると、残っていたザーメンがドピュー!と発射された。
「キャッ!」
予期しなかったタイミングだったので明美は避けきれず、ザーメンは顔に掛かってしまった。
「ごめん!」健太はそういいながらも、もう一度ザーメンを明美の顔に発射した。
そして、その後は、勢いがなくなったザーメンをドロリと出し、明美の制服のスカートの上に垂らした。

「ようやく止まったね」陽子が笑った。
「本当・・・健太、精子出しすぎ!」加奈も笑った。
「明美の顔に、精子いっぱいついてるわよ」悦子が教えてくれた。
確かに明美の頬から口に掛けてザーメンがついていた。
「悦子・・・ティッシュある?」
「明美、教えてあげるわ・・・こういう場合はこうするの」
悦子は指先でザーメンを掬い取るとペロリと舐めた。
「えっ!舐めたの?・・・」明美が驚いて声を上げた。
「おいしいわよ」
「本当?」
明美は不審そうにしながらも、顔のザーメンを指先で救い、口の中に入れた。
「・・・」明らかに不味そうな表情を浮かべた。
「ハハハ・・・不味いでしょ?」加奈が笑った。
「私もあんまり好きじゃないな」陽子も同意する。
「そうかな・・・私、大好きだけどな・・・」悦子は不満そうに言うと、ティッシュを取り出した。
みんなもティッシュを取り出し、顔や服についたザーメンを綺麗にふき取った。
健太もペニスをティッシュで綺麗にした。

「じゃあ、お二人さん・・・これで罰ゲームは終わりかな?」陽子が言った。
「うん」健太と明美の返事が重なった。
「あらら・・・気が合うんだね。」加奈が茶化した。
「そろそろ、私たちは退散するとしましょうか」悦子が言うと、3人は立ち上がると、健太に近づいた。

「今日は楽しかったよ」
加奈はそう言うと、健太の亀頭を指先で撫でまわした。
するとペニスは少し硬さを持ち始めた。

「いいもの見せてもらったわ」
悦子は、少し大きくなったペニスを握り、2、3度扱きあげた。
するとペニスは見る見るうちに勃起してきた。

「本当に、今日はありがとう」
陽子は自分の指を舐めると、裏筋から亀頭をこねくり回した。
健太のペニスは完全に勃起した。

「もう、やめてよ!」明美が大声で言った。
そしてペニスに絡みつく陽子の手を払いのけると、明美は健太のペニスを愛おしそうに握りしめた。
「私・・・健太が好き・・・」

「じゃあ、邪魔者は帰るわ」
「でも部屋の掃除は忘れないでね。」
「明日、ザーメン臭いと思うわ・・・ハハハ」

ドアの外へと出て行く3人を見送ったのち、健太と明美は見つめあった。
「俺も、明美が好きだ」
「嬉しい!」
明美は、全裸のままの健太に抱き着いた。
硬く勃起したペニスを握りしめたまま。

第1話から読む

人気ブログランキングへ



関連記事

罰ゲーム(7)

明美は健太の顔を覗き込んだ。
「本当に、いいの?」
健太も明美の顔をじっと見ながら答えた。
「うん・・・触って欲しい・・・明美が嫌じゃなければ・・・」
明美は少し戸惑った表情を浮かべた。
「健太がそう言うんだったら・・・私はいいよ」
健太の顔が少し明るくなった。
「じゃあ、少しだけ・・・触ってみて」

明美は、不安そうに周りの女の子たちを見渡した。
陽子が小声でアドバイスする。「そっと握ってみな」
その声に小さくうなずくとピンと上を向いた陰茎を、明美はそっと握った。
「ふー」と健太が声を漏らした。

「どんな感じ?」加奈が尋ねる。
「うーん・・・わかんない」
「硬いでしょ?」
「うーん・・・ゴムみたいかな?・・・でも中の芯はすごく硬いよ」
「さすが、優等生。描写が細かいね」悦子が笑った。
その笑い声で場の雰囲気が緩んだ。

「じゃあ、握ったままシコシコしてごらん」
「こうかな?」
明美はゆっくりと、扱き始めた。
「そうそう・・・うまいじゃない。」
陽子が健太の顔を覗き込む。「どう、気持ちいい?」
「うん・・・気持ちいい」
「だろうね・・・先っぽから透明な液がいっぱいでてるよ」
陽子は指先でその液を掬い取った。
「これ何?」明美は手を止めて尋ねた。
「これは、ガマン汁。正しくはカウパー氏腺液って言うんだ。気持ちよくなると出てくるんだよ」
「これが精子なの?」
「これは精子じゃないよ。射精する前に出るんだよ・・・ほら」
尿道口からタラタラと溢れ出すカウパーを、再び指先で救い上げ、亀頭に擦り付けた。
「明美もやってごらん」
教えられた通り、透明な液を真っ赤な亀頭に擦り付けた。
「こうすると、滑りがよくなるだろう・・・そして、こうやって触ってあげると、男の子は気持ちいいんだよ」
陽子は指先で裏筋を刺激すると、ペニスはピクンと跳ね上がった。

「やってごらん」
明美も裏筋を指先で刺激する。
すると、カウパー氏腺液が、トロリと溢れ出してきた。
「すごい!いっぱい出てきた!」明美が嬉しそうに言った。

「じゃあ、もっとシコシコしてあげよう」加奈がはしゃいだ。
明美の手の動きが早くなってきた。

「さすが優等生。覚えが早いね」悦子が笑った。

第1話から読む

人気ブログランキングへ


関連記事
次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。