FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

数学の女教師


今日の数学のテストの結果は、ひどかった。
昨晩はあまり勉強ができなかったので期待はしていなかったが、自分でも驚くほど低い点数だった。
案の定、数学の鈴木先生から呼び出しを食らった。
鈴木先生は、分かりやすい授業で生徒から人気のある女の先生だ。

授業が終わり進路指導室に行くと、鈴木先生がひとりで待っていた。
真っ白なシャツに紺色のタイトスカートが魅力的だ。
「じゃあ、座って」
僕が椅子に座ると、先生も隣の椅子に並んで座った。
「田中君、今日のテストは悪かったね。どうしちゃったの?」
先生が、僕の顔を覗き込む。
「最近、勉強が手に付かなくて……」
「そうなの?勉強もいいけど、たまには身体を動かさなきゃだめよ」
「そういえば、全然運動してません」
「ダメよ。男の子は運動して発散させなくちゃ。すぐに溜まっちゃうんだから」
「はい……」
「昨日はしたの?」
「エッ!何をですか?」
「何をって……オナニーに決まってるでしょう」
鈴木先生の口からオナニーという言葉が出て、僕は驚いた。
「どうしたのそんな顔して。私がオナニーって言ったからびっくりしたの?マスタベーションとか自慰って言った方がよかったかしら。でも同じでしょう……で、きのうはシコシコしたの?」
僕はチンポが硬くなってくるのを感じた。
「昨日はしてません」
「ダメよ。男の子はオナニーしてすっきりしないから勉強が手につかないのよ」
「はい、すみません」

「じゃあ、今日は先生が手伝ってあげる」
鈴木先生の手が伸びてきた。
「いや、いいです」
「恥ずかしがってるの?……大丈夫よ。先生には今までたくさんの男子生徒を教えてきた経験があるの。それではっきりしているのは、男子の成績不振の最大の原因は、精子を溜め過ぎなのよ。」
「そうなんですか」
「そうよ。だから今日は先生が手伝ってあげるって」
先生の手が、ついに僕の股間を掴んだ。
「あれ?硬くなってる?」
先生の手が、ズボンの上からチンポを撫で回す。
「もうカチカチね」
先生はズボンとトランクスを脱がすと、完全に勃起したチンポを見て嬉しそうに笑った。
「田中君。立派なおちんちんね」

先生は、早速扱き始めた。
「こんなに元気がいいんだから、毎日オナニーしなくちゃ」
「はい……」
「ほら。ここ気持ちいでしょう」
シコシコと扱きながら、片方の手で亀頭を撫で回す。
もう、我慢できない。
「先生……イキそうです」
「いいわよ。いっぱいだしてね」
「アッ!イクッ!」
ドピュー!ドピュー!

先生の真っ白なシャツと紺色のタイトスカートに、精液をぶっかけてしまった。
「すごい!たくさん出たね」
「でも先生の服に掛けてしまって、すみません」
「全然、構わないわよ。でも、洗わないとダメね」
そう言うと、シャツとスカートを脱ぎ、ブラジャーとパンティ姿になった。

「田中君、またおちんちん大きくなってるよ。それじゃあ、家に帰っても勉強が手に付かないんじゃない?」
「……」
「よかったら、もう少しここで先生とお勉強しない?」
僕は大きくタテに首を振った。

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


関連記事

田舎暮らし ~オナニー真っ最中~

田舎暮らしを始めて2日目。

大きな家具の設置や、だいたいの片づけは、村の人たちに手伝ってもらって昨日済んでいるので、今日からは私たち夫婦で少しずつ荷物の整理をし始めた。
山積みの段ボール箱を順々に開けて、中の荷物をタンスや本棚に収納していくのだが、結構大変な作業だ。

「あー。疲れるね」と私が言うと、妻も大きく頷いた。
「ちょっと休憩がてら、ぶらっと散歩にでも行こうか?」
「いいわね」
ということで、二人で散歩に出かけることにした。

村を囲む山々の緑がまぶしく輝いている。吹き抜ける風も大変心地よい。
畑の貫くように通る道路を歩いていくと、数十メートル間隔で家が並んでいる。
田舎のことなので私たち以外に歩いている人はおらず、時折、農作業に向かう軽トラックが通りすぎるだけだ。

しばらく歩いていると、不審な声が聞こえてきた。
誰かのうめくような声だ。
「あなた、今の声聞こえた?」
「うん。苦しそうな声だったよね」
「ここの家からかしら?」
目の前にある、典型的な田舎の家を指さした。道路から、駐車場と庭を兼ねたような土地があり、その奥に住宅が建っている。

何か急病人がいるのかもしれない。
私たちは庭を突っ切り家に近づく。
「ん、ん、うぅん・・・・」
またしてもうめき声が聞こえる。

私は玄関扉を開けようとした。しかし鍵がかかっていて空かない。
私は妻の手を握ると、足早に家の横側に回り込んだ。

すると案の定、居間らしき部屋のガラスサッシが見えた。
急いで私たちはそこから中を覗き込んだ。

そして、その中の情景を見て、思わず息を飲んだ。
なんと、一人の女性が大きく脚を広げ、横たわっていた。しかも仰向けで膝を立てている。
そしてスカートが捲れあがっているため、黒々とした陰毛に囲まれた無防備な女性器がはっきりと見えた。

その女性は中指をペロリと舐めると、女性器の中に深々と挿し入れた。
「うぅぅぅん・・・」
抑え切れない嗚咽が漏れる。
女性は中指を小刻みに出し入れしながら、自分の世界に没頭していく。
「うぅん、うぅん・・・はぁん、はぁん・・・あん!・・・」

彼女の片手が、着ているTシャツをたくし上げると、大きな乳房が現れた。
彼女がギュッとつかむと、柔らかそうなおっぱいに指が食い込んだ。
そして自ら、荒々しく揉み始めた。
「はぁ、はぁ、はぁ・・・・」

私たちに見られているとは知らず、彼女は自慰行為を行っているのだ。

おまんこに押し当てた手は円を描きながらクリトリスを刺激し、挿入した指はいつしか2本になっている。
「うぅん、うぅん・・・あぁぁぁん!・・・うぅん・・・はぁぁぁん!・・・」
快感に溺れながらも堪えている喘ぎ声だが、感情の高ぶりにより、時折甲高い声が漏れてしまう。

ふと横を見ると、大きく目を見開き、女性のオナニーを凝視する妻がいた。

彼女の指はさらに激しく動く。
「はぁん!あん!あぁぁん!・・・あああぁぁん!!!」
妻に見つめられ、彼女はイッてしまった。

彼女の絶頂を見届けると、私は妻の手をギュッと握りしめた。
妻は我に返り、私の顔を恥ずかしそうに見た。
「すごかったね」
私は囁くと、彼女の手をギンギンに勃起した股間に押し当てた。
彼女は再び私の顔を見つめ、妖しく微笑んだ。
「私、早く家に帰りたいの。あなたもそうでしょう?」

ああ、この村に引っ越してきて、本当によかった。

第1話から読む

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

関連記事