FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

隣の奥さんと汗まみれSEX(11)

ぐったりとした早紀は、膣からペニスを抜き、太一の横で仰向けになった。
汗まみれのおっぱいが、体側にこぼれ落ちる。
「またイッちゃったね」
その柔乳を手のひらで弄びながら、太一が優しく声を掛けた。
「うっ!ふぅん・・」
硬くなった乳首の刺激に感じながら、早紀は恥ずかしそうに小さく頷いた。
しかし、その表情とは裏腹に、手を伸ばして勃起しているペニスを握った。
「・・・ねえ・・・入れて」

太一は身体を起こす。そして肉付きのいい彼女の太ももを開き、正常位の体制になる。
褐色の淫唇は大きく開き、ピンクの膣口から溢れ出るネットリトした液が白濁している。
太一は、ゆっくりとその中に、ペニスを差し込んだ。
「あぁぁん!・・・・」
挿入の快感に耐えるように、早紀は少し眉間にしわを寄せながら喘いだ。

太一は、ペニスにまとわりつく粘感を愉しみながら、奥まで差し込んでいった。
「あぁぁぁぁぁぁ!・・・・入っている!!」
早紀は、大きな声をあげた。そして目を閉じたまま。
「早紀さん、大丈夫?」
「うん、大丈夫・・・太一くん・・・すごく気持ちいいの」
「嬉しいよ」
太一は、ゆっくりと腰を使い始めた。
抜いて、挿して、抜いて、挿して・・・・
「はぁぁぁん!・・・あん!・・・ふぅぅぅん!・・・あん!」
腰の動きに合わせて、早紀は甘い喘ぎ声を上げ続ける
「うん!・・・ふぅん!・・・はぁん!・・・いい!」

快楽に酔いしれる熟女の声を聞きながら、太一は挿抜を繰り返す。
愛液溢れるオマンコにペニスを打ち付けるたびに、肉感あふれる身体がブルブルと震える。
体側にこぼれた乳房、段々になった腹肉、太い太もも。全ての肉が、熟女の肌から溢れ出す汗で、テカテカと輝きながら揺れている。
そして、挿抜を続けるペニスも、白く泡立つ愛液まみれになっている。
「あぁぁ・・・太一くん、気持ちいい!」
太一は、熟女の身体に魅了されていた。

第1話から読む

FC2 Blog Ranking


関連記事

サキュバスの仕業 ~階段~(2)

(あぁぁ、すごく立派ね・・・早くちょうだい・・・)
彼女は階段に手をついて四つん這いになり、グイッとお尻を突き出した。
白く丸きなお尻の割れ目の間に、小さくすぼまった肛門と、ぷっくりとしたオマンコが見えた。

彼女は股間に手を伸ばし、自ら大陰唇を開くと、艶々と輝くピンク色の肉襞を僕に見せつけた。
(硬いおちんちんを、ここに入れて・・・)

僕は、ペニスを膣口にあてがうと、ズボズボッと一気に挿入する。
(はぁぁぁぁん!)
彼女は艶めかしく腰をくねらせる。

僕はゆっくりと腰を動かし始める。
ヌメヌメとした感触がペニスにまとわりつく。

クチュ、クチュ、クチュ、クチュ
ペニスを抜き挿しするたびに、オマンコからいやらしい音がする。

(いい!・・・あん!・・・いいの!・・・あぁぁぁん!・・・気持ちいい!!)

オマンコはヌメヌメとした愛液を溢れさせながら、ペニスを締め付ける。
僕はその快感をタップリ味わいながら、抽挿を繰り返す。

(あぁぁ・・・おちんちん気持ちいい!・・・あん!・・・おちんちん、いい!・・・はぁん!・・・もっと突いて!・・・奥まで突いて!)

彼女は女猫のように腰を反らし、お尻を高く突き上げた。
僕はオマンコからペニスが抜けるほど腰を引いた。
そして、ひと呼吸置くと、一気に奥まで突き刺した。

(あぁぁぁぁ!!)

ひと際大きな喘ぎ声を聞きながら、ロングストロークでゆっくりと挿抜を繰り返す。
(あん!・・・あん!・・・当たってる!・・・おちんちんが奥まで当たってる!・・・いいの!・・・オマンコ気持ちいいの!・・・もっと!・・・もっとちょうだい!)

その声に応えるように腰のスピードを上げる。

(はぁん!・・・いい!・・・イキそう!・・・私、イキそう!)

ゾクゾクとした快感が急速に襲ってくる。

(あぁぁぁぁイッちゃう!・・・気持ちいい!・・・はぁぁぁん・・・イク!イク!イク!・・・イクッッッッッッ!!!)

オマンコがキューッ!と絞り込まれる。
「あぁ・・・いくっ!・・・」
背中に快感が走ったと思った瞬間、ペニスの先からザーメンが噴き出した。
ドピュッ!ドピュッ!

・・・・・

「あっ!」
気が付くと、僕は夢精をしていた。

第1話から読む

人気ブログランキングへ


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
関連記事

セクシャルサポーター ~富田亜沙美の場合~ (7)

「じゃあ、セックスのお勉強を続けましょう」
亜沙美は純平の横に添い寝をし、胸板をさわりながら話を続ける。
「セックスをする時に、女の子のおっぱいやオマンコを触ったり、舐めたいって思うでしょう。・・・それは女の子も同じなの。女の子もおちんちんや金玉を触ったりしたいのよ」
亜沙美の手が下半身に移動し、純平のペニスをゆっくりと擦った。
するとペニスはググッと大きくなった。
「ほら、もう復活している」純平の顔を見て微笑んだ。
「女の子は、男の人にも気持ちよくなって欲しいの。だからこんなこともするのよ」
亜沙美は身体を起こすとペニスに顔を近づけた。そして純平の顔を見る。
純平も亜沙美を見つめている。
「フェラチオしてあげる」
亜沙美は純平を見つめながら、大きく舌を出し亀頭をペロリと舐めた。
「うぅん・・・」
純平の声を聞きながら、亀頭を口に咥える。
「あぁぁ・・・気持ちいい」純平が声を漏らす。
敏感な純平が再び射精しないように気を付けながら亜沙美はゆっくりと舌を絡ませていく。
純平は目を閉じ、快感に耐えているようだ。
亜沙美は、ゆっくりとしたスピードでペニスを唇でしごき上げる。
「ふん・・・ふん・・・ふん・・・ふん・・・」
亜沙美の鼻腔からもれるリズミカルな甘い吐息に、純平の快感は急速に高まって行った。
「あっ!・・・ダメ!ダメ!」大きな声で亜沙美を制止する。
亜沙美もペニスを口から吐き出した。
「大丈夫?」
「うん・・・ちょっと危なかった」
今度は射精は我慢できたようだ。

「じゃあ、私も気持ちよくしてくれる?」
亜沙美は純平の顔の上に跨り、69の体制になった。

純平は目の前のオマンコにしゃぶりついた。
そして、小陰唇から膣口そしてクリトリスと、あらゆるところを舐めまわす。
クチュ、クチュ、クチュ
「はぁん・・・激しいのね・・・気持ちいいわ・・・ううん」
若さゆえの荒々しい愛撫に、亜沙美も声を上げた。
「純平くん・・・触ってもいいのよ」
純平は、ヌメヌメと光る割れ目に指を挿入し、ゆっくりと抜き差しを繰り返す。
「あぁぁ・・・」
「気持ちいいですか?」
「うん・・・すごく気持ちいい・・・」
純平は、指のスピードに変化をつけたり、深さを変えたりして自分なりに工夫をしているようだ。
「あん!・・・上手よ・・・」
亜沙美は純平の愛撫に身体を任せながら、目の前のペニスを観察する。
硬く勃起し、血管を浮き立たせた陰茎。真っ赤に腫れ上がったような亀頭。そして先からは透明な汁が溢れ出している。
挿入の準備は万全のようだ。



「セクシャルサポーター」の第1話から読む
「富田亜沙美の場合」の第1話から読む


アダルトブログランキングへ



関連記事