FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隣の奥さんと汗まみれSEX(11)

ぐったりとした早紀は、膣からペニスを抜き、太一の横で仰向けになった。
汗まみれのおっぱいが、体側にこぼれ落ちる。
「またイッちゃったね」
その柔乳を手のひらで弄びながら、太一が優しく声を掛けた。
「うっ!ふぅん・・」
硬くなった乳首の刺激に感じながら、早紀は恥ずかしそうに小さく頷いた。
しかし、その表情とは裏腹に、手を伸ばして勃起しているペニスを握った。
「・・・ねえ・・・入れて」

太一は身体を起こす。そして肉付きのいい彼女の太ももを開き、正常位の体制になる。
褐色の淫唇は大きく開き、ピンクの膣口から溢れ出るネットリトした液が白濁している。
太一は、ゆっくりとその中に、ペニスを差し込んだ。
「あぁぁん!・・・・」
挿入の快感に耐えるように、早紀は少し眉間にしわを寄せながら喘いだ。

太一は、ペニスにまとわりつく粘感を愉しみながら、奥まで差し込んでいった。
「あぁぁぁぁぁぁ!・・・・入っている!!」
早紀は、大きな声をあげた。そして目を閉じたまま。
「早紀さん、大丈夫?」
「うん、大丈夫・・・太一くん・・・すごく気持ちいいの」
「嬉しいよ」
太一は、ゆっくりと腰を使い始めた。
抜いて、挿して、抜いて、挿して・・・・
「はぁぁぁん!・・・あん!・・・ふぅぅぅん!・・・あん!」
腰の動きに合わせて、早紀は甘い喘ぎ声を上げ続ける
「うん!・・・ふぅん!・・・はぁん!・・・いい!」

快楽に酔いしれる熟女の声を聞きながら、太一は挿抜を繰り返す。
愛液溢れるオマンコにペニスを打ち付けるたびに、肉感あふれる身体がブルブルと震える。
体側にこぼれた乳房、段々になった腹肉、太い太もも。全ての肉が、熟女の肌から溢れ出す汗で、テカテカと輝きながら揺れている。
そして、挿抜を続けるペニスも、白く泡立つ愛液まみれになっている。
「あぁぁ・・・太一くん、気持ちいい!」
太一は、熟女の身体に魅了されていた。

第1話から読む

FC2 Blog Ranking


関連記事

隣の奥さんと汗まみれSEX(9)

「はぁぁん!・・・あんっ!・・・そこ!・・・うぅぅん!」
早紀の喘ぎ声を聞きながら、太一はピンク色の柔襞を何度も舐め上げた。
「あぁぁぁ・・・気持ちいいわ!」
襞から溢れ出る愛液に太一の唾液が混じりテカテカに輝く襞を左右に大きく広げると、クリトリスが姿を現した。包皮からピンクの真珠が少し顔を出している。
丁寧に包皮を剥くと、太一は舌先でクルクルと刺激する。
「あっ!あっ!あっ!・・・」
可愛い声が、小さく断続的に発せられた。
さらに、舌先を細かく震わせながら、クリトリスを愛撫する。
「あっ!あっ!・・・いい!いい!・・・」
割れ目からは、再び愛液があふれてくる。
「あっ!・・・ダメ!ダメ!・・・イッちゃう!イッちゃう!・・・ダメェェェ!」
股間に顔を突っ込んだ太一の顔を、早紀の太腿がギュウッと挟むが、太一は愛撫をやめない。
「太一くんダメ!・・・イッちゃう!・・・はぁぁぁん!・・・イクッ!イクッ!イクーーー!!」
早紀は太腿をきつく締めたまま、腰をガクガクと震わせながら絶頂を迎えた。
太一は、汗と愛液にまみれた股間に顔を埋めたまま、早紀の太ももが開くのをじっと待っていた。

「気持ちよかったわ」
けだるい早紀の声が聞こえ、太腿がゆっくりと開いた。
太一は、早紀の股間から顔を外すと、彼女の横に添い寝をした。
「まあ!・・・太一くん、すっごい汗」
早紀は、太一の頬を流れる汗を優しく拭った。
「この汗って・・・半分は早紀さんの太ももの汗だよ・・・ほら」
「ふふふ・・・そうよね・・・」
「それに・・・汗以外にもいっぱい出てたよ・・・いやらしいお汁が」
「もう・・・恥ずかしいわ」
照れくさそうにそう言うと、早紀は太一の唇を求めた。
チュ、チュル・・・チュチュル

早紀は太一と舌を絡めながら、太一の身体をまさぐった。
背中、わき腹、腰、そして勃起しているペニスに到達すると、逆手で握ってゆっくりと愛撫をする。
「硬くなってるね」
早紀は、ペニスを扱きながら身体を起こし、仰向けになった太一をねっとりと眺める。
「太一くん・・・いいでしょ?・・・ガマンできないの」」
早紀は屹立したペニスの上にまたがり、自分の膣の位置を確認すると、一気に腰を下ろした。
「はぁぁぁぁん!!」
熟女の大きな喘ぎ声が響いた。

第1話から読む

FC2 Blog Ranking



関連記事

10年ぶりに会った先生との体験談(4)

肉付きよくむっちりとした先生の身体に重なるようにしておっぱいをしゃぶっていると、先生が脚を絡めてきた。そして、柔らかい太ももを屹立した股間に擦り付ける。
「すっごく硬いわ・・・」
次の瞬間、先生の手が勃起したペニスを握ってきた。
「それにすっごく熱い・・・もう我慢できないわ」
僕は仰向けにされた。
ギンギンに勃起したペニスを握りしめたまま、先生は僕の身体にまたがった。
「これが欲しいの・・・いいでしょ?」
挿入する位置を確認するように、左手で自分の股間を触った。
「あぁぁ、恥ずかしい・・・いっぱい濡れてるわ」
そして、僕の顔を恥ずかしそうに見つめながら、割れ目の入り口に亀頭をあてがうと、ゆっくりと挿入した。
「ふぅぅぅぅん!」
亀頭が入っただけなのに、先生は眉間にしわをよせて声をあげた。

そして少しの間、息を整えると、今度はズブズブと根元まで挿入した。
「はぁぁ・・・ぁぁぁ・・・ぁぁん!」
先生の顔が紅潮していき、豊満な乳房に汗が吹き出し始めた。
そしてゆっくりと腰を動かし始める。
「あん・・・はぁん・・・はぁん」
腰を動かすたびに色っぽい吐息が漏れる。
「気持ちいい!・・・気持ちいいわ!」
時折、髪をかき上げながら、先生は無心にペニスの感触を味わっているように見えた。
膣から大量の潤滑液が溢れ出し、クチュクチュといやらしい音が響き渡る。
先生は自ら乳房を揉みしだきながら、もう片方の手もクリトリスを触っていた。

「あぁぁ・・・気持ちいい・・・イキそう・・・イキそうなの・・・」
腰の動きが早くなり、僕もそれに合わせて下から突き上げた。
「はぁぁぁぁん!・・・いいわ!・・・そう!・・・突いて!・・・もっと突いて!」
僕も射精感がこみ上げてきた。

「僕もイキそうです!」
「いいのよ・・・一緒にイキましょう!」
「あぁぁ・・・イキそう・・・イクよ!」
「私もイク!・・・イク!・・・イクッ!」
「イクッ!!!!」
僕は先生の膣の中に、ドクドクと大量の精子を発射した。
先生は、ぐったりと僕の上に倒れ込んできた。
「いっぱい感じちゃった」
頬を赤く染めて先生は囁いた。

第1話から読む

人気ブログランキングへ



関連記事

セクシャルサポーター ~富田亜沙美の場合~ (8)

「じゃあ、そろそろ入れてみようか」
亜沙美は純平から下りると、改めて純平をベッドの真ん中に寝かせた。
そして緊張した顔を見ながら、わざとゆっくりと言ってみる。
「純平くんのおちんちんを・・・私のオマンコの中に・・・いれてみようか」
「うん」純平がひと際大きく頷いた。

亜沙美は用意していたコンドームを取り出した。
「SEXをするときはコンドームを使うのよ。未婚のカップルにおいては避妊することはとても重要だよ。それに病気も防げるしね。・・・じゃあ、コンドームのつけるところを見ててね」
仰向けの純平の股間で大きく勃起しているペニスに、クルクルとコンドームをかぶせた。
「わかった?・・・・こんな風に、ちゃんと根元までかぶせてね」

「じゃあ・・・始めようか」
亜沙美は純平にまたがりペニスに手を添えると、ゆっくりと自ら膣に挿入した。
「・・・あん・・・入ったよ・・・」
「ふーう」純平が深い息をつく。
割れ目を押し開けながら、亀頭が挿入していく際の刺激に耐えているのだ。
手や口の刺激とは全く違う、温かく包まれる感触。
純平は生まれて初めて感じる、猛烈に気持ちのいい感触を味わいながら、一方で背筋に押し寄せてくる射精感に耐えているのだ。

亜沙美はその様子を見て、動かずにじっとしていた。
初めてのセックスなのだから、すぐに射精してはもったいない。

しばらくして純平の表情がすこし和らいできた。
「どう?・・・」
「うん・・・大丈夫」
それを聞いて、亜沙美はゆっくりと上下に動き出した。
「純平くんのおちんちんが、私のオマンコのなかに入ってるよ・・・気持ちいい?」
「うん・・・すごく気持ちいい!」
「・・・私も・・・・気持ちいい・・・あん・・・あん・・・」

亜沙美は、徐々に、スピードを上げて腰を動かした。
「あっ!・・・イキそう!・・・」純平が悲痛な声を上げた。
「いいよ・・・イッていいよ・・・イッていいよ!」
純平が腰を激しく上下させる。
「アン!・・・気持ちいい!・・・もっと突いて!・・・突いて!・・・」
「イクッ!・・・イクッ!・・・」
痙攣したように小刻みに動いていた純平の腰の動きが止まった。
「イッちゃった?」
「うん」

亜沙美は腰を上げて、オマンコからペニスを抜いた。
コンドームの中は白い精子が大量に溜まている。
亜沙美はコンドームを外し、純平に見せた。
「ほら・・・いっぱい出たね・・・気持ちよかった?・・・私もすごく気持ちよかったよ」
亜沙美はティッシュでペニスについた精液を拭き取ってやった。そしてグチュグチュに塗れている自分のオマンコもきれいに拭いた。
「さあ、きれいになったよ」

亜沙美は添い寝をして、純平の顔を見つめた。
初めてのセックスを経験した純平は少し男らしくなったような気がする。
「ふふふ・・・純平くん・・・初めてのセックスはどうだった?」
「すごくよかったです。」
「私も純平くんと一緒にセックスのお勉強ができてうれしかったよ。」

ふと見ると純平のペニスはまた、勃起していた。
「あら!純平くん・・・また元気になってるよ」
「ぼく・・・亜沙美先生と、もっとセックスの勉強がしたいです」
「そう?勉強熱心なのね・・・じゃあ、もう一回復習しようか?」
「はい!」
「じゃあ、今度は純平くんがリードしてね」
純平の童貞を無事卒業させたことに安堵しながら、亜沙美は瞳を閉じて唇を突き出した。



「セクシャルサポーター」の第1話から読む
「富田亜沙美の場合」の第1話から読む


人気ブログランキングへ



関連記事

セクシャルサポーター ~富田亜沙美の場合~ (5)

「まずは女性器の説明をするわね」
おもむろに亜沙美は脚をM字に開いた。
「さあ・・・見て・・・」

セクシャルサポーターの仕事として、今までに何人もの若い男性と対応してきたが、股間を開いて見せるのはいまだに恥ずかしい。殆どの男性が食入るような視線を投げかけ、陰毛の一本一本や、襞の細かな様子までを目に焼き付けるかの様に、凝視してくる。
純平も、純真そうな瞳をキラキラさせながら、亜沙美の股間を見つめていた。
亜沙美は恥ずかしさに耐えながらも、股間を指差しながらきっぱりと言った。
「・・・よく見てください・・・」
ゴクリと純平が唾を飲み込む音が響いた。
細い指で割れ目を少し開いてやる。
「ここが女性器。つまり・・・おまんこです。」
純平は身体を前のめりにして、亜沙美の股間に顔を近づけた。
「純平くん、初めて見た感想は?」
「・・・とてもきれいです・・・」
「そう言ってくれて、うれしいわ」
突き刺すほどの視線を感じながら、亜沙美は説明を開始した。
「ここの外側のところが大陰唇。そして内側のこれが小陰唇と言うの。」
両手の指で襞を大きく開く。
「ここにある小さな突起がクリトリス・・・わかる?・・・女の子がとっても感じるところなの・・・そしてここは尿道。おしっこが出るところね・・・そしてこれが膣です。SEXをする時、ここにおちんちんを入れるのよ・・・」
亜沙美は、両手でピンク色の襞を大きく開いた。
「さあ、もっと近くで見て」
その声を聞くと、純平はベッドに腹這いになり、亜沙美のおまんこのすぐ近くまで顔を寄せた。

「じゃあ、純平くん、触ってみて」
戸惑いながらゆっくりと伸ばされた人差し指が、外側の襞に触れた。
「そう、そこよ・・・・割れ目に沿って触って」
大陰唇の上を、ゆっくりと指が擦っている。
「小陰唇も触って・・・」
亜沙美は両手でもう少し割れ目を開いてやった。
純平の指先が小陰唇に触れる。そして襞に沿って行ったり来たり動いていく。
「そう、純平くん上手よ・・・」
ゆっくりとした動きで、優しく小陰唇を触られて、亜沙美は割れ目の奥が湿ってくるのを感じた。

純平の指が膣口へと移動する。
「そこにおちんちんをいれるのよ・・・少しだけなら指を入れてもいいわ」
愛液で湿った襞をかき分け、膣口の中に指先が入る。
「あん!」甘い吐息が亜沙美の口から漏れた。
純平はびっくりして指を引き抜いた。
「ごめん・・・大丈夫よ・・・純平くんが上手いから、ちょっと感じちゃった・・・濡れてるのがわかる?・・・女の子が感じてる証拠よ」
純平は頷き、再び指を入れる。
「純平くんに触られて、とっても気持ちいいの・・・あん!」
純平が指を出し入れしたので、亜沙美が堪えきれず吐息を漏らした。
「女性器の性感帯といえば、ひとつは膣。もうひとつはここ・・・クリトリスよ」
亜沙美の指が敏感な突起をいじくりだす。
「私もクリトリスはすごく気持ちいいの・・・あん!・・・純平くん、こんな風に優しく触ってみて・・・」
亜沙美の指の動きをまねて、純平の指も円を描くようにピンクの突起を愛撫する。
「そう・・・ふぅん・・・上手いわよ・・・・あん!・・・」
クリトリスを愛撫され、割れ目から愛液が溢れ出す。
愛液が潤滑剤となり、性感帯を這い回る動く指先は、一段と亜沙美の感度を高めていく。
「はぁん!・・・気持ちいい!・・・そこがいいの!・・・」
亜沙美はひと際大きな声を上げ、純平の一生懸命な愛撫に身を任せた。

「セクシャルサポーター」の第1話から読む
「富田亜沙美の場合」の第1話から読む

FC2 Blog Ranking



関連記事
次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。