FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

熟女たちの秘密のパーティー(9)


開始から1時間を過ぎてパーティはますます盛り上がってきた。
参加している未亡人たちは自ら服を脱ぎ、恥ずかしげもなく熟れた裸体を晒し、そして様々なやり方で、自らの性欲を満たしていた。

壁際に仁王立ちした全裸の若者のペニスを舐めまわしている熟女。
バーカウンターの上で大きく脚を広げて、股間を舐めてもらっている熟女。
ソファーの上では、ウェイトレスと熟女が互いの乳房を触り合っている。
そして部屋のいたるところでは、硬く勃起したペニスを挿入され、喘ぎ声をあげる熟女たちがいた。
またその様子を見ながらオナニーを愉しむ熟女たちもいる。

一方、みどりと和美は服を着たまま並んでソファに座っていた。
パーティの常連である和美は、今すぐにでも服を脱いで仲間に入りたいのだが、初めて参加するみどりに気を使っているのだった。
「ねえ、みどり……そろそろ私たちも楽しまない?もう我慢できないかも……」
頬は紅潮させ、太ももをモジモジさせながら和美が言った。
もちろん、みどりも股間の火照りを感じていた。
「うん、私もすごくエッチな気分よ……でもね……」

するとひとりの若者が近づいてきた。
「楽しんでいらっしゃいますか?」
見覚えのある筋肉質の身体。顔をみると、パーティーが始まって最初に話をした男性だった。
「あら……コウジくんだったっけ?」
和美が声を掛けた。
「覚えておいてくれたんですね。うれしいな」
和美は横にずれて、みどりとの間にコウジを座らせると、早速、6つに割れた腹筋を撫で始めた。
「本当、いい身体ね」
そう言いながら和美の手は下がっていき、まだ柔らかいペニスを握って扱きはじめた。
「あぁぁ、気持ちいい……」
小声で吐息を漏らし、コウジのペニスはみるみるうちに硬く勃起していく。
真っ赤に膨れ上がった亀頭、ごつごつと血管を浮き出す陰茎。
みどりの視線はコウジのペニスに釘付けになった。
「ねえ、みどり……見てるだけじゃなくて、触りたくなったんでしょう?」
和美がねっとりとした視線をやった。

「ほら、コウジのおちんちん。触りたいんでしょ?」
「みどりさんも触ってもらってもいいですか」
躊躇しているみどりに優しく声を掛けながら、みどりの手を取りペニスを握らせた。
熱く脈打つペニスの感触がみどりの手のひらに伝わる。
「すごいわ」
みどりは、心の中のタガがゆっくりと外れていくのを感じた。
「あぁぁ……」
「どう?おちんちん触るのは久しぶりなの?」
「ええ……主人が亡くなってから初めてなの」
「本当にみどりを誘ってよかったわ。今日はいっぱい楽しみましょう」
「うん。楽しみましょう」
2人は笑顔で視線を交わした。
「ねえ、舐めてもいい?」
みどりがコウジに尋ねる
「もちろん」
「じゃあ、私も」
ふたりはコウジの股間に顔を持っていった。

第1話から読む
FC2 Blog Ranking

関連記事

サキュバスの仕業 ~宿題~(2)


ズボンの上からでもはっきりとわかるほど勃起したペニスを撫でながら、先生は女生徒たちに話しかけた。
「皆さん!彼が宿題を何度も忘れてしまう原因は何だと思いますか?・・・・実は先生にはちゃんとわかっています。だから、その原因を取り除いてあげることが、私たち教師の役目なんです」
先生の指が硬くなった陰茎を激しく扱きあげた。
「では、これからみんなの目の前で、その原因を取り除いていきますよ」
最前列の女の子が、嬉しそうに僕の股間をジロジロと見ているのがわかった。

「さあ、みんなよく見てください。ズボンの中でおちんちんが、こんなに大きくなっています。後ろの人、見えますか?」
「見えませーん!」と数名の声が上がった。
「そうよね・・・」
困ったような表情を浮かべながら、僕に言った。
「見えないんだって・・・みんなに見えるように、服を脱がしちゃってもいいかな?・・・だって宿題忘れたんだもんね」
先生は慣れた手つきで服を脱がし、僕はあっという間にトランクス一枚にされてしまった。

「本当、元気なんだから」
硬く勃起したペニスにせいで大きく張り出したトランクスを見つめながら、女生徒たちに言った。
「さあ、皆さん。前に集まってよく見てね。」
女の子たちはぞろぞろと僕の前に集まってきて、興味津々の表情で、盛り上がった股間をジロジロと眺めた。
彼女たちの熱い視線を浴びて、僕のペニスは痛いほど硬直した。

「じゃあこれから、宿題を忘れた原因を確認します」
先生は嬉しそうに言うと、トランスをゆっくりと引き下げ始めた。
それにつられ、硬くなったペニスは、トランクスのゴムの部分に引っ張られて下向きになり、バネのようにしなる。
女教師は妖しげな笑みを浮かべながら、トランクスを下げる手をいったん止めた。
「おちんちんがすごく大きくなってるから、パンツに引っ掛かるわね・・・フフフ、痛そうね・・・じゃあ、自由にしてあげる」
トランクスが一気に引き下げられ、拘束から解き放たれたペニスは、驚くほどの勢いで跳ね上がった。
「キャッ!」「スゴイ!」「フフフ・・・」
様々な声が上がる中、女の子たちは僕の勃起したペニスを見つめた。

第1話から読む
サキュバスの仕業~宿題~の第1話から読む

人気ブログランキングへ



関連記事

サキュバスの仕業 ~宿題~(1)


なぜか僕は、教室の一番前で立たされていた。

「あなた・・・宿題忘れたのね」
僕の背後から女性の呆れたような声が聞こえた。
「先生、本当に残念だわ」
白いブラウスと黒いタイトなミニスカートに身を包んだ大柄な美人が、僕の前に現れた。
「宿題忘れると、どうなるか分かってるわよね」
憐れみを含んだ笑みを浮かべながら僕を見下ろした。

長い黒髪と真っ赤な唇がその美しさを際立たせている。
そして、胸のボタンが弾けそうになるほど大きく膨らんだ胸。スカートにぴったりと包まれた大きなお尻。そしてすらりと伸びた細い脚。

「どこを見てるのかしら」
女教師は、互いの鼻がくっつくほど顔を近づけてきて囁いた。
その豊満な身体から発せられる香りが僕の鼻腔をくすぐる。
(あぁぁ・・・いい匂い)

次の瞬間、先生は僕の股間をグッと掴んだ。
クラス中からクスクスと笑い声が起こった。
教室を見渡すと、白いブラウスとチェック柄のスカートに身を包んだ女の子たちが席に座って僕を見つめていた。

女教師は僕の股間を掴んだまま女生徒たちの方を向くと大きな声で言った。
「宿題を忘れたらどうなるか、皆さん知っていますよね?」
ニヤニヤ笑いながら頷く子。恥ずかしそうに頬を赤らめる子。
様々な反応をする女の子たちの様子を眺めながら、先生はゆっくりと僕の股間を撫でまわし始めた。
その刺激に、僕のペニスはみるみるうちに硬くなっていく。

人気ブログランキングへ


第1話から読む


関連記事

隣の奥さんと汗まみれSEX(7)

「あっ、あっ・・・はぁん」
硬くなった乳首を舌先で転がすたびに、甘い吐息を漏らす早紀。

そんな彼女のたわわなおっぱいに、太一は両手をあてがった。そして硬くなったふたつの乳首がくっつくほど乳房を寄せた。
「いっぱい舐めてあげるよ」
太一は、舌先を激しい勢いで動かし、ふたつの乳首を同時に愛撫する。
「はぅあぁぁぁ・・・ん!」
大きなあえぎ声が、部屋に響いた。
太一の舌に弾かれながら、プリッとした乳首は、なおも硬さを増してゆくように感じられた。
「いいわ!・・・気持ちいいわ!・・・もっとして!」
いつしか早紀はペニスから手を離し、自らの股間に手を伸ばし、パンティの上から指を使い始めた。
太一の舌技は、さらに激しくスピードを増していく。
それに呼応して早紀の指のスピードも速くなる。
「いい!・・・いい!・・・いいの!・・・気持ちいいの!」
太一は、硬くなった乳首を両方の指先でコリコリと摘まんでやった。
「あっ!ダメ!・・・ダメ!・・・気持ちよすぎるの!」
早紀は身体をよじって、太一の愛撫から逃がれた。

太一は早紀の乳房から顔を外し、早紀の顔を見つめた。
頬は紅潮し、汗が光っていた。
早紀は、太一の顔を見上げながら恥ずかしそうに笑った。
「あんなに激しく舐められたの、久しぶりよ・・・気持ちよかったわ」

太一は笑いながら、再び乳首を指を弾くと、「はぁん!」と早紀が小さく声を上げた。
そんな早紀を見つめながら、太一の指は移動していく。
たわわな乳房の丘を下ると、たっぷりと脂肪のついたおなか、そしてお臍へと移動していった。
「早紀さん、さっき自分で触ってたでしょう?」
太一の視線が早紀の股間に向かう。と、同時に指先がパンティのクロッチ部分に到達した。
「もう、こんなに湿ってる」
太一の指先がパンティの上からクリトリスを探り当てた。そして小さく円を描く。
「あん!」
早紀は小さく喘いだ。

太一は、早紀の股間に移動すると、パンティをゆっくりと脱がし始めた。
しかし早紀のお尻が大きいのに加え、汗でビッチョリと濡れているので、なかなか脱げない。
太一がひとり努力していると、早紀が笑った。
「ははは、ごめんね。おばさんのパンツ、汗でくっついちゃってるね・・・ちょっと待ってね」
彼女は腰を浮かしながら、汗まみれのパンティを自分で脱いだ。
「汗まみれだけど・・・」と言いながら早紀が両足を開くと、汗粒で光る太腿の間に、黒々とした陰毛と、熟女のオマンコが姿を現した。

第1話から読む

アダルトブログランキングへ



関連記事

隣の奥さんと汗まみれSEX(6)

「太一くんのここ。大きくなってるわ」
添い寝をしながら、もっこりと膨らんだ股間に手を伸ばし、早紀はゆっくり撫でまわした。
「あぁ・・・気持ちいいです」
目の前のおっぱいの谷間に汗が流れていくのを眺めながら、太一は応えた。
「そう?じゃあ、もっと気持ちよくしてあげるね」
欲望を押さえきれないように早紀はズボンを脱がせた。

「ふふふ・・・元気だわ!」
大きくテントを張った股間を見ながら嬉しそうな声を上げると、ゴムを引っ張って、トランクスの中を覗き込んだ。
「うふふふ・・・太一くんのおちんちん、見ちゃった」
彼女はふざけたように言った。そして、勃起したペニスに引っかからないようにさらにトランクスのゴムを引っ張って、トランクスを脱がせた。

「もうビンビンね」
再び添い寝の体制になると、早紀は優しくペニスを握ると上下に扱き始めた。

彼女の手のひらは、身体と同じでぽっちゃりと柔らかく、とても気持ちいい。
「あら?透明なお汁がいっぱい出てきたわよ」
嬉しそうに指摘しながら、指先で尿道口をクルクルと撫でまわし、そしてゆっくりと指を離していくと、ツーッとカウパー氏腺液が糸を引く。
「ほら、こんなにいやらしい液が」
「だって、気持ちいいから・・・」
「うれしい!」
柔らかいおっぱいが、太一の顔に押し当てられた。
太一は、硬くなった乳首を口に含むとチュパチュパと吸った。
「はぁーん」
甘い声が部屋に響いた。
太一は、シコシコと扱かれながら、早紀の乳首を吸い続けた。

第1話から読む

FC2 Blog Ranking


関連記事
次のページ