FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

サキュバスの仕業 ~階段~(2)

(あぁぁ、すごく立派ね・・・早くちょうだい・・・)
彼女は階段に手をついて四つん這いになり、グイッとお尻を突き出した。
白く丸きなお尻の割れ目の間に、小さくすぼまった肛門と、ぷっくりとしたオマンコが見えた。

彼女は股間に手を伸ばし、自ら大陰唇を開くと、艶々と輝くピンク色の肉襞を僕に見せつけた。
(硬いおちんちんを、ここに入れて・・・)

僕は、ペニスを膣口にあてがうと、ズボズボッと一気に挿入する。
(はぁぁぁぁん!)
彼女は艶めかしく腰をくねらせる。

僕はゆっくりと腰を動かし始める。
ヌメヌメとした感触がペニスにまとわりつく。

クチュ、クチュ、クチュ、クチュ
ペニスを抜き挿しするたびに、オマンコからいやらしい音がする。

(いい!・・・あん!・・・いいの!・・・あぁぁぁん!・・・気持ちいい!!)

オマンコはヌメヌメとした愛液を溢れさせながら、ペニスを締め付ける。
僕はその快感をタップリ味わいながら、抽挿を繰り返す。

(あぁぁ・・・おちんちん気持ちいい!・・・あん!・・・おちんちん、いい!・・・はぁん!・・・もっと突いて!・・・奥まで突いて!)

彼女は女猫のように腰を反らし、お尻を高く突き上げた。
僕はオマンコからペニスが抜けるほど腰を引いた。
そして、ひと呼吸置くと、一気に奥まで突き刺した。

(あぁぁぁぁ!!)

ひと際大きな喘ぎ声を聞きながら、ロングストロークでゆっくりと挿抜を繰り返す。
(あん!・・・あん!・・・当たってる!・・・おちんちんが奥まで当たってる!・・・いいの!・・・オマンコ気持ちいいの!・・・もっと!・・・もっとちょうだい!)

その声に応えるように腰のスピードを上げる。

(はぁん!・・・いい!・・・イキそう!・・・私、イキそう!)

ゾクゾクとした快感が急速に襲ってくる。

(あぁぁぁぁイッちゃう!・・・気持ちいい!・・・はぁぁぁん・・・イク!イク!イク!・・・イクッッッッッッ!!!)

オマンコがキューッ!と絞り込まれる。
「あぁ・・・いくっ!・・・」
背中に快感が走ったと思った瞬間、ペニスの先からザーメンが噴き出した。
ドピュッ!ドピュッ!

・・・・・

「あっ!」
気が付くと、僕は夢精をしていた。

第1話から読む

人気ブログランキングへ


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
関連記事