FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

弾む乳房(1)

日曜日の午後。
僕が近所の公園を散歩していると、女の子とお母さんがやってきた。
女の子は小学校高学年くらいで、手になわとびを持っている。

近くのベンチに座り、彼女たちを眺める。

女の子は、黄緑とピンクのボーダーシャツに、デニムのショートパンツ姿。
華奢が身体に張り付いたシャツの胸元は、細身の体に似つかわしくないほど膨らんでいる。
まだまだ未成熟だが、美乳を予感させる膨らみだ。
そして2つの膨らみの先端には、ツンと2つの突起もあった

「お母さん見てて」
なわとびを両手に持ち、跳び始める。
ピョンピョンと飛び跳ねるたびに、シャツの下の膨らみは、ゴムまりのようにプルン、プルンと上下に弾んだ。

しかし数回で、すぐに足に縄が引っかかってしまう。
なわとびは苦手な様だ。

「あー。うまくいかないな・・・えーい、もう一回!」
ピョンピョン、プルンプルン・・・

「あっ・・・また引っかかっちゃった」
縄が足に引っかかり、身体のバランスを崩した時は、弾力をもった乳房は右へ左へと跳ねまわる。

少女は何度もチャレンジし、そのたびに、プルンプルンとおっぱいは弾んだ。

時折シャツがめくりあがり、かわいいおへそが見える。
その度に裾を引っ張って直しのだが、そうすると見事な曲線をもった胸の膨らみが強調される。
そしてその先には、勃起しているのではないかと思われるほど、ピンと突き出た乳首があった。

その後、少女は何回も跳び、僕は目の前で繰り広げられる見事なおっぱいを満喫した。

第1話から読む

FC2 Blog Ranking



関連記事