FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

熟女たちの秘密のパーティー(11)


2人のフェラチオで、カチカチに勃起したペニスを満足そうに眺めながら、和美は言った。
「あー、暑くなってきちゃった」
「本当、暑いわね」
みどりも同意をすると二人は服を脱ぎ始めた。

部屋のほぼ全員が全裸のため、恥ずかしさはない。
スルスルと服を脱ぎ、ブラジャーを外し、パンティを脱いだ。
「みどりのおっぱいって、相変わらず大きいね」
みどりのおっぱいに和美が手を伸ばす。
「本当、素晴らしい」
コウジも触ってくる。
手のひらには収まらないほど大きな巨乳は、みどりの自慢でもある。

「和美さんも綺麗ですよ」
コウジは、和美の乳房にも手を伸ばす。
みどりほど大きくはないが、和美も美乳の持ち主だ。
「そうよ、綺麗なおっぱい」
みどりは、和美のおっぱいを揉んだ。
「はぁん!」
すでに硬くなっている乳首を摘ままれ、和美は声を上げた。
「ねえ、あっちに行かない?」
和美は、部屋の奥のキングサイズのベッドを指差した。
「行きましょう」

三人は足早に移動すると、抱き合いながらベッドに倒れ込んだ。
和美はコウジの唇を奪い、コウジの手はみどりの乳房を弄り、みどりはコウジのペニスを扱いた。
しばらくすると、コウジとみどりがディープキスを交わし、和美がコウジの股間を弄った。

「ねえ、舐めて」
みどりは脚を開き、自らコウジを股間に導いた。
ビラビラとした陰唇がはみ出した熟女の割れ目からは、淫汁がたっぷりと溢れ出している。
コウジが股間に顔を埋めると、女陰の香りが鼻を突いた。
決して悪い匂いではない。溜まっていた性欲からくる濃厚な匂いかもしれない。
「早く!」
みどりに急かされ、コウジは割れ目をくまなく舐めまわしてやった。
「あぁぁぁぁ……」
喘ぎ声が上げながら、みどりは腰をくねらせる。
今度は、クリトリスを舌先で小刻みに刺激する。
「あっ!あっ!あっ!」
さらに声が大きくなる。
夫を亡くしてからは、自分で慰めることしかなかったクリトリスを愛撫され、一気に快感がほとばしった。
「……ック!ック!……イクッ!イクッ!」
ガクガクと身体を揺らしながら、みどりは絶頂を迎えた。

第1話から読む
アダルトブログランキングへ

関連記事

隣の奥さんと汗まみれSEX(10)

「あん!・・・入ってる・・・太一くんのおちんちんが入ってるわ!」
早紀のオマンコの中にペニスがずっぽりと入っている様子が、太一からもよく見えた。
「あぁぁぁ・・・いいわ!」
頬を紅潮させた早紀は額から流れる汗を拭いながら、太一の顔を見るとうれしそうに微笑んだ。そして、ゆっくりと身体を上下に動かし始めた。
自分の身体の上にしゃがみ込んでいる熟女に笑顔を返しながら、太一は改めて肉感あふれる様子を眺める。
紅潮した汗まみれの童顔。そしてその童顔からは想像できないような豊満なおっぱいが、タプンタプンと揺れている。さらに、太いウェストに大きなヒップ。そして太もも。
太一は、揺れ動くその愛しき肉体の眺めを満喫していた。

「あぁぁ、気持ちいい・・・でも、疲れるわ」
早紀はしゃがみ込んでいた姿勢から、膝をつくと、太一の上に覆いかぶさってきた。
そして、ディープキスを求めてきた。ねっとりと互いの舌が絡み合う。
「んんんん・・・」
クチュ、チュウ・・・チュルル
「舌を出して・・・」
早紀に言われるまま、太一が舌を出すと、早紀も舌を尖らせた。
そして二人は見つめ合いながら、舌を近づけると、絡めた。

「うーん・・・」「ふふふ・・・」
舌を出した姿に、互いに笑いながらも、早紀は溢れる唾液を舌に辿らせ、太一の口の中に流し込んでいく。
彼女の甘い唾液が口の中に溢れていき、太一はごくりと飲んだ。
それをきっかけに、早紀は太一の口の中に舌をニュルリと入れた。そして口中を激しく愛撫する。
「んんんん・・・・」
声にならない声を上げながら、彼女の腰が再び動き出した。
挿入したまま互いの股間を密着させ。グリグリと擦り付けるようにする。
「んんん・・・はぁん・・・うーん・・・・あぁぁぁぁぁ・・・」

早紀は股間の快楽に集中するかのように目を閉じて、グリグリ、クネクネと腰を動かしていく。
「あぁぁん!・・・いい!・・・あぁぁぁん!・・・いくっ!!」
早紀は再び絶頂を迎えた。

第1話から読む

人気ブログランキングへ


関連記事

ブルーパンティ(7)

そろそろイカせてあげようかしら。
美紀子は再びペニスに唾液を垂らすと、激しくしごき始めた。
「アキラくん気持ちいい?」
ペニスを握る右手の動きが早くなる。
「もっと気持ちよくなっていいのよ」
右手でしごきながら、亀頭に唇を当て、粘膜同士をこすりつける。と、同時に金玉を上下にさすってやった。
唾液のジュルジュルという音と、アキラのうめき声が静かなリビングルームに響く。

射精をこらえようと我慢するアキラを見ながら、美紀子は嬉しそうにペニスを上下にしごき上げる。
そして絶頂へと導いてやった。
「あ、あ・・・・イッちゃいます!」
「いいよ」
「イッちゃいます!」
「イッテいいのよ・・・」
「あっ!・・・出る!・・・出る!・・・アァァァァ」
ドピュー!!・・・ドピュー!ドピュー!
激しくザーメンが噴き出した。

美紀子はペニスをしごくスピードを緩めると、根元から絞り出すように、ゆっくりとしごいた。
「全部だしてね」
手の動きに合わせて、ピュッ!ピュッ!と数回、短く射精した。全部出し切ったようだ。
最後に、亀頭に唇を寄せ尿道口を吸い上げた。
チュー、チュッ、チュッ。
「うーん・・・」敏感になっている亀頭を刺激され、アキラが声を上げる。
「たくさん出たね」手に付いたザーメンをペロペロと舐めながら美紀子は言った、
「ごめんなさい」
「うぅん。あやまることないのよ・・・元々、私がパンティを落としちゃったのが悪いんだし・・・それにアキラ君正直に話してくれたしね」
「じゃあ、お母さんには内緒にしてくれるんですね」
「もちろんよ、約束だもの・・・それに今日のことはアキラ君も誰にも話しちゃだめよ・・・約束守れる?
「・・・ええ・・・もちろん」
「よかった・・・ところでアキラ君、女の人と、こういうことするの初めてなの?」
「・・・はい・・・」
「・・・じゃあ、アキラ君が内緒にしてくれるんだったら、またしてあげてもいいわよ」

ピンポーン
「あら。お客さんだわ。ちょっと待っててね」

「はーい」
「すみません。うちのアキラお邪魔してませんか」母親が帰ってきたようだ。
「ええ、来てますよ。実は洗濯物をお宅の裏庭に落としちゃって・・・アキラくんが届けてくれたんですよ」
アキラが玄関先に出てきた。
「アキラ君、どうもありがとう・・・じゃあね」
帰り際に美紀子がアキラの耳元で囁いた。
「また、しようね」


(第1話から読む)


人気ブログランキングへ


関連記事