FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

熟女たちの秘密のパーティー(8)


一方、ショウゴは大きなおっぱいに顔を埋めながら、コリコリと硬くなった乳首を愛撫し続けた。
「あん・・・あん・・・いい・・・気持ちいいわ」
可愛い声をあげながら陽子の息は荒くなり、ムズムズと太ももを擦りあわすような仕草を見せ始めた。
ショウゴは両手で乳房をつかんだ。
柔らかく、スライムのような乳房だ。
ゆっくりと揉みながら、指を食い込ませる。
「あん・・・もっと・・・もっとお願い」
陽子の甘い声に、ショウゴはさらに乳房を揉み、そして乳首を指先で摘まんだ。
「あーん・・・そこが気持ちイイの・・・」
乳房だけへの愛撫では我慢できずに陽子が言った。

「じゃあ、もっと気持ちよくなりましょう・・・さあ、起きて」
陽子の太ももを枕にして横たわっていたショウゴは身体を起こした。
「脱いじゃおうかな」
陽子は独り言のように言い、すみれ色のパンティを自ら脱いだ。
「舐めあいっこしましょう」
ショウゴをソファの上に寝かせると、69の体制になった。
ショウゴの顔の上の、淫唇からは愛液が溢れ出しキラキラと輝くほどであった。舌を伸ばし陰唇に沿って舐める。
「うふーん」
相変わらず可愛い声が漏れる。
続いて、陰唇の端にある小さ目のクリトリスを舌先で愛撫する。
「あん・・・あん・・・いいわ・・・」

陽子もショウゴのいきり立つペニスに顔を近づけた。
「ああ、硬いおちんちん大好き」
小振りのペニスをパクリと咥えこむと、舌先をぐるぐると回転させた。
「それ・・・気持ちいいです・・・」

陽子の舌技に耐えながらショウゴは、人差し指を舐めると陰唇の中に挿入した。
「はぁーん!」
陽子は大きな声をあげた。
ショウゴは、ゆっくりと指の挿抜を繰り返す。その度にクチュリ、クチュリといやらしい音が響く。
「はぁん・・・はぁん・・・はぁん・・・」
さらなる快感を貪るように、陽子の腰は、ショウゴの指の動きに合わせて前後に動きだす。
それを見て、ショウゴは指を2本にして、スピードを早めた。
「あん・・・あん・・・あん・・・気持ちいい・・・すごく気持ちいい」
次第に愛液は、白濁してゆき、粘度も増してくる。
「あっ!ダメ・・・イッちゃう・・・イッちゃうよ・・・イク!・・・イク!」
陽子は腰をガクガク痙攣させ、絶頂に達した。

しばらくして呼吸が収まると、陽子は照れ臭そうなそうな顔をして起き上がると、体制を入れ替え始めた。ショウゴの脚を開き、その間に身体を入れ、目の前のペニスにしゃぶりついた。そして口の中の唾液まみれにした。
「おっぱいで挟んであげるね」
陽子は、巨大なおっぱいでショウゴのペニスを挟み込むと、ゆっくりとしごいた。
「ああ・・・柔らかい」
陽子の乳房は巨大なマシュマロのように柔らかく、そしてペニスに吸い付くような感触があった。
しかも、半開きなった口からはダラダラと唾液が流れ出し、おっぱいの谷間に流れ込む。
唾液の潤滑油ですべりのよくなった乳房でリズミカルにしごき上げながら、ペニスの感触を楽しむようだ。
「おちんちん、すごく硬いよ・・・硬いおちんちんが、おっぱいに挟まってる・・・気持ちいい?・・・おっぱい気持ちいい?・・・」
可愛い陽子の声を聞きながら、ショウゴは絶頂が近いことを知った。
「イキそうです」
「いいよ・・・いっぱいイッてね」
おっぱいのスピードが速くなる。
「イクよ・・・イク!」
亀頭の先から、精液が激しく吹き出した。
陽子は、おっぱいの中で脈打ちながら、何度も噴き出す白いザーメンを眺め、軽いエクスタシーを感じていた。
「すごい、いっぱいでたね。もう、おっぱいがドロドロになっちゃった」
射精が終わると、陽子はおっぱいについた精液を舐め取った。
「あぁ・・・美味しい」
「僕もすごくよかったです」
ショウゴは、陽子を抱きしめるとキスをした。

第1話から読む
人気ブログランキングへ


関連記事

サキュバスの仕業 ~宿題~(5)


「ところで、あなたたち」
先生は最前列の女生徒たちに声を掛けた。
「そんなに顔を近づけてたら、ザーメンが掛かっちゃうわよ・・・いいの?」
「フフフ・・・」
女の子たちはみんな、嬉しそうな顔をして肯いた。
「あなた達ってほんと、いやらしいのね。」
呆れたように先生は微笑んだ。
「じゃあ、今から、このおちんちんから精液を搾り取ります。しっかり見ておきなさい」

先生は僕の耳元で囁いた。
「こんな近くで女の子に見られながら射精できるのよ。興奮するわよね・・・いっぱい射精しなさい・・・でもイク時には合図するのよ」

先生は再び、僕のペニスに唾液を垂らして滑りをよくすると、スピードを上げて扱き始めた。
筒状にした手を行き来させながら亀頭冠の括れを刺激する。
そして、時折は裏筋を指先でこすりあげる。
僕は急激に射精感が迫ってくるのを感じて、思わず先生の顔を見た。
「どうしたの?イキそうなの?」
僕は大きく肯いた。

「さあ、イクわよ!・・・みっつ数えるから、そしたら射精しなさい!・・・さあ、みんなも一緒にお願いね!」
女の子も声をそろえてカウントダウンを始めた。
「さん!・・・に!・・・いち!・・・ゼロ!!!」
ドピューーー!!!!
尿道口から勢いよく精液が噴き出した。

「さあ、イきなさい!」
ドピューーー!!!!
女の子たちの髪や顔にザーメンが掛かる。

「おもいきりイきなさい!」
ドピューーー!!!!
背筋を走る快感が止まらない。

「もっともっと出して!」
ドピューーー!!!!
女の子たちが嬉しそうに、ザーメンを浴びている。

「ほら、こっちの方にも!」
ドピューーー!!!!
先生が右の方にペニスの向きを変える。

「今度はこっちよ!」
ドピューーー!!!!
左側の女の子たちにも白濁液が降り注ぐ。

「キンタマが空っぽになるまで出しなさい!」
ドピュー! ドピュー!ドピュー!!!!!


・・・・・
「あっ!」
気が付くと、僕は夢精をしていた。


第1話から読む
サキュバスの仕業~宿題~の第1話から読む
FC2 Blog Ranking


関連記事

サキュバスの仕業 ~宿題~(3)


女教師は、僕の耳元で囁いた。
「こんなにたくさんの女の子におちんちんを見られるのは、どんな気分なの?・・・きっと興奮してるのよね・・・だってこんなにも勃起してるんだもの・・・・」
鼓膜に響くいやらしい声に、僕のペニスはピクピクと何度も跳ね上がった。

「あら!本当に元気のいいおちんちんね」
先生は、そう言いながら生徒たちの方に向いた。
「皆さん!おちんちんがこんなに大きくなっています。いやらしいことばっかり考えている証拠です。」
クスクスと、女の子たちの笑い声が聞こえた。
「男の子は、いやらしいことを想像するとおちんちんが大きくなってしまいます・・・そして、おちんちんを触りたくなります・・・おちんちんを扱いて気持ちよくなりたいのです・・・そうなると、もう我慢できなくなります・・・シコシコしたいのです」
先生は、大きく反り上がったペニスを軽く握るとシコシコと扱き始めた。
「どう?気持ちいいでしょ?」
僕の耳元で先生が囁いたので、僕は小さく肯いた。

「皆さん!男の子は、こうやっておちんちんを扱かれると気持ちいのです・・・こうやってひとり裸で立たされて、勃起したチンポをクラスの女の子全員に見られながらでも、気持ちいいのです」
ハハハハ・・・
女の子たちは僕のペニスを間近で見ながら、大きな声で笑った。
笑われて、とても恥ずかしいのに、僕のペニスはますます硬くなった。
「わかりますか?これが宿題を忘れた原因です。勉強が手に付かない証拠です」

「先生!」
一番前に座っている女生徒が手を上げた。
「大きくなったおちんちんは、どうしたら小さくなるんですか?」
「いい質問ですね・・・これは何か知ってますか?」
ペニスを扱くのを止めて、先生は反り返った陰茎の下にだらりと垂れ下がった金玉を指差す。
「えぇっと・・・タマタマです」
はにかみながら女の子は応えた。
「そうですね・・・タマタマ、キンタマ、睾丸。いろんな呼び方があります。ちなみに先生は、キンタマという言い方が好きです。」
「キンタマだって」「いやだぁ・・」「フフフ」女の子が様々な反応を見せる。

「このキンタマは、精液を作るの役目をしています。男の子のキンタマは、精液をいっぱい作ります・・・そして精液がいっぱい溜まると、いやらしいことばかり考えるようなると・・・勃起したおちんちんを扱いて、気持ちよくなることしか考えられなくなります」
「だから勉強が手に付かなくなるんですね」女の子が発言した。
「じゃあ、貯まった精液を出してあげるといいんですね」隣の女の子が続いて言った。
「そう。その通り!・・・だから、今日は先生が精液をぜーんぶ出してあげます・・・キンタマが空っぽになるまで・・・・教師の役目としてね。」
妖艶な表情を浮かべた女教師は、再び僕のペニスを優しく握った。

第1話から読む
サキュバスの仕業~宿題~の第1話から読む
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

関連記事

熟年夫婦の習慣(5)


長年の経験から、夫が射精する前のペニスの感覚を貴子は把握しているつもりだった。

しかし今回はあまりにも急激だった。
垂らした唾液がペニスの先に着いたかと思った途端、一瞬にして陰茎が太くなりザーメンが噴き出してきた。
ドピュー!!!ドピュー!!!

顔を近づけていたので避けることもできなかった。
唇、顎、そして頬から鼻へと、精液をたっぷりと浴びてしまった。

久しぶりの夫の精液。
独特に匂いが鼻を衝く。
舌を伸ばして、口の周りについた精液を舐める。
お世辞にも美味しいとは言えたものではないが、久しぶりに夫の精液を舐めることに興奮を覚えた。
今まで、何度もフェラチオをして、何度も精液を飲んできたが、なぜ、こんなに興奮するのだろう。

その時、貴子にひとつの考えが浮かんだ。
性欲はオナニーで解消できる。
クリトリスへの刺激で快感は得られるし、ディルドを挿入して膣の快感も得られる。
しかし、ペニスからほとばしる精液の味や臭いは、決して得られない。
ああ・・・私には、夫のザーメンが必要なのだ。

そこで、私は決心した。
「夫とのセックスは面倒だが、射精の手伝いはしてあげよう。夫の精液を舐めさせてもらおう」と。


貴子は、新たな習慣となったこの行為が始まった時のことを思い出しながら、ビンビンに勃起した夫のペニスを今晩も扱いている。

亀頭もパンパンに膨らみ、金玉袋もキュッと収縮している。
もうすぐ射精しそうだ。
貴子はあの日のように、口の中に貯めた唾液をタラリと亀頭に垂らした。
義男は、満足そうな顔でこちらを見つめている。
そして唾液まみれの陰茎を扱きあげながら、段々スピードを上げていく。

(さあ。思い切りイキなさい。)
陰茎が急に太く膨らむと、射精が始まった。
ドピュー!!ドピュー!!
何度も何度も脈打ちながら、精液が発射される。
定年を過ぎた夫が昔と変わらず、勢いよく精液を噴き出す様子を眺めながら、貴子は嬉しくなる。
精液が飛び散らないようにペニスの角度を調整しながら、貴子は優しく扱き続ける。
義男の胸や腹まで飛んでいたザーメンは、その勢いを失っていく。しかし、尿道口から放出される白濁液は止まらない。
ドクドクと溢れ出したザーメンで、ペニスを握った貴子の手はドロドロになる。

しばらくしてようやく射精が収まると、白濁液でドロドロになった手を貴子は口元へ運び、一本一本と指を舐めてゆく。
あぁ、夫のザーメン!
この匂い、味。
あぁ、堪らない。

貴子は思った。
久しぶりにセックスしてあげようかな。

第1話から読む

アダルトブログランキングへ


関連記事

熟年夫婦の習慣(3)


義男は妻にペニスを扱かれながら、同時にスマホの画面の中で繰り広げられる淫靡な行為を見つめる。
画面の中の女はビンビンに勃起したペニスを握り、嬉しそうな表情を浮かべながらゆっくりと上下に手を動かしている。

義男はスマホの画面を見ながら、セックスレスが続いていたあの日を思い出していた。

セックスは愛情表現の一つだと考えていた義男は、年齢を重ねても貴子とのセックスを欠かさなかった。しかし、そんな妻からセックスを拒否されるようになっていった。
拒否されても何度も誘っていたが、そのうち義男の方から誘うこともなくなっていった。
しかし、二人の仲が悪くなったわけではない。単にセックスをしなくなっただけだ。

それまで定期的にセックスをしていた義男にとって、セックスがない生活というのは精液放出の機会が減少したことを意味する。
その結果、起こったのが夢精だ。義男は50歳を超えて夢精をしたのだ。

気が付くと義男はズボンとパンツをはいていなかった。
下半身裸で、なぜかテレビを見ている貴子の横に寝そべっている。
貴子はテレビ画面から視線を外さないまま右手を伸ばしてきて、義男の股間を弄り始めた。
セックスレスになってから、貴子からこんなに積極的になるのは驚きだ。
貴子は慣れた手つきでペニスを勃起させると、そのまま激しく上下にしごき始めた。
急激な射精感に襲われた義男が、妻の動きを制しようとしたが、妻はテレビを見ながらやめようとしない。
もうダメだ。射精するぞ。
ドピュ!ドピュ!と激しく精子が飛び散った。
そして、亀頭の先からドクドクと精子が溢れ出し、扱き続ける貴子の手に甲に、白濁液が流れてゆく。
精液の放出が収まると、貴子はようやく手の動きを止めた。そして、手にかかった精子をペロペロと舐めた。

そこまで来て、義男は夢精をしたことに気が付いた。
妻に手淫される夢を見ながら、パンツの中に射精してしまったことを。
はじめは自分でも信じられなかった。夢精するなんて何十年ぶりだろう。
隣で寝ている妻に気付かれないようにそっと起き上がると、洗面所に行き、精子まみれになったパンツを自分で洗った。
パンツをはきかえて寝室に戻ると、「どうしたの?」と妻が声を掛けた。
義男は「ちょっと・・・」と言ってごまかすと、すぐに寝たふりをした。
貴子もそれ以上、聞いては来なかった。

義男は寝たふりをしながら、決心した。
「妻に手淫を手伝ってもらおう。俺のチンポを貴子に扱いてもらおう」と。

第1話から読む

アダルトブログランキングへ



関連記事
次のページ