FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

熟女たちの秘密のパーティー(1)


「和美と会うのは3年ぶりかな」
 指定されたホテルのロビーで、佐山みどりは大学時代の友人、西野和美と待ち合わせをしていた。卒業してからずっと連絡をとりあっていたものの、最近はすっかり疎遠になっていた。しかし先週、和美から突然連絡があり、久し振りに会うことになったのだ。
「みどり、久し振り!」
 声の方を見ると和美が立っていた。
「和美も元気そうね」
 二人は若い頃から美しく、男友達ともずいぶん遊んだものだが、50歳を迎えた今でも、美貌を保ち、熟女としての魅力を振りまいている。

「みどりの旦那さんが亡くなってから、もう3年ね」
 大学卒業後まもなく、みどりは青年実業家と結婚した。夫の会社はその後順調に業績を上げ、みどりも社長夫人として夫を支えてきた。子供には恵まれなかったものの、幸せな結婚生活を送っていたといえる。しかし3年前に最愛の夫を交通事故で亡くしていたのだ。
「そうなのよ・・・早いわね」
 みどりがしみじみと答えると、励ますように和美が言った。
「でも、そろそろ新しい彼氏ができたんじゃない?・・・みどりみたいに可愛かったら周りの男がほっとかないわよね」

 確かに、小柄で童顔のみどりは年齢より若く見える。また、大きな胸とお尻は魅力的だ。、今でも男性から誘われることもしばしばある。
 しかしみどりは謙遜して答えた。
「そんな年じゃないからね・・・一人が気楽でいいわよ・・・そういう和美はどうなのよ」

 西野和美は一流商社に勤務し、夫とは社内恋愛で結婚した。その後会社は辞めて経営コンサルタントとしてバリバリ働いている。しかし和美も5年前に旦那を亡くし、子供もいない。

「私?まぁ・・・そこそこよ」
 思わせぶりの発言に、みどりは和美の表情を読み取ろうとして、改めて顔を見つめた。
 確かに、和美の美貌は衰えることなく、スレンダーできりりと引き締まった体付きを保っている。そして年齢相応の大人の色気を感じさせる。
「そこそこって何よ」
「あのね・・・今日連絡したのはそのことなの。実はね、私たちみたいに旦那を亡くした人を対象にしたパーティーがあるの。もちろん誰でも参加できるわけではなくて、それなりの地位や資産がある女性しかダメなの。」
「ふーん」
「私も、知り合いの人から1年前に誘われたの。で、みどりだったら興味があるんじゃないかと思ってね」
「で、どんなパーティなのよ」
「旦那を亡くした女性だけが参加できる秘密のパーティよ。前もって聞いとくけど、今付き会ってる彼はいないよね」
「いないよ」
「もうひとつ質問。男性への興味はまだあるわよね」
「もちろん」
 みどりは50歳を迎えたばかり。まだまだ性欲があり、自ら慰める夜があるのも事実だった。
「じゃあ、大丈夫。十分楽しめると思うわ」
 和美は思わせぶりに答えた。
「じゃあ、パーティの日程はまた連絡するね」
「う、うん」
 和美の勢いに押され、みどりは秘密のパーティに参加することになった。

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

関連記事

隣の奥さんと汗まみれSEX(10)

「あん!・・・入ってる・・・太一くんのおちんちんが入ってるわ!」
早紀のオマンコの中にペニスがずっぽりと入っている様子が、太一からもよく見えた。
「あぁぁぁ・・・いいわ!」
頬を紅潮させた早紀は額から流れる汗を拭いながら、太一の顔を見るとうれしそうに微笑んだ。そして、ゆっくりと身体を上下に動かし始めた。
自分の身体の上にしゃがみ込んでいる熟女に笑顔を返しながら、太一は改めて肉感あふれる様子を眺める。
紅潮した汗まみれの童顔。そしてその童顔からは想像できないような豊満なおっぱいが、タプンタプンと揺れている。さらに、太いウェストに大きなヒップ。そして太もも。
太一は、揺れ動くその愛しき肉体の眺めを満喫していた。

「あぁぁ、気持ちいい・・・でも、疲れるわ」
早紀はしゃがみ込んでいた姿勢から、膝をつくと、太一の上に覆いかぶさってきた。
そして、ディープキスを求めてきた。ねっとりと互いの舌が絡み合う。
「んんんん・・・」
クチュ、チュウ・・・チュルル
「舌を出して・・・」
早紀に言われるまま、太一が舌を出すと、早紀も舌を尖らせた。
そして二人は見つめ合いながら、舌を近づけると、絡めた。

「うーん・・・」「ふふふ・・・」
舌を出した姿に、互いに笑いながらも、早紀は溢れる唾液を舌に辿らせ、太一の口の中に流し込んでいく。
彼女の甘い唾液が口の中に溢れていき、太一はごくりと飲んだ。
それをきっかけに、早紀は太一の口の中に舌をニュルリと入れた。そして口中を激しく愛撫する。
「んんんん・・・・」
声にならない声を上げながら、彼女の腰が再び動き出した。
挿入したまま互いの股間を密着させ。グリグリと擦り付けるようにする。
「んんん・・・はぁん・・・うーん・・・・あぁぁぁぁぁ・・・」

早紀は股間の快楽に集中するかのように目を閉じて、グリグリ、クネクネと腰を動かしていく。
「あぁぁん!・・・いい!・・・あぁぁぁん!・・・いくっ!!」
早紀は再び絶頂を迎えた。

第1話から読む

人気ブログランキングへ


関連記事

隣の奥さんと汗まみれSEX(2)

締め切ったアパートの部屋は蒸し風呂のように暑かった。

言うまでもなく、アパートのお隣同士なので、部屋のつくりは全く同じだ。
しかし、男一人暮らしの太一の部屋と違い、カーテンや家具などに生活感があふれる。
確か、早紀は旦那と二人暮らし。子どもはいない。
40歳は超えているだろう。しかし童顔なので若く見える。それに、なんといってもムッチリとした体つきが魅力的だ。

早紀は部屋の奥まで行くと、サッシ窓を全開にした。
「ごめんね・・・実は今朝からエアコンが壊れてるの・・・暑いけどガマンしてね」
「そうなんですか・・・」
「ちょっと待っててね。私、着替えてくるわ」
早紀は奥の部屋に入っていった。

太一は、座卓に座った。
ふとベランダを見ると、洗濯物が干してあり、その中にタオルで周りを隠しようにして黒いブラジャーとパンティが干してあった。
彼女の特大の乳房を包み込むための大きなカップ。そして精緻なレース模様が施されているブラジャー。
それに比べて小さなパンティ。こちらもレースで飾られている。

「お待たせ!」
缶ビールを手に戻ってきた早紀の姿を見て、太一は驚いた。
胸の膨らみがはっきりとわかるグレーのタンクトップ。しかもワンピースのように丈が長く、太ももが露わになっている。

「さあ、飲みましょう」
早紀も太一の横に座った。
「太一君、今日はありがとう。手伝ってくれたお礼よ。カンパーイ!」
プッシュ!グビグビ・・・・プハーッ!
「あー、美味しい!」
「本当、美味しいですね」
太一の視線は、早紀の胸に注がれる。
そして、早紀は座卓に身体を預けるように座っているので、柔らかそうな二つの膨らみは座卓の上に乗せられている。

「ねえ、太一君・・・」
「・・・・」太一は一瞬ドギマギする。
「私、もう飲んじゃった。もう一本取ってくるね」
早紀は立ち上がると、キッチンへと向かった。

しばらくして早紀が戻ってきた。
「暑いわね」
汗ばんだ豊満な体に、グレーのタンクトップが張り付いている。
タプンと揺れる胸元には、乳首がポチッと突き出していた。

第1話から読む

人気ブログランキングへ


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
関連記事

エプロン

今朝、マンション1階にある郵便受けまで新聞を取りに行こうとした時の出来事。

部屋を出てエレベータの前で待っていると、2軒となりの部屋のドアが開き、奥さんがでてきた。時々会う人だ。
グレーのTシャツに、紺の短パン姿。そしてノーメーク。確か30歳前半だが、童顔なので、全然違和感はない。ただ、ひとつだけ違和感があるとすれば、Tシャツの胸が大きく張り出しているところだ。そう、童顔で巨乳なのだ。
いつもは、巨乳を隠すようにエプロンをしているのだが、今日はエプロンなしだ。

「おはようございます。」とあいさつをして、ふと胸元を見ると、大きなおっぱいのふくらみの先に、ツンと2つの突起物があった。・・・ノーブラだ。

えっ、と思い、奥さんの顔を見てしまった。
奥さんも「あっ」と小さく声を上げると、胸の前で両手を交差し、おおきなおっぱいを隠した。
そして真っ赤な顔で「失礼します!」と言って、きびすを返すと部屋に戻っていった。

エプロンを忘れちゃったのね。

第1話から読む

人気ブログランキングへ