FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

サキュバスの仕業 ~宿題~(3)


女教師は、僕の耳元で囁いた。
「こんなにたくさんの女の子におちんちんを見られるのは、どんな気分なの?・・・きっと興奮してるのよね・・・だってこんなにも勃起してるんだもの・・・・」
鼓膜に響くいやらしい声に、僕のペニスはピクピクと何度も跳ね上がった。

「あら!本当に元気のいいおちんちんね」
先生は、そう言いながら生徒たちの方に向いた。
「皆さん!おちんちんがこんなに大きくなっています。いやらしいことばっかり考えている証拠です。」
クスクスと、女の子たちの笑い声が聞こえた。
「男の子は、いやらしいことを想像するとおちんちんが大きくなってしまいます・・・そして、おちんちんを触りたくなります・・・おちんちんを扱いて気持ちよくなりたいのです・・・そうなると、もう我慢できなくなります・・・シコシコしたいのです」
先生は、大きく反り上がったペニスを軽く握るとシコシコと扱き始めた。
「どう?気持ちいいでしょ?」
僕の耳元で先生が囁いたので、僕は小さく肯いた。

「皆さん!男の子は、こうやっておちんちんを扱かれると気持ちいのです・・・こうやってひとり裸で立たされて、勃起したチンポをクラスの女の子全員に見られながらでも、気持ちいいのです」
ハハハハ・・・
女の子たちは僕のペニスを間近で見ながら、大きな声で笑った。
笑われて、とても恥ずかしいのに、僕のペニスはますます硬くなった。
「わかりますか?これが宿題を忘れた原因です。勉強が手に付かない証拠です」

「先生!」
一番前に座っている女生徒が手を上げた。
「大きくなったおちんちんは、どうしたら小さくなるんですか?」
「いい質問ですね・・・これは何か知ってますか?」
ペニスを扱くのを止めて、先生は反り返った陰茎の下にだらりと垂れ下がった金玉を指差す。
「えぇっと・・・タマタマです」
はにかみながら女の子は応えた。
「そうですね・・・タマタマ、キンタマ、睾丸。いろんな呼び方があります。ちなみに先生は、キンタマという言い方が好きです。」
「キンタマだって」「いやだぁ・・」「フフフ」女の子が様々な反応を見せる。

「このキンタマは、精液を作るの役目をしています。男の子のキンタマは、精液をいっぱい作ります・・・そして精液がいっぱい溜まると、いやらしいことばかり考えるようなると・・・勃起したおちんちんを扱いて、気持ちよくなることしか考えられなくなります」
「だから勉強が手に付かなくなるんですね」女の子が発言した。
「じゃあ、貯まった精液を出してあげるといいんですね」隣の女の子が続いて言った。
「そう。その通り!・・・だから、今日は先生が精液をぜーんぶ出してあげます・・・キンタマが空っぽになるまで・・・・教師の役目としてね。」
妖艶な表情を浮かべた女教師は、再び僕のペニスを優しく握った。

第1話から読む
サキュバスの仕業~宿題~の第1話から読む
にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

関連記事

罰ゲーム(8)

陽子、加奈、悦子の3人が見守る中、明美は健太のペニスを扱き続ける。
「すごい!おちんちんビンビンだよ!」
「明美、上手だね」
「キンタマも触ってあげたら?」

明美はペニスを扱くのをやめ、その手で金玉を包み込むようにした。
「どう?金玉の感触は?」
「うーん・・・」
「優しく触ってごらん・・・強く握ると痛いらしいからね」

袋の中の玉を、優しく揉みほぐすように指を動かすと、睾丸がゴロゴロと動くのがわかった。
明美は健太の顔を見上げた。
「健太・・・痛くない?」
「う、うん・・・気持ちいいよ」健太は明美を見ろして言った。
「確かに、この中にタマが二つあるよ」
「そこで精子が作られるんだよね・・・いっぱい溜まってそう」悦子が嬉しそうに言った。

「じゃあ、またシコシコして、もっと気持ちしてあげよう」陽子が言った。
「うん」明美は再びペニスを握ると、リズミカルに扱き始めた。
「ふぅぅぅ・・・」健太が吐息を漏らす。
「気持ちいいのね・・・」明美は嬉しそうに呟いた。
健太は目を閉じ、明美の愛撫に酔いしれているようだ。
明美はもう一方の手を使って、金玉を揉みほぐし始めた。
「両方だと、もっと気持ちいいかな」
「んんんんんん・・・」
「ここが、小さくなってきたよ」金玉袋が収縮してきたのを、明美が伝えた。

「それは、もうすぐ射精する合図だよ」陽子が教えた。
「えっ!・・・ヤダ!・・・どうしよう?」明美は少し狼狽した。
「大丈夫。もっとシコシコしてあげて」
「健太・・・イキそうになったら、教えてね」悦子が助言した。
「うん・・・実は・・・もうイキそうだ・・・」切羽詰まった声で健太が言った。
「そうなの?・・・・いいよ・・・イッていいよ」
「明美・・・よく見ときなよ・・・おちんちんの先から精子がでるところ」
「うん、わかった・・・健太、イッて!・・・お願い!」
明美はそう言うと、扱くスピードを上げた。

第1話から読む

アダルトブログランキングへ



関連記事

セクシャルサポーター(3)~髙木智子の場合 vol.02~

「キャッ!」という可愛い悲鳴が聞こえた。
「さあ、恥ずかしがらずに、よく見てください。」
生徒たちは、全裸の男性の周りに集まり、智子の説明に耳を傾ける。
「では、男性器について説明していきます。・・・さあ、みなさん。男性器の呼び名にはいろいろありますが、どんなのを知っていますか?・・・さあ、あなたどうですか?」
指名された生徒は、顔を赤らめながら小さな声で言う。「・・おちんちん・・・」
「おちんちん。いいですよ。・・・・じゃあ、他には?」
隣りの生徒を指差す。
「・・・ペニス・・・です」
「そうですね・・・ペニス、おちんちん。・・・他には、陰茎、ちんちん、チンポ、男根なんて言う場合もあります。」
生徒たちの視線はペニスに注がれている。
「普通、ペニスはこのように柔らかくてダラリと垂れさがっています。・・・このペニスの先っぽの部分・・・この膨らんだところは、亀の頭と書いて亀頭といいます。・・・またこの亀頭を皮が覆っているものは包茎と言います。・・・日本男性の多くは仮性包茎ですので、手で剥けば亀頭が出てきます。・・・ちょっと失礼しますね」
智子は陰茎に手を添えると、根元に向け少しだけ包皮を引っ張った。
「こうやって皮を剥くと・・・ほら・・・亀頭が出てきました」
「クスクス・・・」と生徒たちが笑った。

更にペニスを上に持ち上げる。
「ここにぶら下がっているのが睾丸です。・・・いわゆる金玉ですね。・・・この皺だらけの袋の中に玉がふたつ入っています。」
「キンタマだって・・・フフフ・・・」ひとりの生徒が声を漏らした。

「では、次に勃起について説明します。・・・男性器は性的に興奮すると硬く大きくなります。これが勃起です。・・・いわゆる「勃つ」といわれる状態です。・・・硬くなることで、女性器に挿入しやすくなります。」
握っていたペニスをシコシコと数回しごくと、少しペニスが大きくなった。
「おー!」女生徒から声が上がった。

第1話から読む




関連記事