FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熟女たちの秘密のパーティー(9)


開始から1時間を過ぎてパーティはますます盛り上がってきた。
参加している未亡人たちは自ら服を脱ぎ、恥ずかしげもなく熟れた裸体を晒し、そして様々なやり方で、自らの性欲を満たしていた。

壁際に仁王立ちした全裸の若者のペニスを舐めまわしている熟女。
バーカウンターの上で大きく脚を広げて、股間を舐めてもらっている熟女。
ソファーの上では、ウェイトレスと熟女が互いの乳房を触り合っている。
そして部屋のいたるところでは、硬く勃起したペニスを挿入され、喘ぎ声をあげる熟女たちがいた。
またその様子を見ながらオナニーを愉しむ熟女たちもいる。

一方、みどりと和美は服を着たまま並んでソファに座っていた。
パーティの常連である和美は、今すぐにでも服を脱いで仲間に入りたいのだが、初めて参加するみどりに気を使っているのだった。
「ねえ、みどり……そろそろ私たちも楽しまない?もう我慢できないかも……」
頬は紅潮させ、太ももをモジモジさせながら和美が言った。
もちろん、みどりも股間の火照りを感じていた。
「うん、私もすごくエッチな気分よ……でもね……」

するとひとりの若者が近づいてきた。
「楽しんでいらっしゃいますか?」
見覚えのある筋肉質の身体。顔をみると、パーティーが始まって最初に話をした男性だった。
「あら……コウジくんだったっけ?」
和美が声を掛けた。
「覚えておいてくれたんですね。うれしいな」
和美は横にずれて、みどりとの間にコウジを座らせると、早速、6つに割れた腹筋を撫で始めた。
「本当、いい身体ね」
そう言いながら和美の手は下がっていき、まだ柔らかいペニスを握って扱きはじめた。
「あぁぁ、気持ちいい……」
小声で吐息を漏らし、コウジのペニスはみるみるうちに硬く勃起していく。
真っ赤に膨れ上がった亀頭、ごつごつと血管を浮き出す陰茎。
みどりの視線はコウジのペニスに釘付けになった。
「ねえ、みどり……見てるだけじゃなくて、触りたくなったんでしょう?」
和美がねっとりとした視線をやった。

「ほら、コウジのおちんちん。触りたいんでしょ?」
「みどりさんも触ってもらってもいいですか」
躊躇しているみどりに優しく声を掛けながら、みどりの手を取りペニスを握らせた。
熱く脈打つペニスの感触がみどりの手のひらに伝わる。
「すごいわ」
みどりは、心の中のタガがゆっくりと外れていくのを感じた。
「あぁぁ……」
「どう?おちんちん触るのは久しぶりなの?」
「ええ……主人が亡くなってから初めてなの」
「本当にみどりを誘ってよかったわ。今日はいっぱい楽しみましょう」
「うん。楽しみましょう」
2人は笑顔で視線を交わした。
「ねえ、舐めてもいい?」
みどりがコウジに尋ねる
「もちろん」
「じゃあ、私も」
ふたりはコウジの股間に顔を持っていった。

第1話から読む
FC2 Blog Ranking

関連記事

熟女たちの秘密のパーティー(6)


「ごめんなさいね、私ばっかり楽しんじゃって。どなたか交代しましょう」
マサユキの特大ペニスを握りながら澄江は周りを見渡した。
「じゃあ、私、いいかしら?」
ショートヘアの女性が、周りに同意を求めるように目配せをしながら歩み出た。

「千恵美です、よろしくね」
マサユキに挨拶をすると、立派なペニスに視線を移した。
「大きいわ。こんなに立派なおちんちんを見てると身体が火照ってくるわ」
千恵美は嬉しそうに言うと、ブラウスを脱ぎ、ブラジャーを取り去った。
肉感溢れる大きな乳房。そして乳輪も乳首も熟女を感じさせる褐色をしていた。
「千恵美さんのおっぱい、大きいですね」
マサユキの褒め言葉にはにかみながら千恵美は座り込み、極太のペニスを握った。
「マサユキくんのおちんちんも大きいわ」
妖艶な視線を投げかけながら、真っ赤な口紅が塗られた唇を開く。テラテラと妖しく輝く舌先から唾液が流れ始める。
亀頭に到達した唾液は、陰茎を伝って流れてゆく。千恵美はそれを丁寧にペニス全体に塗りつけていく。
自らの唾液でテカテカになったペニスを見つめ、千恵美に満足そうに笑うと、唇をペロリと舐めた。

「おいしそう・・・でも私のお口に入るかしら」
唇が大きく開き、亀頭の先を咥え込む。そしてゆっくりとした動きで口の中に押し込んでいく。
「んんん・・・」
声にならない声を漏らしながら、千恵美は亀頭全体を口の中に収めることができた。
「すごいわ」
周りの女性から歓声が上がると、千恵美は頭をゆっくりとその口から亀頭を出し入れし始める。
んんん・・・ジジュル・・・んんん・・・ジュジュル・・・んんんん・・・
息苦しさからくる呻き声と口の端から溢れ出す唾液がいやらしい音を立てる。

横で見ていた澄江も我慢できなくなり服を脱ぐと、千恵美の横に並んで座った。
千恵美はその巨大なペニスを口から吐き出した。
裸の熟女二人は顔を見合わせると舌を大きく出し、赤黒いペニスを舐めた。
根元から始まり、長い陰茎にそって上へと舐めあげる。最後に亀頭を舐めまわす。

周りの女性たちの多くも、床に座り込み、スカートの中に手を入れ、思い思いに性欲を満たしている。
「あぁぁん・・・」
熱い吐息とクチュ、クチュといやらしい音が重なる。

再び千恵美がペニスを口に含み、唇で上下に激しくしごき上げ始めた。
「あぁぁ、気持ちいい・・・もうイキそうです」
マサユキは、二人に伝える。
千恵美は亀頭を咥えたまま、マサユキを見つめ、優しく微笑んだ。
そして、さらに激しくしごき上げた。
「あっ・・・・イク!・・・イク!・・・イクッッ!・・・」
マサユキは腰を突き上げながら、千恵美の口の中にザーメンを発射した。
ビュッ!ビュッ!ビュッ!
千恵美は、口の中が青臭いドロドロの液体で満たされていくことで快感を感じていた。
大量の射精が収まると口からペニスを抜き取り、ゴクリと飲み込んだ。
一方、澄江は精液まみれのペニスをペロペロと舐めまわした。
「おいしいわ・・・」
くすぐったがるマサユキを見ながら澄江は、一滴残らずザーメンを舐めつくした。

第1話から読む

人気ブログランキングへ


関連記事

隣の奥さんと汗まみれSEX(10)

「あん!・・・入ってる・・・太一くんのおちんちんが入ってるわ!」
早紀のオマンコの中にペニスがずっぽりと入っている様子が、太一からもよく見えた。
「あぁぁぁ・・・いいわ!」
頬を紅潮させた早紀は額から流れる汗を拭いながら、太一の顔を見るとうれしそうに微笑んだ。そして、ゆっくりと身体を上下に動かし始めた。
自分の身体の上にしゃがみ込んでいる熟女に笑顔を返しながら、太一は改めて肉感あふれる様子を眺める。
紅潮した汗まみれの童顔。そしてその童顔からは想像できないような豊満なおっぱいが、タプンタプンと揺れている。さらに、太いウェストに大きなヒップ。そして太もも。
太一は、揺れ動くその愛しき肉体の眺めを満喫していた。

「あぁぁ、気持ちいい・・・でも、疲れるわ」
早紀はしゃがみ込んでいた姿勢から、膝をつくと、太一の上に覆いかぶさってきた。
そして、ディープキスを求めてきた。ねっとりと互いの舌が絡み合う。
「んんんん・・・」
クチュ、チュウ・・・チュルル
「舌を出して・・・」
早紀に言われるまま、太一が舌を出すと、早紀も舌を尖らせた。
そして二人は見つめ合いながら、舌を近づけると、絡めた。

「うーん・・・」「ふふふ・・・」
舌を出した姿に、互いに笑いながらも、早紀は溢れる唾液を舌に辿らせ、太一の口の中に流し込んでいく。
彼女の甘い唾液が口の中に溢れていき、太一はごくりと飲んだ。
それをきっかけに、早紀は太一の口の中に舌をニュルリと入れた。そして口中を激しく愛撫する。
「んんんん・・・・」
声にならない声を上げながら、彼女の腰が再び動き出した。
挿入したまま互いの股間を密着させ。グリグリと擦り付けるようにする。
「んんん・・・はぁん・・・うーん・・・・あぁぁぁぁぁ・・・」

早紀は股間の快楽に集中するかのように目を閉じて、グリグリ、クネクネと腰を動かしていく。
「あぁぁん!・・・いい!・・・あぁぁぁん!・・・いくっ!!」
早紀は再び絶頂を迎えた。

第1話から読む

人気ブログランキングへ


関連記事

隣の奥さんと汗まみれSEX(4)

早紀の唇を割り、太一の舌が侵入する。と同時に早紀の舌が絡んできた。
ヌメヌメとした舌が絡みついたかと思うと、舌をチューッと吸われた。
チュッ・・・チュウ・・・ジュルル・・・
熟達した舌使いに翻弄されながら、太一も一生懸命に舌を動かす。
「あぁぁぁ・・・こんなキスをしたの、久しぶりだわ」
早紀が嬉しそうに洩らした。

今度は早紀の舌が太一の口の中を入ってきた。
「んんんん・・・」
舌先で上あごを小刻みで刺激したり、歯茎の付近を這いずり回ったり貪るように舐め尽くす。早紀の熟達した舌技で、太一をネットリと攻め続ける。

太一は熟女のキスの洗礼を浴びながらも、豊満なおっぱいを弄り続けた。
手のひらに柔肉の弾力を感じながら、乳房を下から揉み上げる。そして、ポチッと勃起した乳首を指先で弾く。
「うーん・・・」
甘い声を早紀が漏らした。

「太一くんも汗びっしょりだよ・・・脱がせてあげる。バンザイしてね・・・」
まるで子どもの服を脱がす母親のように言うと、太一のTシャツを脱がせた。

「じゃあ、私もお願い・・・脱がせて・・・」
早紀も両手を上にあげた。
太一は、改めて豊満な体を眺める。
童顔の可愛い顔立ち。ぽっちゃりとした身体。大きくて丸い乳房。ブラジャーを外しているので、だらりと乳房の肉が横にはみ出している。そしてそのおっぱいの頂上には勃起した乳首がはっきりと飛び出している。

「見てばっかりいないで・・・ねえ、早く脱がせて・・・」
甘い声で催促され、太一はタンクトップを脱がせた。

まさにスイカのように大きなおっぱいだった。
少し垂れ気味なところが、なんともいやらしい。
大きめながら薄いピンク色の乳輪。ぽっちりと突き出した乳首。
熟女ならではの、体つきだ。
「そんなにジロジロ見られると恥ずかしいね」
早紀は少し照れた。

「きれいだよ」
太一はその豊満な体を優しく抱きしめると、そのまま覆いかぶさっていった。

第1話から読む

アダルトブログランキングへ


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
関連記事

隣の奥さんと汗まみれSEX(3)

「ほら、冷たいでしょう」
冷蔵庫から取り出したばかりの缶ビールが、太一の頬に押し当てられた。
「あっ!冷たい!」
「ふふふ・・・」
早紀は妖しげに微笑むと、その缶ビールを自ら豊満な胸の谷間に押し当てた。
「冷たくて気持ちいいわ!」
缶に付いた水滴と早紀の汗が一緒になり、胸の谷間に流れ込んでいく。

「太一くん?」
「・・・・」
「太一くん、どこ見てるの?」
「い、いやっ、どこも・・・」
「今、おばさんのここ、見てたでしょう?」とタンクトップの胸元を指さし、その指先をタンントップに引っ掛けた。
そして、太一の視線を釘付けにしたまま、ツーッと下に引き下げてゆく。
タンクトップの襟元が徐々に引き下げられ、たわわな乳房がこぼれそうになるほど、引き下げた。

「それも、いやらしい目で、見てたよね」
「そ、そんな・・・」
「いいのよ・・・こんなおばさんのおっぱいなのに・・・うれしいいわ」
「そんな・・・おばさんだなんて・・・多村さん、まだ若いですよ」
「もう、太一くんったら、お世辞がうまいのね」
「お世辞じゃないですよ・・・すごく魅力的です」
「本当?太一くん、おっぱい好きなのね」
早紀はしなだれ、柔らかい乳房を太一の身体にくっつけた。
そして太一の耳元で優しく囁いた。
「触ってもいいわよ」

グレーのタンクトップは、早紀の汗で肌に張り付き、乳房の形がはっきりとわかるほどだ。大きく柔らかい乳房が、トロンと垂れ気味なのが、熟女のいやらしさを強調している。
太一は、乳房の重さを量るように下からそっと持ち上げ、そして2、3度揺らしてみる。
タプンとした感触が手のひらに伝わってきた。

次に、柔らかさを確かめるように、指先に力を入れてみると、5本の指が乳房に食い込んでいった。

そんな太一の行動を、早紀は優しい表情で眺めている。

太一は、何度も乳房を揉みしだいていたが、最後にタンクトップから突き出した乳首を指で弾いた。
「あんっ!」
早紀の口から声が漏れた。可愛い声だ、と太一は思った。
続けざまに、乳首を弾く。
「あんっ!・・・ふぅん!・・・うぅん!・・・気持ちいい!」

太一は早紀の肩に手を回し、唇を重ねた。

第1話から読む

FC2 Blog Ranking


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。