FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隣の奥さんと汗まみれSEX(5)

早紀の柔乳を、太一は両手で揉みしだいた。
指に少し力を入れるだけで乳房は形を変えた。と言うより、手で包み込んでいなければ、トロリと横に垂れていく。
しかし硬くなった乳首だけは、ピンッと上を向いている。
太一は、垂れた横乳を何度もすくい上げ、柔乳の感触を楽しみながら、時折、乳首を可愛がった。
「あんっ!」
その度に、早紀は、甘ったるい吐息を漏らす。
小豆色のその突起を、プルプルと指先で弾きながら太一は言う。
「ここ、気持ちいい?」
「あんっ!・・・感じちゃう・・・」
「もっと気持ちよくしてあげる」

太一は、右の乳首にしゃぶりつき、レロレロと舌先で転がした。
「はぁぁぁぁん!」
早紀は自ら両手でおっぱいをすくい上げると真ん中に寄せた。
「もっと・・・もっと舐めて!」
きキラキラと汗で輝く、柔肉の大きな双丘が、太一の目の前にあった。
思わず太一はその双丘に顔を埋め、そして小豆色の突起に吸い付いた。
早紀の汗の味がした。
太一は、双丘の乳首に交互にチュパ、チュパと吸い付いた。
「はぁん!・・・はぁん!・・・いい!」
早紀は声を上げながら、太一の頭を抱きかかえた。

(もっと!・・・もっと!舐めて)
ギュッと押さえられて、太一の顔は巨乳の間に埋もれていく。

早紀の汗まみれの乳房が、太一の頬に張り付く。
早紀の腕の力がだんだん強くなっていくなか、太一は乳首を求めて、頭を左右に振る。
しかし、とうとう頭を動かせないほどの力で、ギュッと抱きしめられた。
「ん、ん・・・」

太一が窒息する寸前に早紀の腕から力が抜けた。
「はぁ、はぁ・・・」太一は大きく息を吸った。
「ごめんなさい・・・つい・・・」
早紀は自分のしたことに驚いたように言った。
「でも、太一くん・・・気持ちよかったよ。今後は私が・・・」

早紀の手が太一の股間に触れた。

第1話から読む
人気ブログランキングへ


関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。