FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

隣の奥さんと汗まみれSEX(12)

「あぁぁ・・・いい!・・・奥まで入ってる!」
早紀の喘ぎ声を聞きながら、太一は腰を振り続ける。

「いいわ!・・・気持ちいいわ!・・・もっと!・・・もっと!」
肉付きのよい太ももをM字に大きく開き、淫らな女性器を露わにしながら喘ぎ続ける。
「あぁぁぁぁぁ・・・・・突いて!・・・もっと突いて!・・・オマンコを突いて!!」
淫らな声を上げる早紀の顔には、大粒の汗が煌めいている。
太一は、挿抽のスピードを上げてゆく。

「あん!・・・はぁん!・・・いいわ!・・・気持ちいい!!」
ねっとりとした愛液を垂れ流すオマンコの内部の柔襞が、ペニスにまとわりつき、そして時折、キューっと締め付けてくる。
「僕も気持ちいいです!・・・あぁぁぁ・・・早紀さんのオマンコが締め付けてる!」
「私も!・・・私も気持ちいいの!・・・あぁぁ・・・・太一くんのおちんちんが!・・・おちんちんが気持ちいいの!!」

太一は奥までガンガンと突きまくる。早紀のオマンコもクイクイと締め付ける。
「ダメ!・・・イッちゃいそう!・・・イクッ!!!」
顔を真っ赤にした太一のあごから汗がポタポタと落ちる。
「僕もイキそうです!」

そう言ったとたん、早紀が言った。
「ダメよ・・・中はダメ・・・中に出しちゃだめよ」
「わかりました・・・ちゃんと外に出します」
「よかった・・・じゃあ、いっしょにイキましょう」

太一は再び、スピードを上げて挿抽を繰り返す。
「あん!あん!あん!・・・いい!いい!いいの!・・・イキそうなの!」
「僕もイキそうです!」
「一緒に!・・・一緒に!・・・一緒にイッて!!!!」
「あぁぁぁ!・・・」
「イクゥゥゥゥゥ!!!!!」

射精感がこみ上げ、陰茎の中を精液が駆け上ってきたのを感じ、太一はペニスを抜き、早紀の腹の上にザーメンをぶちまけた。
ドピューーーー!!ドピューーーー!!
勢いよく発射された白濁液が早紀の巨乳に降り注がれる。
そして、その後も続けざまにザーメンが彼女の身体に着弾した。

「いっぱい出たね・・・」
乳房の谷間に貯まったザーメンを指先でぐるぐると弄びながら、早紀がつぶやく。
そして手を伸ばすと太一のペニスを握った。
「ねえ・・・舐めさせて」
早紀が恥ずかしそうに言った。

太一は、早紀の顔の方ににじり寄る。
そして、精液と愛液をしたたらせているペニスを突き出すと、待ちきれないように熟女の舌が絡みつき、陰茎についた体液を舐めとった。
「ふふふ・・・すごくいやらしい味がするわ」
亀頭をペロリと舐め、次いで、口いっぱいに頬張る。そして、頬をすぼませながらチューっと精液を吸い取った。
「太一くんの精液、全部吸い取ってあげる」
チュー、ペロリ、チュチュッツ。
彼女のお掃除フェラのおかげで、太一のペニスは綺麗になった。
「ありがとう」
太一はティッシュを取り、早紀の身体に着いたザーメンを拭き取ってやった。
「太一くん、ありがとう・・・すごくよかったわ」
早が、はにかむ様に言う。
「僕も気持ちよかったです」
太一は、早紀の横に添い寝をして話す。

「でも、汗びっしょりね・・・ねえ、シャワーしようか」
「じゃあ、早紀さんからどうぞ」
「ううん・・・一緒に入ろ」
肉感あふれる熟女は、少女のように甘えた声でそう言うと、太一の顔を抱きかかえ、自らの乳房の谷間にギューっと押し付けた。
「ねえ、いいでしょ?」

柔肉の感触と息苦しさの中で、太一は無言で肯いた。

第1話から読む
人気ブログランキングへ






関連記事

隣の奥さんと汗まみれSEX(9)

「はぁぁん!・・・あんっ!・・・そこ!・・・うぅぅん!」
早紀の喘ぎ声を聞きながら、太一はピンク色の柔襞を何度も舐め上げた。
「あぁぁぁ・・・気持ちいいわ!」
襞から溢れ出る愛液に太一の唾液が混じりテカテカに輝く襞を左右に大きく広げると、クリトリスが姿を現した。包皮からピンクの真珠が少し顔を出している。
丁寧に包皮を剥くと、太一は舌先でクルクルと刺激する。
「あっ!あっ!あっ!・・・」
可愛い声が、小さく断続的に発せられた。
さらに、舌先を細かく震わせながら、クリトリスを愛撫する。
「あっ!あっ!・・・いい!いい!・・・」
割れ目からは、再び愛液があふれてくる。
「あっ!・・・ダメ!ダメ!・・・イッちゃう!イッちゃう!・・・ダメェェェ!」
股間に顔を突っ込んだ太一の顔を、早紀の太腿がギュウッと挟むが、太一は愛撫をやめない。
「太一くんダメ!・・・イッちゃう!・・・はぁぁぁん!・・・イクッ!イクッ!イクーーー!!」
早紀は太腿をきつく締めたまま、腰をガクガクと震わせながら絶頂を迎えた。
太一は、汗と愛液にまみれた股間に顔を埋めたまま、早紀の太ももが開くのをじっと待っていた。

「気持ちよかったわ」
けだるい早紀の声が聞こえ、太腿がゆっくりと開いた。
太一は、早紀の股間から顔を外すと、彼女の横に添い寝をした。
「まあ!・・・太一くん、すっごい汗」
早紀は、太一の頬を流れる汗を優しく拭った。
「この汗って・・・半分は早紀さんの太ももの汗だよ・・・ほら」
「ふふふ・・・そうよね・・・」
「それに・・・汗以外にもいっぱい出てたよ・・・いやらしいお汁が」
「もう・・・恥ずかしいわ」
照れくさそうにそう言うと、早紀は太一の唇を求めた。
チュ、チュル・・・チュチュル

早紀は太一と舌を絡めながら、太一の身体をまさぐった。
背中、わき腹、腰、そして勃起しているペニスに到達すると、逆手で握ってゆっくりと愛撫をする。
「硬くなってるね」
早紀は、ペニスを扱きながら身体を起こし、仰向けになった太一をねっとりと眺める。
「太一くん・・・いいでしょ?・・・ガマンできないの」」
早紀は屹立したペニスの上にまたがり、自分の膣の位置を確認すると、一気に腰を下ろした。
「はぁぁぁぁん!!」
熟女の大きな喘ぎ声が響いた。

第1話から読む

FC2 Blog Ranking



関連記事