FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

隣の奥さんと汗まみれSEX(11)

ぐったりとした早紀は、膣からペニスを抜き、太一の横で仰向けになった。
汗まみれのおっぱいが、体側にこぼれ落ちる。
「またイッちゃったね」
その柔乳を手のひらで弄びながら、太一が優しく声を掛けた。
「うっ!ふぅん・・」
硬くなった乳首の刺激に感じながら、早紀は恥ずかしそうに小さく頷いた。
しかし、その表情とは裏腹に、手を伸ばして勃起しているペニスを握った。
「・・・ねえ・・・入れて」

太一は身体を起こす。そして肉付きのいい彼女の太ももを開き、正常位の体制になる。
褐色の淫唇は大きく開き、ピンクの膣口から溢れ出るネットリトした液が白濁している。
太一は、ゆっくりとその中に、ペニスを差し込んだ。
「あぁぁん!・・・・」
挿入の快感に耐えるように、早紀は少し眉間にしわを寄せながら喘いだ。

太一は、ペニスにまとわりつく粘感を愉しみながら、奥まで差し込んでいった。
「あぁぁぁぁぁぁ!・・・・入っている!!」
早紀は、大きな声をあげた。そして目を閉じたまま。
「早紀さん、大丈夫?」
「うん、大丈夫・・・太一くん・・・すごく気持ちいいの」
「嬉しいよ」
太一は、ゆっくりと腰を使い始めた。
抜いて、挿して、抜いて、挿して・・・・
「はぁぁぁん!・・・あん!・・・ふぅぅぅん!・・・あん!」
腰の動きに合わせて、早紀は甘い喘ぎ声を上げ続ける
「うん!・・・ふぅん!・・・はぁん!・・・いい!」

快楽に酔いしれる熟女の声を聞きながら、太一は挿抜を繰り返す。
愛液溢れるオマンコにペニスを打ち付けるたびに、肉感あふれる身体がブルブルと震える。
体側にこぼれた乳房、段々になった腹肉、太い太もも。全ての肉が、熟女の肌から溢れ出す汗で、テカテカと輝きながら揺れている。
そして、挿抜を続けるペニスも、白く泡立つ愛液まみれになっている。
「あぁぁ・・・太一くん、気持ちいい!」
太一は、熟女の身体に魅了されていた。

第1話から読む

FC2 Blog Ranking


関連記事

隣の奥さんと汗まみれSEX(5)

早紀の柔乳を、太一は両手で揉みしだいた。
指に少し力を入れるだけで乳房は形を変えた。と言うより、手で包み込んでいなければ、トロリと横に垂れていく。
しかし硬くなった乳首だけは、ピンッと上を向いている。
太一は、垂れた横乳を何度もすくい上げ、柔乳の感触を楽しみながら、時折、乳首を可愛がった。
「あんっ!」
その度に、早紀は、甘ったるい吐息を漏らす。
小豆色のその突起を、プルプルと指先で弾きながら太一は言う。
「ここ、気持ちいい?」
「あんっ!・・・感じちゃう・・・」
「もっと気持ちよくしてあげる」

太一は、右の乳首にしゃぶりつき、レロレロと舌先で転がした。
「はぁぁぁぁん!」
早紀は自ら両手でおっぱいをすくい上げると真ん中に寄せた。
「もっと・・・もっと舐めて!」
きキラキラと汗で輝く、柔肉の大きな双丘が、太一の目の前にあった。
思わず太一はその双丘に顔を埋め、そして小豆色の突起に吸い付いた。
早紀の汗の味がした。
太一は、双丘の乳首に交互にチュパ、チュパと吸い付いた。
「はぁん!・・・はぁん!・・・いい!」
早紀は声を上げながら、太一の頭を抱きかかえた。

(もっと!・・・もっと!舐めて)
ギュッと押さえられて、太一の顔は巨乳の間に埋もれていく。

早紀の汗まみれの乳房が、太一の頬に張り付く。
早紀の腕の力がだんだん強くなっていくなか、太一は乳首を求めて、頭を左右に振る。
しかし、とうとう頭を動かせないほどの力で、ギュッと抱きしめられた。
「ん、ん・・・」

太一が窒息する寸前に早紀の腕から力が抜けた。
「はぁ、はぁ・・・」太一は大きく息を吸った。
「ごめんなさい・・・つい・・・」
早紀は自分のしたことに驚いたように言った。
「でも、太一くん・・・気持ちよかったよ。今後は私が・・・」

早紀の手が太一の股間に触れた。

第1話から読む
人気ブログランキングへ


関連記事