FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小児科にて ~柏木詩織~

柏木詩織は、昨晩から熱をだした子供を連れて近所の小児科へ行った。

「柏木さん、診察室へどうぞ。」
呼ばれて診察室に入る。
すこし頭のうすくなった50代くらいの先生の前に子供を座らせ、詩織はその横の丸椅子に座った。
先生の横には二人の女性の看護師が立っている。

「どうされましたか」
「子供が昨晩から37度の熱を出しまして・・・」
「そうですか。・・・咳や、鼻水は大丈夫ですか。」
「咳はないですが、鼻は少し出てます。」
「そうですか。どんな鼻水ですか。さらさらした鼻水ですか、それとも黄色っぽいのが出てますか」
そう問われて、詩織は今朝の子供の鼻水を思い出しながら言った。
「色は黄色じゃないです。・・・透明というか、白っぽいような・・・どろどろした感じの・・・・そう!・・・ザーメンのように白い、どろどろした感じです。」
一瞬、診察室の空気が凍りついた。
「しまった!」と詩織は思った。
ふと顔を上げると、看護師が、にやっと笑った。
詩織は顔がカッと熱くなるのを感じた。

「そうですか。・・・では、口をあけてください。・・・あーん。」
先生は、何事もなかったように言った。

子供の診察を終え、先生は言った。
「まあ。風邪ですね。お薬を3日分だしておきます。それでも症状がおさまらなかったらまた来てください。・・・そうそう、鼻水の様子も見てあげてくださいね・・・おだいじに。」

詩織は思った。もう二度と来ることはないと。

第1話から読む


にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。