FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サキュバスの仕業 ~宿題~(2)


ズボンの上からでもはっきりとわかるほど勃起したペニスを撫でながら、先生は女生徒たちに話しかけた。
「皆さん!彼が宿題を何度も忘れてしまう原因は何だと思いますか?・・・・実は先生にはちゃんとわかっています。だから、その原因を取り除いてあげることが、私たち教師の役目なんです」
先生の指が硬くなった陰茎を激しく扱きあげた。
「では、これからみんなの目の前で、その原因を取り除いていきますよ」
最前列の女の子が、嬉しそうに僕の股間をジロジロと見ているのがわかった。

「さあ、みんなよく見てください。ズボンの中でおちんちんが、こんなに大きくなっています。後ろの人、見えますか?」
「見えませーん!」と数名の声が上がった。
「そうよね・・・」
困ったような表情を浮かべながら、僕に言った。
「見えないんだって・・・みんなに見えるように、服を脱がしちゃってもいいかな?・・・だって宿題忘れたんだもんね」
先生は慣れた手つきで服を脱がし、僕はあっという間にトランクス一枚にされてしまった。

「本当、元気なんだから」
硬く勃起したペニスにせいで大きく張り出したトランクスを見つめながら、女生徒たちに言った。
「さあ、皆さん。前に集まってよく見てね。」
女の子たちはぞろぞろと僕の前に集まってきて、興味津々の表情で、盛り上がった股間をジロジロと眺めた。
彼女たちの熱い視線を浴びて、僕のペニスは痛いほど硬直した。

「じゃあこれから、宿題を忘れた原因を確認します」
先生は嬉しそうに言うと、トランスをゆっくりと引き下げ始めた。
それにつられ、硬くなったペニスは、トランクスのゴムの部分に引っ張られて下向きになり、バネのようにしなる。
女教師は妖しげな笑みを浮かべながら、トランクスを下げる手をいったん止めた。
「おちんちんがすごく大きくなってるから、パンツに引っ掛かるわね・・・フフフ、痛そうね・・・じゃあ、自由にしてあげる」
トランクスが一気に引き下げられ、拘束から解き放たれたペニスは、驚くほどの勢いで跳ね上がった。
「キャッ!」「スゴイ!」「フフフ・・・」
様々な声が上がる中、女の子たちは僕の勃起したペニスを見つめた。

第1話から読む
サキュバスの仕業~宿題~の第1話から読む

人気ブログランキングへ



関連記事

サキュバスの仕業 ~宿題~(1)


なぜか僕は、教室の一番前で立たされていた。

「あなた・・・宿題忘れたのね」
僕の背後から女性の呆れたような声が聞こえた。
「先生、本当に残念だわ」
白いブラウスと黒いタイトなミニスカートに身を包んだ大柄な美人が、僕の前に現れた。
「宿題忘れると、どうなるか分かってるわよね」
憐れみを含んだ笑みを浮かべながら僕を見下ろした。

長い黒髪と真っ赤な唇がその美しさを際立たせている。
そして、胸のボタンが弾けそうになるほど大きく膨らんだ胸。スカートにぴったりと包まれた大きなお尻。そしてすらりと伸びた細い脚。

「どこを見てるのかしら」
女教師は、互いの鼻がくっつくほど顔を近づけてきて囁いた。
その豊満な身体から発せられる香りが僕の鼻腔をくすぐる。
(あぁぁ・・・いい匂い)

次の瞬間、先生は僕の股間をグッと掴んだ。
クラス中からクスクスと笑い声が起こった。
教室を見渡すと、白いブラウスとチェック柄のスカートに身を包んだ女の子たちが席に座って僕を見つめていた。

女教師は僕の股間を掴んだまま女生徒たちの方を向くと大きな声で言った。
「宿題を忘れたらどうなるか、皆さん知っていますよね?」
ニヤニヤ笑いながら頷く子。恥ずかしそうに頬を赤らめる子。
様々な反応をする女の子たちの様子を眺めながら、先生はゆっくりと僕の股間を撫でまわし始めた。
その刺激に、僕のペニスはみるみるうちに硬くなっていく。

人気ブログランキングへ


第1話から読む


関連記事

教師と母親(1)

「先生、どうぞ。」
貴子はコーヒーカップをダイニングテーブルの上に置いた。
「いつも真二がお世話になっています・・・で、また何かしました?」
真二の担任である酒田が急に訪ねてきたということは、真二が何か悪さをしたに違いない。
酒田は少し言い辛そうにしながら話し始めた。
「実はですね・・・真二君がクラスの女子のお尻を触って・・・女の子の親御さんからクレームが来てるんです」

(なんだ。それぐらいの事か・・・)
貴子はそう思いながらも、そんな素振りも見せず謝った。
「そうなんですか、どうもすみません。・・・もう、あの子ったら・・・」
「私の方からも注意したんですけれど、ご家庭の方でもしっかり注意して欲しいんです。」
「先生、わかりました・・・帰ってきたら、よく言い聞かせます。」
「よろしくお願いしますね。」

(真面目な新米教師ってところね・・・でも意外にいい身体してるわね・・・)
おとなしそうな顔に似つかわしくなく、胸板は厚く、二の腕は太い。
貴子のいたずら心に小さな火が付いた。
「でも先生・・・あの年頃だと、女の子の身体に興味があっても不思議じゃないですよね・・・先生だってそうだったんじゃありません?」
「ぼくは、そんなことありません!」酒田はムッとしたように言った。
「本当ですか?・・・私も学生の時は、男子生徒に触られた経験ありますよ・・・もしかして、先生は女性のお尻を触ったことがないんですか?」
「・・・そ、そんなこと・・・どうでもいいじゃないですか!」
「先生、どうしたんですか。そんなに動揺しちゃって・・・先生って女性のお尻に触ったことがないんじゃないですか?・・・それでは、生徒の気持ちが分からないですよね・・・教師として経験不足ですわ・・・」
「何、言ってるんですか!」
「そんな経験不足の教師だと、保護者として不安になりますわ・・・何なら私で経験してみます?」
貴子は立ち上がるとテーブルに手を付き、細身の体に似つかわしくないほど大きく張り出したお尻を酒田に向かって突き出した。
「からかわないでください!」

「ほら、どうぞ」貴子は酒田の手首をつかんだ。
「ちょっと・・・やめてください!」
いやがる酒田の手を強引にお尻に触れさせる。
「先生、どうですか?」
「本当に止めてください!」
「いいんですよ・・・保護者の一人として・・・少し協力するだけですから・・・」
「・・・協力?」
「そうですわ・・・我が子を預けているんですもの・・・経験豊かな先生にお願いしたいのは親心でしょ?・・・だから我が子の教育のために、できることは協力させていただきたいんです・・・」
抵抗していた酒田から少し力が抜けた。
「教育のための協力・・・」
「そう・・・教育のため・・・」
力の抜けた手首をつかみ、貴子はお尻の上を滑らせた。
「どうですか、先生。・・・生徒の気持ちが少しはわかるようになりました?」
ぎこちない手つきで尻たぶを撫で回す酒田を見て、貴子のいたずら心の火が大きくなってゆく。

第1話から読む

にほんブログ村 恋愛小説(愛欲)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ


関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。