FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

熟女たちの秘密のパーティー(8)


一方、ショウゴは大きなおっぱいに顔を埋めながら、コリコリと硬くなった乳首を愛撫し続けた。
「あん・・・あん・・・いい・・・気持ちいいわ」
可愛い声をあげながら陽子の息は荒くなり、ムズムズと太ももを擦りあわすような仕草を見せ始めた。
ショウゴは両手で乳房をつかんだ。
柔らかく、スライムのような乳房だ。
ゆっくりと揉みながら、指を食い込ませる。
「あん・・・もっと・・・もっとお願い」
陽子の甘い声に、ショウゴはさらに乳房を揉み、そして乳首を指先で摘まんだ。
「あーん・・・そこが気持ちイイの・・・」
乳房だけへの愛撫では我慢できずに陽子が言った。

「じゃあ、もっと気持ちよくなりましょう・・・さあ、起きて」
陽子の太ももを枕にして横たわっていたショウゴは身体を起こした。
「脱いじゃおうかな」
陽子は独り言のように言い、すみれ色のパンティを自ら脱いだ。
「舐めあいっこしましょう」
ショウゴをソファの上に寝かせると、69の体制になった。
ショウゴの顔の上の、淫唇からは愛液が溢れ出しキラキラと輝くほどであった。舌を伸ばし陰唇に沿って舐める。
「うふーん」
相変わらず可愛い声が漏れる。
続いて、陰唇の端にある小さ目のクリトリスを舌先で愛撫する。
「あん・・・あん・・・いいわ・・・」

陽子もショウゴのいきり立つペニスに顔を近づけた。
「ああ、硬いおちんちん大好き」
小振りのペニスをパクリと咥えこむと、舌先をぐるぐると回転させた。
「それ・・・気持ちいいです・・・」

陽子の舌技に耐えながらショウゴは、人差し指を舐めると陰唇の中に挿入した。
「はぁーん!」
陽子は大きな声をあげた。
ショウゴは、ゆっくりと指の挿抜を繰り返す。その度にクチュリ、クチュリといやらしい音が響く。
「はぁん・・・はぁん・・・はぁん・・・」
さらなる快感を貪るように、陽子の腰は、ショウゴの指の動きに合わせて前後に動きだす。
それを見て、ショウゴは指を2本にして、スピードを早めた。
「あん・・・あん・・・あん・・・気持ちいい・・・すごく気持ちいい」
次第に愛液は、白濁してゆき、粘度も増してくる。
「あっ!ダメ・・・イッちゃう・・・イッちゃうよ・・・イク!・・・イク!」
陽子は腰をガクガク痙攣させ、絶頂に達した。

しばらくして呼吸が収まると、陽子は照れ臭そうなそうな顔をして起き上がると、体制を入れ替え始めた。ショウゴの脚を開き、その間に身体を入れ、目の前のペニスにしゃぶりついた。そして口の中の唾液まみれにした。
「おっぱいで挟んであげるね」
陽子は、巨大なおっぱいでショウゴのペニスを挟み込むと、ゆっくりとしごいた。
「ああ・・・柔らかい」
陽子の乳房は巨大なマシュマロのように柔らかく、そしてペニスに吸い付くような感触があった。
しかも、半開きなった口からはダラダラと唾液が流れ出し、おっぱいの谷間に流れ込む。
唾液の潤滑油ですべりのよくなった乳房でリズミカルにしごき上げながら、ペニスの感触を楽しむようだ。
「おちんちん、すごく硬いよ・・・硬いおちんちんが、おっぱいに挟まってる・・・気持ちいい?・・・おっぱい気持ちいい?・・・」
可愛い陽子の声を聞きながら、ショウゴは絶頂が近いことを知った。
「イキそうです」
「いいよ・・・いっぱいイッてね」
おっぱいのスピードが速くなる。
「イクよ・・・イク!」
亀頭の先から、精液が激しく吹き出した。
陽子は、おっぱいの中で脈打ちながら、何度も噴き出す白いザーメンを眺め、軽いエクスタシーを感じていた。
「すごい、いっぱいでたね。もう、おっぱいがドロドロになっちゃった」
射精が終わると、陽子はおっぱいについた精液を舐め取った。
「あぁ・・・美味しい」
「僕もすごくよかったです」
ショウゴは、陽子を抱きしめるとキスをした。

第1話から読む
人気ブログランキングへ


関連記事

熟女たちの秘密のパーティー(5)


「みどり、見てごらん。・・・あの男の子」
和美の視線の先には、女性たちと楽しそうに話をしている全裸のウェイターがいた。
「すごい!」
みどりは、その男性のあまりにも大きなペニスを見て驚いた。だらりと垂れ下がったペニスは遠くからでもはっきりと分かるほど太くて長かった。
「あんなに大きい人見たことないでしょう。もっと近くで見ようよ」
和美に誘われて、みどりはその男性に近づいて行った。

彼の名はマサユキ。
イケメンというわけでもなく、おしゃべりがうまいわけでもない。しかしその普通っぽさと巨根のギャップから、女性からは大人気だ。
今日も女性に囲まれて楽しそうに話をしている。といってもマサユキはニコニコとしながら、もっぱら聞き役に徹している。

会話がひと段落したところで、一番年上と思われる白髪まじりの上品そうな女性が、控えめな口調で言った。
「みなさん。そろそろ、いいかしら」
周りの女性たちはめいめいに頷いた。
「そうね、はじめましょう・・・最初は澄江さんからどうぞ」
「じゃあ、年上の特権として・・・・」
白髪まじりの髪をかき上げながら澄江は、近くにあったソファーを指差し、マサユキに声を掛けた。
「ここに座ってもらってもいいかしら」
「はい」
マサユキがソファーに座ると、開いた両脚の間にペニスが垂れ下がった。
澄江はマサユキの両脚の間に正座をすると、目の前の巨大な陰茎を持ち上げた。
「本当に立派ね」
愛おしそうに太いペニスを握り、ゆっくりと扱き始める。
澄江が両手を使って愛撫し始めると、ペニスはムクムクと頭をもたげ始めた

「段々硬くなってきたわ」
澄江は嬉しそうに亀頭にチュッとキスをした。そして舌先でカリ首を舐めまわし、次に舌全体を使って亀頭を舐め上げた。
「気持ちいい・・・」
マサユキが吐息を漏らした。
「じゃあ、もっと気持ちよくしてあげるわね」
精一杯口を開け、特大の亀頭を咥え込もうとしたが、澄江の口には到底入らなかった。
「うーん、やっぱり無理ね」
残念そうに言うと、極太の陰茎を扱きあげながら、再び亀頭に舌を這わす。尿道口、ウラ筋そして亀頭冠を性感帯をくまなく舐めまわすと、ペニスはひと際太くなってくる。
そして唾液まみれの亀頭を、澄江は両手で包み込むと上下に扱いた。
「あぁぁぁ・・・すごく気持ちいい」
マサユキのペニスは、ごつごつした血管を浮き上がらせて大きく屹立した。

「すごいわ・・・」
マサユキを取り囲んでいる女性たちから歓声が上がった。

第1話から読む

人気ブログランキングへ

熟妻告白ドキュメント あなたは知らない… 禁断の林檎【電子書籍】[ フランス書院編集部 ]
関連記事

隣の奥さんと汗まみれSEX(9)

「はぁぁん!・・・あんっ!・・・そこ!・・・うぅぅん!」
早紀の喘ぎ声を聞きながら、太一はピンク色の柔襞を何度も舐め上げた。
「あぁぁぁ・・・気持ちいいわ!」
襞から溢れ出る愛液に太一の唾液が混じりテカテカに輝く襞を左右に大きく広げると、クリトリスが姿を現した。包皮からピンクの真珠が少し顔を出している。
丁寧に包皮を剥くと、太一は舌先でクルクルと刺激する。
「あっ!あっ!あっ!・・・」
可愛い声が、小さく断続的に発せられた。
さらに、舌先を細かく震わせながら、クリトリスを愛撫する。
「あっ!あっ!・・・いい!いい!・・・」
割れ目からは、再び愛液があふれてくる。
「あっ!・・・ダメ!ダメ!・・・イッちゃう!イッちゃう!・・・ダメェェェ!」
股間に顔を突っ込んだ太一の顔を、早紀の太腿がギュウッと挟むが、太一は愛撫をやめない。
「太一くんダメ!・・・イッちゃう!・・・はぁぁぁん!・・・イクッ!イクッ!イクーーー!!」
早紀は太腿をきつく締めたまま、腰をガクガクと震わせながら絶頂を迎えた。
太一は、汗と愛液にまみれた股間に顔を埋めたまま、早紀の太ももが開くのをじっと待っていた。

「気持ちよかったわ」
けだるい早紀の声が聞こえ、太腿がゆっくりと開いた。
太一は、早紀の股間から顔を外すと、彼女の横に添い寝をした。
「まあ!・・・太一くん、すっごい汗」
早紀は、太一の頬を流れる汗を優しく拭った。
「この汗って・・・半分は早紀さんの太ももの汗だよ・・・ほら」
「ふふふ・・・そうよね・・・」
「それに・・・汗以外にもいっぱい出てたよ・・・いやらしいお汁が」
「もう・・・恥ずかしいわ」
照れくさそうにそう言うと、早紀は太一の唇を求めた。
チュ、チュル・・・チュチュル

早紀は太一と舌を絡めながら、太一の身体をまさぐった。
背中、わき腹、腰、そして勃起しているペニスに到達すると、逆手で握ってゆっくりと愛撫をする。
「硬くなってるね」
早紀は、ペニスを扱きながら身体を起こし、仰向けになった太一をねっとりと眺める。
「太一くん・・・いいでしょ?・・・ガマンできないの」」
早紀は屹立したペニスの上にまたがり、自分の膣の位置を確認すると、一気に腰を下ろした。
「はぁぁぁぁん!!」
熟女の大きな喘ぎ声が響いた。

第1話から読む

FC2 Blog Ranking



関連記事

隣の奥さんと汗まみれSEX(7)

「あっ、あっ・・・はぁん」
硬くなった乳首を舌先で転がすたびに、甘い吐息を漏らす早紀。

そんな彼女のたわわなおっぱいに、太一は両手をあてがった。そして硬くなったふたつの乳首がくっつくほど乳房を寄せた。
「いっぱい舐めてあげるよ」
太一は、舌先を激しい勢いで動かし、ふたつの乳首を同時に愛撫する。
「はぅあぁぁぁ・・・ん!」
大きなあえぎ声が、部屋に響いた。
太一の舌に弾かれながら、プリッとした乳首は、なおも硬さを増してゆくように感じられた。
「いいわ!・・・気持ちいいわ!・・・もっとして!」
いつしか早紀はペニスから手を離し、自らの股間に手を伸ばし、パンティの上から指を使い始めた。
太一の舌技は、さらに激しくスピードを増していく。
それに呼応して早紀の指のスピードも速くなる。
「いい!・・・いい!・・・いいの!・・・気持ちいいの!」
太一は、硬くなった乳首を両方の指先でコリコリと摘まんでやった。
「あっ!ダメ!・・・ダメ!・・・気持ちよすぎるの!」
早紀は身体をよじって、太一の愛撫から逃がれた。

太一は早紀の乳房から顔を外し、早紀の顔を見つめた。
頬は紅潮し、汗が光っていた。
早紀は、太一の顔を見上げながら恥ずかしそうに笑った。
「あんなに激しく舐められたの、久しぶりよ・・・気持ちよかったわ」

太一は笑いながら、再び乳首を指を弾くと、「はぁん!」と早紀が小さく声を上げた。
そんな早紀を見つめながら、太一の指は移動していく。
たわわな乳房の丘を下ると、たっぷりと脂肪のついたおなか、そしてお臍へと移動していった。
「早紀さん、さっき自分で触ってたでしょう?」
太一の視線が早紀の股間に向かう。と、同時に指先がパンティのクロッチ部分に到達した。
「もう、こんなに湿ってる」
太一の指先がパンティの上からクリトリスを探り当てた。そして小さく円を描く。
「あん!」
早紀は小さく喘いだ。

太一は、早紀の股間に移動すると、パンティをゆっくりと脱がし始めた。
しかし早紀のお尻が大きいのに加え、汗でビッチョリと濡れているので、なかなか脱げない。
太一がひとり努力していると、早紀が笑った。
「ははは、ごめんね。おばさんのパンツ、汗でくっついちゃってるね・・・ちょっと待ってね」
彼女は腰を浮かしながら、汗まみれのパンティを自分で脱いだ。
「汗まみれだけど・・・」と言いながら早紀が両足を開くと、汗粒で光る太腿の間に、黒々とした陰毛と、熟女のオマンコが姿を現した。

第1話から読む

アダルトブログランキングへ



関連記事

留守番電話(1)

仕事が終わり、一人暮らしのマンションの一室に悦子が帰宅したのは夜の7時過ぎ。
リビングルームに入ると、留守番電話があったことを知らせるライトが点滅していた。
「あら、誰かしら?」

コートを脱ぎ、荷物をテーブルの上に置くと、再生ボタンを押した。
「もしもし・・・」
男性の低い声がスピーカーから流れだした。
「今日はどうもありがとう。一言お礼が言いたくて電話しました。」
(誰かしら・・・)落ち着いた話し方。ダンディという言葉がぴったりな中年男性の声だ。でも聞き覚えはない。

「本当に今日はありがとう。僕はとても楽しかったです。・・・あなたはどうでしたか?」
(何の事かしら?)悦子に心当たりはなかった。

「お会いした第一印象では、とても清楚な女性だと思いました。でもそれだけではなかった。・・・部屋に入っていきなりのハグ。そしてディープキス。・・・あれにはビックリしました。・・・舌と舌が絡み合い、僕はすぐに反応してしまいました。」
(これ、間違い電話だわ。でも面白そう・・・)悦子はスーツ脱ぎながら続きを聞くことにした。

「あなたは僕のものにそっと手を伸ばしました。そして硬くなっていることが分かると優しく微笑みました。・・・あなたはしゃがみこみ、ズボンとトランクスを脱がしてくれました。・・・僕は恥ずかしいほど硬くなっていました。・・・そしてあなたが舐めると、さらにビンビンになってしまいました。」
(積極的な女性ね。いきなり舐めるなんて)悦子はブラウスを脱ぎながら、想像を膨らました。

「あなたの舌は、僕の敏感な場所を責めてきました。正直、堪えるのに必死でした。・・・しかしあなたの愛撫に、そう長くはもちませんでした。・・・いや、ここで見栄を張ってもしかたありませんね。・・・そう。僕はすぐにイッてしまいました。・・・恥ずかしいほど、すぐにです。・・・しかも、自分でもびっくりするぐらいたくさんでました。・・・でも、あなたは、僕がドクドクと出したものを、全て口の中に受け止めてくれました。・・・そして、嬉しそうな顔をして全部を飲み干してくれましたね・・・僕はとてもうれしかった。・・・ありがとう」
悦子はゴクリと唾を飲み込んだ。そしてスカートを脱ぎながら太ももの奥が、じとっと汗ばんでくるのを感じていた。

第1話から読む





関連記事
次のページ