FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

罰ゲーム(6)

「明美、よく見てごらん。これが、勃起したおちんちんよ。」ピクピクと脈打つペニスを悦子は指さした。
「すごーい」明美は小さな声で呟くように言った。
「ほら、カチカチになってるよ」
真っ赤に膨れ上がった亀頭を、悦子は人差し指でツンツンと突いた。

すると、明美が大きな声を発した。
「やめて!・・・お互いの身体に触れないのが私たちのルールなの!」
ペニスを突いていた手が止まり、そして悦子は小さく笑った。
「ふふふ・・・明美は知らないの?・・・どうしてこんなにおちんちんが硬くなったか。」
「・・・」明美は口ごもった。
「加奈・・・教えてあげたら?」悦子は加奈に話を振った。
「しかたないわね・・・」そう言いながら、加奈は健太のペニスをそっと触った。
「どうしてこんなに硬くなったか・・・それは興奮したからよ・・・大好きな明美に見つめられて、健太はすっごく興奮しちゃたの。だからこんなに勃起してるの」

「じゃあ、どうしたら小さくなるか・・・陽子、教えてあげて」
待ちきれない様子で、陽子も健太のペニスに触れた。そしてその手はゆっくりと下がっていき、金玉に触れた。
「ここは何ていうところか知ってるわよね」陽子は嬉しそうに明美の顔を伺った。
「・・・そんなの言えない・・・」小声で答える。
「じゃあ、教えてあげる。・・・ここはキンタマ」
「キャハハハ・・・」悦子が大げさに笑った。
「ここには、精子がいっぱい溜まってるの・・・この精子を出すとおちんちんは小さくなるのよ・・・いわゆる射精ってやつね」
「さすが、陽子。詳しいわ」加奈が言った。
「じゃあ、どうしたら射精するでしょうか?」再び悦子が質問した。
「やっぱり・・・シコシコしてあげるのがいいんじゃない?・・・ねえ明美?」陽子は明美に問いかけた。
「シコシコ?」
「そう、シコシコ」屹立したペニスを握ると、陽子は上下に扱いて見せた。
「どう?気持ちいい?」陽子が尋ねると、健太は小さくうなずいた。
「じゃあ、明美にも扱いて欲しい?」
「う・・・うん」健太は小さく答えた。
「声が小さくて聞こえないよ!」悦子が言う。
「うん」さっきよりは大きな声で健太が答えた。
「二人のルールを破ることになるけど、それでも明美に触って欲しいんでしょ。はっきり言いなさいよ」加奈がけしかける。
「うん・・・触って欲しい」
「明美、聞こえた?・・・健太はあなたに触って欲しいんだって」

第1話から読む

アダルトブログランキングへ



関連記事

10年ぶりに会った先生との体験談(3)

全裸の僕は、先生に手をひかれ寝室に入った。
先生はドアを閉めると、待ちきれなかったように僕をぎゅっと抱きしめた。
そして耳元に顔を寄せると甘い声で囁いた。
「今からは先生と生徒じゃなくて、女と男として楽しみましょう。」
「は、はい」
「さあ、横になって」

真っ白なシーツが引かれたベッドに僕は仰向けになった。
「勇人のここ、ビンビンね」
妖しく微笑みながら、屹立するペニスを舐めた。
「あぁぁ・・・青山先生・・・」
「今は仁美って呼んで・・・いいでしょ?」
「は、はい・・・」
「こういうの好きでしょ?・・・気持ちいい?」
「うん。すごく気持ちいい」
今度は亀頭からパクリと咥えこんだ。そして口の中に入れたり出したり、唇で扱き上げる。
ジュジュッ、ジュジュッと唾液の音が寝室に広がる。

ひとしきりフェラチオを楽しんだ先生は、身体を起こすと、自らキャミソールと短パンを脱ぎ、全裸になった。
「おお・・・」
思わず声をあげてしまった。
大きなおっぱいと大きなお尻。想像していた通り、僕の大好きな体つきだ。

「さあ、いらっしゃい」
先生はベッドに横になると、両手を広げた。
僕がおっぱいに顔を埋めると、先生は両手でギューッと抱きしめてくれた。
柔らかい乳房に挟まれて、僕はうれしくなる。
「先生のおっぱい、柔らかいよ」
「そう言えば思い出すわ・・・授業中、ずっと私の胸ばっかり見てたでしょう?」
「そんなことないよ・・・」
「ふふふ・・・知ってるのよ。勇人はおっぱいが好きなこと・・・さあ、いっぱい触っていいのよ」
ようやく先生が両手を緩めてくれた。
僕は、両手で大きく膨らんだ乳房を丹念に弄った。
「あぁぁぁん・・・気持ちいい・・・」
先生が色っぽい声をあげる。
僕は、薄小豆色の乳首にむしゃぶりつき、チューと吸い付いた。
「はぁぁん!・・・」
ひと際大きな声が上がる。
「いいわ!・・・勇人!・・・気持ちいいわ!」
先生の声に応えるように、僕はおっぱいをしゃぶり続けた。

第1話から読む

人気ブログランキングへ

関連記事