FC2ブログ
アクセスランキング

空想の泉 ~ The Fountain of Daydream ~

日頃の生活のなかで起こる淫靡な出来事を題材にした官能小説が満載。

熟女たちの秘密のパーティー(5)


「みどり、見てごらん。・・・あの男の子」
和美の視線の先には、女性たちと楽しそうに話をしている全裸のウェイターがいた。
「すごい!」
みどりは、その男性のあまりにも大きなペニスを見て驚いた。だらりと垂れ下がったペニスは遠くからでもはっきりと分かるほど太くて長かった。
「あんなに大きい人見たことないでしょう。もっと近くで見ようよ」
和美に誘われて、みどりはその男性に近づいて行った。

彼の名はマサユキ。
イケメンというわけでもなく、おしゃべりがうまいわけでもない。しかしその普通っぽさと巨根のギャップから、女性からは大人気だ。
今日も女性に囲まれて楽しそうに話をしている。といってもマサユキはニコニコとしながら、もっぱら聞き役に徹している。

会話がひと段落したところで、一番年上と思われる白髪まじりの上品そうな女性が、控えめな口調で言った。
「みなさん。そろそろ、いいかしら」
周りの女性たちはめいめいに頷いた。
「そうね、はじめましょう・・・最初は澄江さんからどうぞ」
「じゃあ、年上の特権として・・・・」
白髪まじりの髪をかき上げながら澄江は、近くにあったソファーを指差し、マサユキに声を掛けた。
「ここに座ってもらってもいいかしら」
「はい」
マサユキがソファーに座ると、開いた両脚の間にペニスが垂れ下がった。
澄江はマサユキの両脚の間に正座をすると、目の前の巨大な陰茎を持ち上げた。
「本当に立派ね」
愛おしそうに太いペニスを握り、ゆっくりと扱き始める。
澄江が両手を使って愛撫し始めると、ペニスはムクムクと頭をもたげ始めた

「段々硬くなってきたわ」
澄江は嬉しそうに亀頭にチュッとキスをした。そして舌先でカリ首を舐めまわし、次に舌全体を使って亀頭を舐め上げた。
「気持ちいい・・・」
マサユキが吐息を漏らした。
「じゃあ、もっと気持ちよくしてあげるわね」
精一杯口を開け、特大の亀頭を咥え込もうとしたが、澄江の口には到底入らなかった。
「うーん、やっぱり無理ね」
残念そうに言うと、極太の陰茎を扱きあげながら、再び亀頭に舌を這わす。尿道口、ウラ筋そして亀頭冠を性感帯をくまなく舐めまわすと、ペニスはひと際太くなってくる。
そして唾液まみれの亀頭を、澄江は両手で包み込むと上下に扱いた。
「あぁぁぁ・・・すごく気持ちいい」
マサユキのペニスは、ごつごつした血管を浮き上がらせて大きく屹立した。

「すごいわ・・・」
マサユキを取り囲んでいる女性たちから歓声が上がった。

第1話から読む

人気ブログランキングへ

熟妻告白ドキュメント あなたは知らない… 禁断の林檎【電子書籍】[ フランス書院編集部 ]
関連記事

サキュバスの仕業 ~宿題~(4)


「こうやって、おちんちんを触ってあげると男の子は気持ちいいの。」
ペニスを握った手が、根元から亀頭へとゆっくりとしたスピードでスライドする。
「そして、亀頭が特に気持ちいいのよ」
真っ赤に腫れ上がった亀頭に細い指先を絡めながら、刺激してゆく。

「先生!先っぽから透明な汁がでてきました」
一番前に座っている女生徒が言った。
「これは、カウパー氏腺液というの。興奮すると出てくるのよ」
先生は、尿道口に指先を当てる。
「ほら、見て」
ツーッと指先を離すと、真っ赤な亀頭の先から透明な糸を引きだされるように、粘度を保ったカウパーが溢れ出した。
「すごい!」
女生徒たちは嬉しそうに声を上げた。
「そうね、たくさん出てきたね。・・・すごく興奮している証拠なのよ」
溢れ出すカウパー液を亀頭にまぶしながら、裏筋を刺激する。

「もっと滑りをよくするなら、こうするのよ」
先生は、その真っ赤な唇を閉じ、生徒たちの顔を見渡した。
ゴクリ、と誰かが唾を飲み込む音がした。

数十秒後、先生は唇を少しだけ開き、ピンク色の舌を突き出す。
すると、舌先から唾液がトローッと零れ落ちた。
先生の唾液は、途切れることなく真っ直ぐに落ち、そそり立ったペニスの先端に命中した。透明な唾液は、亀頭を濡らし陰茎へと零れ落ちていく。
陰茎から落ちる唾液を、先生は手で受け止め再びペニスに塗った。

「さあ。これからおちんちんをいっぱい扱いて、精液を出します。もっと前に来てください。」
女の子たちは互いに顔を見合わせていたが、恥ずかしそうな笑みを浮かべながら集まってきた。
最前列の女の子は、僕のペニスの数十センチほどの距離までに近づいてきて、じっと見ていた。

先生は僕を射精に導くように、ストロークのスピードを上げた。
「あぁぁ・・・おちんちんがドンドン熱くなっていくわ。亀頭もパンパンになってるわ・・・ほら!女の子が見てるわよ!・・・あなたの勃起したおちんちんをみんな見てるの・・・」
女の子たちは、僕の股間を凝視していた。

第1話から読む
サキュバスの仕業~宿題~の第1話から読む
人気ブログランキングへ

関連記事

癒しの部屋 ~バスルーム~ (3)

麻里奈は、勃起したペニスにシャワーを当てながら、上下に扱く。
「洗ってるだけなのに、カチカチになってますよ」
麻里奈がうれしそうに、僕の顔を見る。

「敏感なんですね・・・シャワーだけでも気持ちいいんじゃないですか?」
麻里奈はペニスから手を離し、シャワーヘッドを陰茎に近づける。
勢いよくほとばしるお湯が反り返った陰茎の左側から浴びせられた。
お湯の勢いでペニスが右を向く。
「ほら、シャワーの勢いで、向きが変わりましたね・・・今後はこっちから」
右側からシャワーを浴びせられ、ペニスは左を向いた。
「面白い!」
麻里奈のシャワーに操られ、右や左に向きを変えながら、ますますペニスは硬くなる
「触ってないのにビンビンですよ・・・ここはどうですか?」
今度は、亀頭の真正面からシャワーの刺激を受ける。
「うっ」僕は思わず声をあげた。
シャワーから出るお湯の一筋が、尿道口を刺激するのだ。
「やっぱり、先っぽは気持ちいいですか・・・こうするともっと気持ちいいでしょ?」

グルグルと動くシャワーが、亀頭を刺激する。
尿道口、カリ首、そして裏筋。
シャワーの刺激は徐々に蓄積され、腰のあたりがムズムズしてくる。

「亀頭が真っ赤に腫れ上がってますよ」
背スジに射精感がこみ上げてきて、思わず腰を突き出してしまう。
「あら!・・・もっとシャワーを当ててほしいんですか。いやらしいおちんちんですね」

麻里奈は、シャワーの距離や方向を変えながら、様々な刺激を僕のペニスに与えてくる。
「いいんですよ。気持ちよくなって・・・ほら、おちんちんがピクピクしてますよ」
麻里奈に言われるように、僕は我慢出来なくなっていた。
「イキそうなんですよね・・・さあ、思い切りイッテください。いっぱい出してください。ほら!ほら!」

「イクッ!!」
ドピュッ!!・・・ドピュッ!!
僕のペニスは、ビクンビクンと脈打ちながら、何度も精液をまき散らす。
ピュッ!ピュッ!・・・ドクッ!ドクッ!・・・トロ、トロ、トローリ・・・

「すごい! あんなところまで飛んでる!
麻里奈が指さすバスルームの端の方の壁には、白濁汁がベットリと付いていた
「それに、元気がいいからザーメンがあちこちに飛び散ってますよ」
大量のザーメンをシャワーで流しながら、麻里奈は笑った。

「じゃあ、もう一度おちんちんを綺麗にしましょうね」
麻里奈は再び、僕のペニスにシャワーをかけた。

第1話から読む

人気ブログランキングへ



関連記事

罰ゲーム(7)

明美は健太の顔を覗き込んだ。
「本当に、いいの?」
健太も明美の顔をじっと見ながら答えた。
「うん・・・触って欲しい・・・明美が嫌じゃなければ・・・」
明美は少し戸惑った表情を浮かべた。
「健太がそう言うんだったら・・・私はいいよ」
健太の顔が少し明るくなった。
「じゃあ、少しだけ・・・触ってみて」

明美は、不安そうに周りの女の子たちを見渡した。
陽子が小声でアドバイスする。「そっと握ってみな」
その声に小さくうなずくとピンと上を向いた陰茎を、明美はそっと握った。
「ふー」と健太が声を漏らした。

「どんな感じ?」加奈が尋ねる。
「うーん・・・わかんない」
「硬いでしょ?」
「うーん・・・ゴムみたいかな?・・・でも中の芯はすごく硬いよ」
「さすが、優等生。描写が細かいね」悦子が笑った。
その笑い声で場の雰囲気が緩んだ。

「じゃあ、握ったままシコシコしてごらん」
「こうかな?」
明美はゆっくりと、扱き始めた。
「そうそう・・・うまいじゃない。」
陽子が健太の顔を覗き込む。「どう、気持ちいい?」
「うん・・・気持ちいい」
「だろうね・・・先っぽから透明な液がいっぱいでてるよ」
陽子は指先でその液を掬い取った。
「これ何?」明美は手を止めて尋ねた。
「これは、ガマン汁。正しくはカウパー氏腺液って言うんだ。気持ちよくなると出てくるんだよ」
「これが精子なの?」
「これは精子じゃないよ。射精する前に出るんだよ・・・ほら」
尿道口からタラタラと溢れ出すカウパーを、再び指先で救い上げ、亀頭に擦り付けた。
「明美もやってごらん」
教えられた通り、透明な液を真っ赤な亀頭に擦り付けた。
「こうすると、滑りがよくなるだろう・・・そして、こうやって触ってあげると、男の子は気持ちいいんだよ」
陽子は指先で裏筋を刺激すると、ペニスはピクンと跳ね上がった。

「やってごらん」
明美も裏筋を指先で刺激する。
すると、カウパー氏腺液が、トロリと溢れ出してきた。
「すごい!いっぱい出てきた!」明美が嬉しそうに言った。

「じゃあ、もっとシコシコしてあげよう」加奈がはしゃいだ。
明美の手の動きが早くなってきた。

「さすが優等生。覚えが早いね」悦子が笑った。

第1話から読む

人気ブログランキングへ


関連記事

ブルーパンティ(7)

そろそろイカせてあげようかしら。
美紀子は再びペニスに唾液を垂らすと、激しくしごき始めた。
「アキラくん気持ちいい?」
ペニスを握る右手の動きが早くなる。
「もっと気持ちよくなっていいのよ」
右手でしごきながら、亀頭に唇を当て、粘膜同士をこすりつける。と、同時に金玉を上下にさすってやった。
唾液のジュルジュルという音と、アキラのうめき声が静かなリビングルームに響く。

射精をこらえようと我慢するアキラを見ながら、美紀子は嬉しそうにペニスを上下にしごき上げる。
そして絶頂へと導いてやった。
「あ、あ・・・・イッちゃいます!」
「いいよ」
「イッちゃいます!」
「イッテいいのよ・・・」
「あっ!・・・出る!・・・出る!・・・アァァァァ」
ドピュー!!・・・ドピュー!ドピュー!
激しくザーメンが噴き出した。

美紀子はペニスをしごくスピードを緩めると、根元から絞り出すように、ゆっくりとしごいた。
「全部だしてね」
手の動きに合わせて、ピュッ!ピュッ!と数回、短く射精した。全部出し切ったようだ。
最後に、亀頭に唇を寄せ尿道口を吸い上げた。
チュー、チュッ、チュッ。
「うーん・・・」敏感になっている亀頭を刺激され、アキラが声を上げる。
「たくさん出たね」手に付いたザーメンをペロペロと舐めながら美紀子は言った、
「ごめんなさい」
「うぅん。あやまることないのよ・・・元々、私がパンティを落としちゃったのが悪いんだし・・・それにアキラ君正直に話してくれたしね」
「じゃあ、お母さんには内緒にしてくれるんですね」
「もちろんよ、約束だもの・・・それに今日のことはアキラ君も誰にも話しちゃだめよ・・・約束守れる?
「・・・ええ・・・もちろん」
「よかった・・・ところでアキラ君、女の人と、こういうことするの初めてなの?」
「・・・はい・・・」
「・・・じゃあ、アキラ君が内緒にしてくれるんだったら、またしてあげてもいいわよ」

ピンポーン
「あら。お客さんだわ。ちょっと待っててね」

「はーい」
「すみません。うちのアキラお邪魔してませんか」母親が帰ってきたようだ。
「ええ、来てますよ。実は洗濯物をお宅の裏庭に落としちゃって・・・アキラくんが届けてくれたんですよ」
アキラが玄関先に出てきた。
「アキラ君、どうもありがとう・・・じゃあね」
帰り際に美紀子がアキラの耳元で囁いた。
「また、しようね」


(第1話から読む)


人気ブログランキングへ


関連記事
次のページ